日文便り

はじめまして [2021年04月28日(水)]

<日文便り>

4月25日に緊急事態宣言が発出され、大学の授業は再びオンライン形式が中心となりました。
1年生のみなさんはオンラインによる授業に慣れていないために
戸惑うことも多いのではないでしょうか。
2年生は今年こそ対面で授業を受けられると楽しみにしていたと思います。
3年生や4年生は就活を前に、
オンライン説明会やオンライン面接が頭をよぎっていることと思います。
みなさん、どうぞ焦らずに、感染に十分気をつけながら柔軟に対応してください。

私は4月1日に本学に着任しました。
専門は日本語教育、外国人労働者支援、ビジネスコミュニケーション等です。
学部の授業は「日本語教育入門」を担当しています。
今回は、学外で行っている二つの仕事を紹介したいと思います。

一つ目は、番組制作です。
“Easy Japanese for workしごとのにほんご”
というNHK Worldの番組の監修及び制作をしています。
世界160の国と地域で毎週月曜日に放送されています。
実際に日本で働く外国人の方々の「日本語お悩み体験」を取材し、
それをもとに日本語チャレンジドラマを作成します。
外国人の方には「ロールプレイ」という形で、
その場面にチャレンジしてもらい、日本語の「ツボ」を伝えます。
それ以外にも、日本事情紹介、敬語道場、漢字紹介などがあり、
盛りだくさんの1本15分の番組です。
下記のURLから無料で見ることができます(オンデマンド)。
働く現場を見たい方、日本人上司や同僚との関係に興味のある方はぜひ見てみてください。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/program/video/easyjapaneseforwork/?type=tvEpisode&
(英語、中国語、ベトナム語字幕、ナレーションあり)

番組の内容を自主教材にしたURLは次のとおりです。https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/easyjapaneseforwork/

外国人の方々がどういうふうに日本語を学んでいるか興味のある人はぜひこちらも見てください。
「やさしいにほんご」と英語のどちらかを選び解説を読んでみてください。

二つ目は、経済産業省のプロジェクトです。
「「日本人社員も外国籍社員も 職場でのミスコミュニケーションを考える」動画教材と「学びの手引き」を策定しました。
https://www.meti.go.jp/press/2021/04/20210426003/20210426003.html
METIチャンネル(YouTube)はこちらです。
「日本人社員も外国籍社員も 職場でのミスコミュニケーションを考える」動画教材です。

<https://www.youtube.com/playlist?list=PLcRmz7bR5W3kCaWuRjnba0HVNwg4BPqsk>
です。

日本人のコミュニケーションの仕方を変えることで、
外国人の方はずっと理解がしやすくなります。
日本人と外国人が協働する時代、多様性の時代において、
日本語教育は、教室で日本語を教えることはもちろんですが、
社会や他の分野とつながって新たなものを創っていくことも大切だと考えています。

(近藤彩)

図書館学課程について [2021年04月20日(火)]

<日文便り>

本学には司書を養成する司書課程、司書教諭を養成する司書教諭課程をあわせて、
図書館学課程と称しています。
この図書館学過程ですが、2021年4月から開設学科が日本語日本文学科となりました。
これを機会に当課程の歴史について触れたいと思います。


かつてこれらを用いて本を検索していました・・・目録カードとカードボックスです。

本学ではまず1960年4月に司書教諭課程が設置されました、
筆者は、当時の卒業生の成績証明書に
「図書館学」と科目名がまとめて記載されているのを見た記憶があります。
続いて24年後の1984年に司書課程が設置され、
司書、司書教諭の両課程をあわせて、図書館学課程と称されることになりました。

当初、当課程は短期大学部国語国文学科に開設され、
高宮秀夫先生と上田友彦先生が担当されました。
その後多くの資格取得者を養成し、就職(図書館、博物館、小・中学校等)にもつなげてきました。


児童サービス論で用いる児童資料です。

しかしながら時代の趨勢に伴う短期大学部の統合により、
開設学科が2003年に短期大学部人間文化学部、
2006年に短期大学部文化創造学科へと変わりました。
残念ながら、短期大学部は2014年に廃止されたために
当課程の開設学科は人間社会学部現代教養学科となり、
そしてこの4月から人間文化学部日本語日本文学科となったわけです。


