日文便り

<授業紹介>ピアサポートで上級生が後輩を導く [2021年07月20日(火)]

<日文便り>

『源氏物語』は寛弘五年1008年に紫式部によって書かれました。
古典文学の最高峰であるこの作品は文字による観賞と同時に、平安時代から多くの絵師によって絵巻や冊子、扇面、色紙、屏風など様々な媒体に描かれてきました。

本学図書館所蔵の「源氏絵貼交ぜ屏風」は六曲一双の中型屏風で、
右隻、左隻に27枚ずつ、合計54枚の「色紙型源氏絵」が貼られ、
『源氏物語』のエッセンスが凝縮されています。
最新の研究によりますと、この屏風における「源氏絵」の人物描法や図様の継承から、
江戸中期土佐光吉の流れを汲む絵師たちによるものではないかと考えられます。

五十四帖にも及ぶ長大な物語のなかから、絵師、あるいは屏風の注文主がどの場面を選び、
文字による物語の情景描写がどのように視覚化されたのか、画面構成と人物描写はもちろん、
屏風における場面配置の意図にも絵師や注文主の様々な思いが込められているはずです。
その思いを読み解き、より高い次元で『源氏物語』を理解していくのが
中古文学ゼミ生にとって最大の楽しみとなっています。

ゼミでは、昨年から4年生が3年生を支えるピアサポート制度を導入しました。
合同ゼミで上級生が「源氏絵」の魅力について熱く語り、
授業時間外では、1対1でレジュメの作り方、参考資料の調べ方などを伝授し、
後輩に学びの姿勢や方法を伝えていくことで、上級生も成長していきます。
相互に学び合い高め合うことで、ゼミ生全員を繋ぐことをモットーに、
平安文学の研究方法を主体的実践的に学び、
やまとことばによる古典文学作品の奥深い魅力と高度な表現法を研究します。
実際に先輩の応援によって、「源氏絵」を多角的な視点から解釈する方法を学び、
物語本文の読みをさらに深めていくことができたとの感想が多数寄せられました。
(S・K)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「花宴」

「花宴」の源氏絵は桜を楽しむ宴のあと、光源氏と政敵の姫君である朧月夜が劇的な出会いをし、
これをきっかけに禁断の恋に進んでいく場面を描いています。
「朧月夜に似るものぞなき」と口ずさむ姫君との恋を通して二人が接近していく様子は、
現代の恋愛ドラマにも勝るストーリーだと思います。
場面の華やかさだけでなく、二人の間で交わされる優雅なやり取りなどから、
読者たちも「花宴」を高く評価してきました。

この有名な場面の源氏絵を発表するにあたり、
私は「花宴」巻の本文と源氏絵の魅力を分かりやすく伝える方法を探していました。
本文との比較、その他の源氏絵との比較をするために、
関係論文を何本も読むなど大変なことが多く、行き詰まったりもしました。
その時、年生の先輩に相談することで一緒に解決することができました。
ピアサポートの利点は、基礎的なことでも分からないことを気軽に質問できることだと思います。
基本的なレジュメの体裁や論文引用のルールなど、
専門的な質問も親身になって考えてくださり、多くの助力を頂きました。
完成版のレジュメを確認して頂いた時に「よく頑張ったね」と褒められた時はとても嬉しかったです。

源氏絵の解析は、『源氏物語』本文の理解を深めるきっかけであり、
文字を読み解く視点とは異なる角度で物語を楽しむことができます。
今回のサポートで先輩に教えて頂いたことを、
今後は後輩にも伝えていけるように学んでいきたいと思います。
(H・H)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「橋姫」

私は今回の課題で初めて源氏絵というものを学術的に観ました。
最初に先生から「橋姫」の源氏絵を受け取った時は
パッと目に映る人物くらいしか把握していませんでした。
4年生との合同ゼミで源氏絵の鑑賞法や、調べる時に参考すべき文献などを教えていただき、
先輩たちは自身の努力で広げた知識を私たちのために示し、親身になってサポートしてくれました。
それが私にとって大きな支えとなり、
より実のある発表をしようというモチベーションに繋がりました。

そうは言っても初めはなかなか上手くいきませんでした。
一度自分なりに満足のいく原稿を作ることができ、先輩に添削をしていただきました。
自分ではいろいろ調べて上手くまとめたつもりでも、先輩の目を通して見てみると、
まだまだ本文をよく読めていなかっ たり、偏った意見の文献ばかり取り上げているという
指摘のおかげでそれに気がつくことができました。
今まで気にしてこなかったことや、知らなかったことに触れることで、
新しい感覚を受け入れることになり、新鮮で大きな学びに繋がったと実感しています。

