CATEGORY

ホイアン町並み

  • 1995年8月20日

貿易陶磁博物館オープン

文化財修復工事を行っていたチャンフー80番を、ホイアンの東西交易の歴史を紹介する貿易陶磁博物館として整備しオープンさせた。日本から昭和女子大学人見楠郎理事長をはじめとする教職員約40名が開館式に参加した。

  • 1994年10月10日

民間企業他の寄付金で修復工事

資生堂・求龍堂・安田火災海上・キャノン・大日本インクなどの民間企業、住友財団・日本ユネスコ協会連盟などの財団からのご支援で、文化財修復工事を始める。グエンティビン副大統領のお招きで大統領官邸で、民間企業に対し町並み保存への協力の御礼が伝えれるとともに […]

  • 1994年5月10日

第2回ホイアン町並み保存シンポジウム

1992年秋に昭和女子大学で主に日本国内への発信のために第1回ホイアン町並み保存シンポジウムを開催した。これに引き続き、ハノイでレスアンチン官房長官が議長となり、第2回ホイアン町並み保存シンポジウムを開催、日本がホイアンの町並み保存を本格的に支援する […]

  • 1993年3月10日

ホイアン町並み保存調査開始

千葉大学福川裕一先生・東京都立大学山田幸正先生・昭和女子大学友田博通らが保存調査を開始。同時に、住民集会で町の人々と意見交換会を行った。町の人々の雨漏りがひどいので直して欲しいとの要望を受け、まず屋根替え工事を行うことから町並み保存を開始することとし […]

  • 1992年9月10日

第1次視察団(研究)

東京大学古田元夫先生のご案内で、昭和女子大学国際文化研究所(団長桜井清彦・幹事友田博通)の一行がハノイ旧市街・ホイアン旧市街などの歴史都市を視察。日越友好協会ブーテンホアン会長・ハノイ大学ファンフィーレ教授・カンナムダナン省グエンディンアン副知事らか […]