CATEGORY

観光おもてなし

  • 2017年12月1日

神戸北野・横浜山手がホイアン洋館街を訪問

ホーチミン建築大学観光シンポジウムに先立ち、神戸北野はまもりそだてる会の浅木隆子会長・山本俊貞代表・横浜山手は国吉直行前都市デザイン室長らが、9月日本に訪問したホイアン市副市長や住民を訪問、ホイアンの観光発展を実感していただきました。ホイアンの観光発 […]

  • 2017年8月24日

ゲアン省カインソン村集落保存と食WS

本年度は、JICA草の根「ゲアン省ヘリテージツーリズム国際協力事業」としてナムダン群の観光整備事業の一環として、カインソン村集落保存を進めており観光推進として食WSを行いました。伝統古民家を利用し、観光客向けの食事と食環境の改善を提案、ラム川対岸に観 […]

  • 2017年8月20日

JICA草の根ホイアンチャム島食WS

本年度は、JICA草の根「ホイアン市チャム島観光推進国際協力事業」としてチャム島住民へ観光客向けの食事と食環境の改善を指導しました。特に、島では捕れたての魚介類があり、これをお刺身で食べるための様々な技術を漁師さんやレストラン経営者らにお伝えしました […]

  • 2017年5月18日

世界遺産ビーザムの観光化

ゲアン省ナムダン郡にはビーザムと呼ばれるベトナムの農民生活を伝える民謡ががあり世界遺産に登録されています。観光客が楽しめるように現在会場の整備を行い、気楽に観光客が見学できる体制を作っています。(客員研究員・安藤勝洋・山梨県立大学専任講師)

  • 2016年8月23日

JICA草の根「食のワークショップ」

本年度は、JICA草の根「ゲアン省ヘリテージツーリズム国際協力事業」として少数民族ヌア村の観光整備事業を中心に行っています。トイレ・洗面所の設置や牛車による見学など様々な投入を行っています。その中でも、観光客向けの食事と食環境の改善は重要な意味があり […]

  • 2010年9月20日

レストラン指導とユネスコ視察

ドンラム村観光推進のため、レストラン指導を行いました。食器は私達がやはり集落保存をしているフクティック村の陶芸工房で作ってもらいました。ユネスコ調査官・ベトナムユネスコ委員会委員長・JICAハノイ事務所長らが参加いたしました。(客員研究員 向後千里・ […]

  • 2008年9月22日

第2回ドンラム村観光推進ワークショップ

第2回ドンラム村観光推進ワークショップが8月9日に開催された。川魚釣り体験プログラムと集会場前の広場での民族舞踊、龍踊り、土産物店出店、レストラン出店がされ、多くの地元住民や観光客参加により賑わいをみせていた。なかでも、龍踊りの龍が月を飲みこ […]