さわる絵本です。

コロナ渦の昨年、当課程は本学に設置されてから60年という節目の年を迎えました。
まさに還暦、「六十ニシテ耳順(したが)フ」です。
他方、図書館界においては相変わらず資格取得者と就職のアンバランス、
さらには指定管理者制度に関わる問題等様々な問題を抱えています。


機会があったら、ぜひ「さわる絵本」に触ってみてください。

当課程としても常に問題意識を持ちながら、
そして日本語日本文学科をはじめとした本学のみなさんのご意見を「耳順フ」しながら、
当課程として何ができるかを模索し、少しでも飛躍できたらと思っています。

(池田美千絵)

新学期が始まりました。 [2021年04月13日(火)]

〈日文便り〉

みなさん、こんにちは。

4月とは思えないほど冷え込んだ日もありましたが、みなさんお身体は大丈夫ですか?

今日は比較的暖かく、1号館前の八重桜もとても綺麗に咲いていました。

昭和女子大学では4月9日から講義が始まり、
その講義の行ない方もコロナ対策がされたものへとがらりと変わりました。

教室の定員人数の削減や、先生と学生さんの間に飛沫防止シールドを張るなどはもちろんのこと、「ハイブリッド授業」と呼ばれる新しい試みもスタートしています。

「ハイブリッド授業」とは、学生さんが対面授業とリアルタイムのオンライン授業とを自由に選び受講できるというものです。

今年度から始まる新しい授業形態ではありますが、事前準備はしっかり行なっているので学生のみなさんは安心してくださいね。

コロナ対策をしっかりして、楽しい思い出をたくさんつくっていきましょう。

輝かしいスタートを祝して。

(IY)

新入生懇談会が行われました [2021年04月09日(金)]

<日文便り>

4月5日(月)に新入生懇談会を開催しました。
コロナ対策を万全にしつつ、
小グループに分かれて上級生から大学生活のノウハウなどを新入生に伝えました。
新入生は最初は緊張している様子でしたが、
優しい先輩の姿を見て安心をしたのか、終盤では色々と質問をしていました。

 

 
懇談会では学科からの記念品としてUSBが贈られました。
(USBに印刷されているキャラクターは日文の先生考案のコロポックルです。可愛いですね!)
USBには上級生からの素敵なメッセージも!

リーダ学生および協力学生のみなさん、上級生懇談会へのご協力ありがとうございました。
今回の懇談会で先輩からの話を聞くことができて、
新入生のみなさんもこれからの学生生活がより楽しみになったのではないでしょうか?
授業はもちろんですが、クラブやサークル、委員会など充実した大学生活を送ってくださいね。

(UR)

2021年度入学式 [2021年04月03日(土)]

<日文便り>

4月2日(金)、昭和女子大学では入学式が行われました。
今年度はコロナ対策を万全にし、対面での入学式を行うことができました。


天気にも恵まれ、大学内を歩く学生の顔は晴れ晴れとしていました。

 


入学式後はクラスごとに分かれて、初めのHRが行われました。

新入生の皆さん、日本語日本文学科へのご入学おめでとうございます!
まだ大学についてわからないことだらけだと思いますが、
これからの4年間、充実した大学生活を過ごしてくださいね。

(UR)

教育実習直前講座を開催しました [2021年03月26日(金)]

<日文便り>

25日(木)、26日(金)に日文の教職を履修している3年生を対象に、教育実習直前講座を行いました。
こちらは毎年に2月に外部講師をお招きして行っている、日文主催の講座です。
今年も川合正先生と中村敦雄先生に教えていただきました。

川合先生の講座、
「生徒との信頼関係構築こそ全てのはじまり~教育実習で求められるコミュニケーション力」では、
教育実習を行うにあたり必要なコミュニケーションについて学びました。
川合先生は、教育実習中に生徒と歳が近いこともあり、
悩みを相談されることもあるとおっしゃっていました。
人によって抱える事情は様々ですが、
まずは相手に寄り添って話を聞くことが重要だということでした。
また、自分一人で抱え込まずに生徒の意志を尊重した上で、
周りに相談をすることも必要だとおっしゃっていました。

