ホイアン町並み保存

ベトナムでの文化遺産国際協力をアジア諸国に [2017年09月13日(水)]

10月7日(土)、アジアを代表する歴史的町並みマレーシア・ペナン、ミャンマー・ヤンゴン、フィリピン・ビガン、ベトナム・ホイアンは、その保存と観光発展の調和を目指し取り組んでいます。昭和女子大学国際文化研究所はホイアンの世界遺産登録と観光発展に貢献。さらにホイアンで成功した日本の文化遺産保護に関する国際協力を、このシンポジウムを機にアジア諸国に広げたいと期待しています。https://www.jcic-heritage.jp/jcicheritageinformation20170901/

ベトナム伝統集落のまちづくりに参加しよう [2017年09月13日(水)]

国際文化研究所のベトナムでのまちづくり国際協力を紹介します。 研究費を得て民家調査、文化庁との町並み集落保存、JICAパートナーとして観光開発、国際交流基金支援による永続的な市民交流によるまちづくり。皆さんも参加しませんか。お申込みは以下のリンクから。また、本公開講座は世田谷区リカレント学習連携講座にも指定されています。

https://univ.swu.ac.jp/course_events/2017/09/05/22159/

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/106/150/652/d00004037.html

 

国際交流基金第一回活動報告会に選ばれる [2016年10月12日(水)]

基金神戸際交流基金アジアセンターの市民交流プログラムが創設され、その第1回の報告会で代表プロジェクトとして選定され、報告することになりました。是非ご参加いただければと思います。

10月22日(土) 14:00~16:30

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4

13:30~受付開始 14:00~活動報告(国際研報告15:00~15:20)、15:30~説明会、15:50~16:30懇親会

http://jfac.jp/culture/events/grant-fellowship-161022/

ホイアン日本橋修復シンポジウム [2016年08月16日(火)]

日本橋シンポ8月16日、ホイアン市で日本橋修復工事について、ベトナム文化省・カンナム省・ホイアン市主催で、シンポジウムが開催されました。日本からは、在ハノイ日本大使館根来千寿子、文化庁島田敏男、昭和女子大学友田博通が招待され講演しました。昭和女子大学は1998年から文化庁と日本橋修復工事について技術協力しています。

Heritage Revival for Town Revitalization -Vietnam- [2016年03月12日(土)]

side by sideホイアンとカイベ―での活動が30分番組になりました。NHK World TV (NHK国際放送と国内ネット放送)では、2月29日(月)午前10時30分~11時 午後16時30分~17時 19時30分~20時 3月1日(火)4時30分~5時の4回、NHK BS1(NHK国内BS放送)では、3月7日(月)午前3時20分~午前3時50分の計5回放送されました。現在でも以下のページから番組紹介を見ることができます。さらに番組視聴を希望される方は kokusai-adm@swu.ac.jp 宛にメールでご相談ください。

国際放送 英語紹介   http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/sidebyside/201602180600/

BS1 日本語紹介 http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2016-03-06&ch=11&eid=18762&f=3492

ホイアン・カイベ―友の会 [2016年01月31日(日)]

ホイアンカイベ―友の会sNHK World side by side に国際文化研究所の活動が紹介されることになり、制作会社から関係者が集まる機会を作っていただけないかとの打診があり、急遽ホイアンとカイベ―に関係する方々にお集まりいただいた。坂東眞理子昭和女子大学長・古田元夫日越大学長・金井健文化庁調査官・グエンビントロン桜学校理事長・山口昭男前岩波書店社長はじめJICA・旅行社・横浜山手・佐賀NPO他の方々にご挨拶いただきました。

江島明義研究員が佐賀県知事表彰 [2015年05月18日(月)]

名称未設定 1江島明義・客員研究員が、国際交流の推進に尽力し佐賀県勢の発展に寄与したとして県知事表彰を受けられました。国際交流基金のご支援に感謝するとともに、江島さんの多年に渡るベトナムへの文化財保存技術教育の功績が高く評価されています。

ホイアンと伊万里・備前の窯業交流が始まる [2015年02月26日(木)]

タインハー2 伊万里焼の溝上藻風、備前焼きの松本篤治が国際交流基金アジアセンター市民交流プログラムでホイアンタインハ窯業村を訪問、弥生式土器に似た陶器の製品化について検討を開始した。伊万里焼の釉薬の利用も含め新しい窯業の在り方が提案されることを期待したい。

ホイアンと西陣織工業組合の交流が始まる [2014年12月27日(土)]

IMG_1003 西陣織工業組合 渡邊隆夫理事長と本学副学長小原奈津子が国際交流基金の支援を得てベトナムを訪問、ホイアンのカンナムシルクと協力してベトナムのシルク産業復興を支援することになりました。渡邊理事長は以前からベトナムのシルク産業に期待していたそうで、今後の交流が期待される。

カイベーと佐賀県の交流が始まる [2014年11月06日(木)]

江島明義・客員研究員から、国際交流基金・市民交流プログラムに採択され行った、ベトナムカイベーと佐賀県の景観保全グループとの交流、ベトナムホイアンと伊万里市窯業グループとの交流が、佐賀新聞に大きく掲載されたとご報告がありました。