2013年9月

図書館インターンシップ2013 -メンバー紹介 [2013年09月25日(水)]

図書館では、現在インターンシップの真っ最中です。

そこで今回は、2013年度のインターンシップ生の皆さんの自己紹介と図書館への熱い思い+αをご紹介します。(表示されているのは抜粋です。クリックすると、全文を読むことができます。)





インターンシップ生は9月18日~26日の間は図書館内で活動し、秋の選書ツアーと図書館の秋桜祭イベントにも参加します。
がんばっている姿を見かけたら、どうぞ応援をお願いいたします。
(S.T)

『一千一秒物語』 [2013年09月18日(水)]

明日19日は中秋の名月ということで、月にちなんだ作品をご紹介します。
『一千一秒物語』
080/Shi/い12-1 (3F開架室)
918.68/Ina/1 (B2書庫) 他

幻想的な作品で知られる稲垣足穂の処女作品集です。
月がポケットに入ったり、月と喧嘩したり、星を食べたり、
童話のようなのに少しシュールな物語が繰り広げられる
タルホ・ワールドの極地です。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

夏休みの長期貸出で借りた資料の最終返却日は10月4日(金)です。
予約が入っていなければ貸出期間を延長できるので、もう少し手元に置きたい方は忘れずにお願いします。

期間延長は、インターネットを使って「マイライブラリ」で操作します。
学校に持ってきている時は、貸出返却カウンターや自動貸出装置でも延長できます。

「マイライブラリ」のログインや「延長」の操作方法はレファレンスカウンターでお尋ねください。

(S.T)

『読書術』加藤周一著 [2013年09月11日(水)]

図書館にはもちろん、図書館以外にも沢山の本があります。どの本を読むかは、その人のおかれている環境や趣味によって異なります。
本を読むテクニック(読書術)を知っていると、どんなジャンルでも、短時間で効率よく知識が得られます。

この本の著者は、書物の裏表を知りつくしており、読書の極意を明快・軽快に教えています。
例えば、古典を味わいながらおそく読む「精読術」、新刊を数でこなす「速読術」、読まずにすます「読書術」、新聞・雑誌に向かう時の「看破術」、外国語の本を読む「解読術」、難解な本をとりこむ「読破術」等…。
読書の初心者から、専門の研究者をめざす人まで、基礎的な読書力を養いたい方に薦めたい一書です。(飛鳥)

『ソウルと周辺の小さな旅』(第11回学生選書ツアー 購入図書紹介-3) [2013年09月04日(水)]

第11回学生選書ツアー(5月14日に開催)で選ばれた本を、参加した方の書評でご紹介します。
今回の書評は原琴乃さんからいただきました。
紹介された ことりっぷ海外版『ソウルと周辺の小さな旅 : 京畿道・江原道』は、図書館3階の選書ツアーコーナーにあります。

ことりっぷ海外版
『ソウルと周辺の小さな旅 : 京畿道・江原道』

請求記号: 292.14/Seo
昭文社 2013年1月発行
.
「ソウル」を紹介する本やガイドブックは本屋でも多くみかけるけれど、ソウル以外の地方を取り上げた本はあまり出会ったことがなかったので、この本を選びました。
最近では韓流ブームの影響からか、私たち学生の中でも長期休暇を利用して、韓国へ旅行に出かける人も多いと思います。
やはり韓国といえばソウル!しかし、ソウルから少し足をのばしてみると、自然豊かな場所や伝統文化にあふれた地域がたくさんあります。この本は、特に韓国旅行リピーターのみなさんに読んでほしい1冊です!話題の韓国コスメやファッション、美味しい韓国料理などの情報がたっぷりつまっている本なので、韓国好き、また韓国に興味のある人は、楽しみながら読めると思います!!!
この本を読んで、ソウル以外の地方にも興味を持ってもらえたら嬉しいです!
(原琴乃)