途中、子どもの行動に対する声掛け(対応)について、
2人1組になって話し合う時間もありましたが、
生徒が取る行動によって協働するのか傾聴するのかなど、
場面に応じた対応が必要であることを学生たちは学んだようでした。
 

中村先生の講座では、「さつき」(伊集院静著)という話を取り上げて、
教育実習に行ったつもりで教師役の学生が生徒役の学生に向けて発問をしてみるという機会もありました。
学生たちは自分の授業に引き込み考えさせる授業の行い方を学んだようでした。
 

以下、講座を受けた学生の感想です。
——————————————————————————————————————-
教職課程の授業として受けましたが、親となったときにも役立つと思いました。
意識と無意識の話では、自身の自己肯定感が大切になってくると感じました。
生徒や子供の自己肯定感を上げるために、今回習ったことを意識して取り組みたいと思います。
(NI)

深い!と思う言葉がレジュメ内にも先生のお言葉の中にもたくさんあって大変勉強になりました。
授業内容だけではなく、教師としての接し方も生徒に影響を及ぼすことを再認識しました。
90分があっという間でした。
(II)

コミュニケーションの取り方に信頼を築くコツがあるのだと分かっていましたが、
改めて説明して頂いたためしっかりと理解できました。
(MH)

今まで指導案では自分がやりたいことを書いてきましたが、クラスの特性を反映する大切さを学びました。
また、発問の仕方で推論を投げかけることが自分は苦手だという課題点が見つけられて良かったです。
教科書以外の教材でも授業内容・目標・評価があれば授業になるということを意識して(逆もしかり)
授業を作っていきたいと思います。
(MT)

模擬授業や発問の仕方など実践的なものばかりでとても勉強になりました。
指導案を作ったことはあっても、それを実際の授業として行ったこと、
また、実際に反応をもらうと自分が想定していたものとは異なっていて、
困ったり、逆に感心したりする場面も多くありました。
今回の講義を通して、自分の苦手な部分や実習までに見直すべき部分も見つけることができ、
これから準備するにあたって考えていきたいと思いました。
(MO)
——————————————————————————————————————-

今回の講座で教育実習への自信がついたのではないでしょうか。
学科一同、応援しています。

(UR)

2020年度卒業式 [2021年03月24日(水)]

<日文便り>

3月16日(火)、2020年度卒業式が行われました。
今年度は簡略化されたものの人見記念講堂で卒業式が行われました。
ガウンやキャップを着用し、卒業式に向かう学生たちはとても晴れやかな顔をしていました。
卒業式後はクラスごとに学位記授与を行いました。

 

 

 
※写真撮影の時のみマスクを外しています。

皆さんのこれからの人生が晴れやかなものであることを日文教授室一同心よりお祈りしています。

いつでも日文へ遊びに来てくださいね。
卒業おめでとうございます!

(UR)

ご卒業おめでとうございます [2021年03月16日(火)]

ご卒業おめでとうございます。

卒業生のみなさんに、日文の先生方・助手さんからお祝いのことばが届きました。

ご卒業おめでとうございます!
みなさんの、まっすぐな、まなざしが、大好きでした。
どうぞ、これからも、ステキな冒険に挑戦ください、応援してます。
青木 幸子

卒業、おめでとうございます。長いようであっという間の4年間でした。
しかも、最後の一年間はコロナとオンラインで大変でした。
大きい時代の変わり目がやってきたのかもしれない今日この頃。
新しい時代を切り開いていくのは君たちだ!頑張れ!
市川 清史

自分がまだ見ぬ自分との出会いも含めて、新たな出会いを大切に、マイペースに歩んでいってください。
植松 容子

日文で学んだことばの力を社会でのやりとりに積極的に生かし、
周囲を笑顔にしていってくれるものと期待しています。
いつも心に笑いを。
大場 美和子

ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
うちなびく春ともしるくうぐひすは植木の木間を鳴き渡らむ(万葉集巻20・4495 大伴家持)
烏谷 知子

