私学教育

現代教育研究所 研究員座談会 [2016年02月12日(金)]

 現代教育研究所 研究員座談会を開きました。

 2月6日(土)の午後、雪の予報もあった寒さの中で研究員座談会を開きました。研究所研究員になってくださっている私立中学高等学校の男性の先生お二人をお招きし、学生にお話をして頂きました。参加した学生は9人で、皆教職を志望する人たちでした。
 前半で、教師・社会人としての生き方、教師の仕事、学生時代にしておくべきことなどについてのお話を伺いました。今に至る経緯や生活の様子など、個人的なことを含めた具体的なお話でした。

原先生

松本先生

 後半は学生との質疑応答を行いました。教師になるために大切なこと、アクティブラーニング、生徒との関わり方など、たくさんの質問が出ました。

座談会の様子①

座談会の様子②

参加した学生からは「普段男性教師から直接話を聞く機会はないので大変新鮮であり、有意義な時間となりました。『教師』という職にともなう責任感や多忙さは付き物であるものの、唯一『人を育てる』尊い職種であり、教師として教壇に立てていることに大きな誇りややりがいを感じている先生方の姿 は輝いて見えました」といった感想が寄せられました。
 今回初めての試みでしたが、今後継続的に開いていきたいと考えています。(文責 友野)