仕事に追われていても、文学に触れる時間を確保し、心の糧を増やしつづけて下さい。
胡 秀敏

いっぱい考えたこと、考えるだけでいつでもどこでも遊べること、それこそが一生の財産。
須永 哲矢

想像もしなかったことが起こる世の中ですが、
大学で得たことを活かし、たくましく前に進んでいってください。
丹下 暖子

長く生きてくると、人生は日々の積み重ねだとつくづく思います。
仕事をすることも、学ぶことも、鍛えることも、暮らすことも毎日の積み重ねが形を作っていくものです。
日々の積み重ねを大事にして実り豊かな人生を送ってください。
西川 寿美

「卒業おめでとう」
毎日がお天気ではないでしょうが、すてきな笑顔を忘れずに。どうぞ晴れやかな人生を!
笛木 美佳

日文4年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。
今日の自分を誇りに思い、これからの未来へと進んでいってください。
皆さんのご多幸とご活躍を心より願っています。
福田 委千代

「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」
これからも探求心を持って、前に進んで下さい。
嶺田 明美

「笑う門には福来たる」。笑いには不思議な力があるようです。
どんな時でも笑い合える時間と人を大切に。
山本 晶子

ご卒業おめでとうございます。
みなさんとの4年間、とても想い出深いです。
どんな状況でも、楽しむ努力を忘れずに。
山田 夏樹

コロナを乗り越えたら、私たちはもっと強くなります。Girls, be strong!
横山 紀子

「ものは捨つるに破れて、用ゐるに成るもの」(樋口一葉)
ものごとは、諦めればおのずからだめになり、努力を続ければ、成就するもの。
一葉が十九歳の時に記した言葉を、贈ります。
吉田 昌志

ケセラセラ。人生はなるようになります。
時には遠回りをしても、悔いのない人生を歩んでください。
上原 里菜

Where rhere is a will,there is a way.
みなさんの輝く未来を応援しています。
川口 華織

ちょっと先のことが読めない世の中ですが、
よくよく考えてみれば誰にも未来は予測できないのです。
BE WATER, my friend.柔軟な心を持ってこれからの人生を歩んでいってください。
熊澤 隆仁

人生に悩んだら、シンドバッドの歌を思い出してください。
「人生は冒険だ~♪ 地図はないけれど~♪
宝物探そう ~信~じてコンパス・オブ・ユア・ハート♪」
中條 千里

これから社会に出ることで、色々な経験をすることでしょう。
時には辛いことも悲しいこともあるかもしれません。
そんな時には大学で培った自分の力を信じて、自分だけの道を歩み続けてください。
みなさんのご活躍を心から祈念しています。

日本語日本文学科
教員・職員一同

2020年度・学生研究発表会を行いました [2021年03月15日(月)]

<日文便り>

2月26日(金)の3・4限に学生研究発表会が開催されました。

今年度の発表はzoomを使用して行われました。
3限:日本語教育・中古文学・中学文学・近代文学
4限:日本語学・上代文学・中世文学・近代文学・児童文学

学生研究発表会では、各ゼミから選ばれた4年生の発表者が、
執筆した卒業論文をもとに自分の研究の成果を報告します。
3・4年生は所属のゼミと関連する分野の発表を、1・2年生は自分の興味のある分野の発表を聞きに行きます。

今年度はzoomでの発表となりましたが、直前までリハーサルを行っているゼミもありました。

〈当日の発表の様子〉

 

どの学生も自らの研究成果を堂々と発表していて素晴らしかったです。
分野によっては活発に質疑応答がなされていました。
分野ごとにzoomを分けての開催となったので全員分の発表を聞けなかったのが残念でした。

自分自身で研究を深めることも大切ですが、他の人の研究成果を聞くことで、さらに視野が広がり、
新たな発見をすることもできるのではないでしょうか。
卒業論文提出までの道のりは決して楽なものではなかったと思いますが、
みなさんの素晴らしい発表を聞くことができて今後の活躍が楽しみになりました!

今年度も非常に充実した学生研究発表会となりました。

(UR)

私を支えてくれることば [2021年03月09日(火)]

<日文便り>

オンラインで何でも手軽に買えるようになった昨今、
本屋に行く回数もめっきり減ってしまいました。

ある日商店街を散歩していると、ふと本屋の外に並べてある雑誌が目に入りました。
『&Premium』2021年4月号(マガジンハウス)の表紙に「心が動く、言葉の力」と書かれていたのです。
気付いたら雑誌だけでなく、コスパが悪いからと普段は躊躇しているカフェのコーヒーを片手に歩いていました。
さながらパリの街をバゲットを紙袋から覗かせて歩くような気分で帰路につき、
早速読んでみると様々な人が紡ぐことば達に圧倒されました。
私たちは皆平等にことばを話す、書くスキルを与えられているはずなのに、人によってこうも発信することが違うのか、と改めて人間という存在の面白みを感じます。

中でも興味深かったのが、韓国カルチャー(小説・詩・歌詞・台詞)のページです。
日本では音楽やドラマは昔から人気でしたが、ここ最近は小説、雑貨、デザインも独自の地位が確立されてきたように感じ、これからの動向が楽しみです。

この雑誌に触発され、勝手ながら皆さんに私の心に残ったことばをいくつか紹介させてください。

〇『十二国記 月の影 影の海』(日本🇯🇵小説)小野不由美(著者)
「裏切られてもいいんだ。裏切った相手が卑怯になるだけで、わたしのなにが傷つくわけでもない。裏切って卑怯者になるよりずっといい。」

裏切る事を恐れて人を信用できなかった主人公の陽子が、物語の終盤で成長した姿を見せた瞬間でした。人に期待して勝手に失望したり怒ってしまった時に、いつもこの言葉を思い出します。十二国記は名言のオンパレードですので、是非手に取ってみてください。

〇『100万円と苦虫女』(日本🇯🇵映画)タナダユキ(脚本)
「いや、むしろ探したくないんです。どうやったって、自分の行動で自分は生きていかなきゃいけないですから。探さなくたって、嫌でもここにいますから」

100万円貯まるごとに色々な場所を転々としている主人公鈴子に対し、同僚が自分探しですか?
と聞いた時の返答です。当時自分探しに憧れていた中二病の私の脳天に一撃をくらわせました。

〇『Q10』(日本🇯🇵ドラマ)木皿泉(脚本)

「本当に怖いのは、不幸そのものではありません。一番怖いのは、不幸になった時、考えるのをやめてしまうことです。つまり、一番の敵は自分の中にあるのです。」

先生が授業中に話していた事です。先生はこの後、「死ぬほど考えること、これが後悔しないたった一つのやり方です。」と続けます。
選択に迷った時、そこにどちらが正しいかなどはなく、自分の弱さと向き合い、考え続ける事が唯一の解決法だと言い聞かせてます。

〇『ミセン』(韓国🇰🇷ドラマ)チョン・ユンジョン(脚本)ユン・テホ(原作)
「俺たちはまだミセン(未生)だ」

ミセンとは囲碁用語で、弱い石を指します。
主人公はプロの囲碁棋士になる夢を諦め、26歳にして一般企業でインターンとして働きはじめます。畑違いの環境で、様々な苦難にもひたむきに乗り越えていく主人公のグレに、上司のオ課長がかけてくれた言葉です。少し話はオーバーな面もありますが、働くとはどういうことか、改めて教えてもらえるドラマです。

〇『きっとうまくいく』(インド🇮🇳映画)
ラージクマール・ヒラーニ、 ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー、ジット・ジョーシ(脚本)

「All izz well(all is well)」

生きていく上で困難にぶちあたったら、まずこの映画を見てください。
主人公のランチョーが大切な事を教えてくれます。
見終わった後、思わず胸に手を当てて、この言葉を唱えたくなるはずです!

皆さんの心に残っていることばは何ですか?
是非周りにいる方と語り合ってみてください。

(CC)