この合同ゼミと発表を通して今では人物以外に、周囲に映えている植物や、調度品、絵師の意図など
さまざまな情報を頭に入れながら源氏絵を観ることができるようになりました。
そして源氏絵の理解を通してこれまでとは異なる視点から、
『源氏物語』本文の読みを深めることができました。
これはひとえに先輩のおかげだと思います。
何度レジュメの添削をお願いしてもその都度丁寧にフィードバックしてくださり、
とても心強かったです。
今回の課題研究で身に付けた力はこれからの学びの糧になると確信しています。
(K・O)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日本語日本文学科PR動画が完成しました! [2021年07月14日(水)]

<日文便り>

みなさんこんにちは!

昭和女子大学全14学科のPR動画がこのたび完成いたしました 😆

日本語日本文学科のPR動画は、『源氏物語』というひとつの対象を、古典文学・近代文学・日本語学・日本語教育の四つの領域からアプローチしていく内容となっています。
               (撮影風景その1:身だしなみ整え中)

本学の図書館が所蔵する貴重資料をもとに、実物を自分の目で確かめながら研究していくことができることも大きな魅力のひとつです。

この学科PR動画によって、ひとつの研究対象を多角的な視点から探求することの面白さ・奥深さを感じ取っていただけると嬉しく思います 😀
                            (撮影風景その2:制作会社の皆さんと一丸となって撮影しました)

日本語日本文学科PR動画はこちらからご覧いただけます。

インスタグラムも頻繁に投稿しておりますのでぜひチェックしてみてくださいね !

 

(日本語日本文学科)

オープンキャンパスが開催されました [2021年07月12日(月)]

<日文便り>

7月11日(土)、オープンキャンパスが開催されました。

最初に学科説明会が開催され、次に体験授業という流れでしたが、
どちらも多くの方にご参加いただきました。

学科説明会
最初に学科長の嶺田先生より日本語日本文学科に関する説明がされた後、
言語と文学分野より代表に選ばれた学生による説明も行われました。
どちらの学生も学科での学びや学生生活など、
それぞれの視点で日文の魅力を伝えてくれていました。
  


体験授業

今回は福田先生の体験授業が行われました。
小学校の教科書にも掲載されている「ごんぎつね」を扱った授業でしたが、
馴染みのある方も多いのか、先生の話を聞きながら頷いている様子が見受けられました。

次回の日文のオープンキャンパスは8月21日(土)に行われます。
みなさんのお越しをお待ちしております!

(UR)

TUJと国際交流 [2021年07月02日(金)]

<日文便り>

7月1日(木)にSWU(昭和女子大学)🇯🇵×TUJ(テンプル大学ジャパン)🇺🇸の交流会を行いました!

こちらはTUJ交流企画運営委員(S×Tars)が、TUJの日本語学習者と日本語で交流するイベントです。
内容は委員の日文生よって企画・運営されています。
記念すべき第1回目の交流は「好きなことを語ろう!」でした。
食べ物、音楽、漫画・アニメ、ゲームの部屋に分け、日文生はプレゼン資料を
パワーポイントで事前に作成し、TUJの皆さんに発表しました。
                 (好きなアニメをプレゼン中)

                (推しについて熱く語っています)

                   (食べ物の部屋)

最初はお互い緊張していましたが、終盤では皆打ち解けて話している姿が印象的でした。
特にゲームの部屋では好きなゲームが共通していることが多く、
今度一緒にプレイしたいね!などと話が尽きない様子でした☼

今後はTUJの学生も運営委員に加わってもらい、ますます企画を盛り上げていきます 😎
皆さん楽しみにしていてください!

(CC)

10/2(土) 第9回 公開講座のご案内 [2021年07月01日(木)]

みなさんこんにちは。昭和女子大学人間文化学部日本語日本文学科では、
この度公開講座「カルチャーとしての文学-音楽・芸能・笑い」を開催します。
この講座では、批評家・DJの矢野利裕氏と、本学日本語日本文学科の山田夏樹専任講師が、
ハイフレックスによる講演を行います。

日時: 2021年10月2日(土) 14:00~15:30
形式: オンライン(Zoom)及びリアル会場(昭和女子大学8号館6階コスモスホール)
講師:矢野 利裕(批評家・DJ)
山田 夏樹(昭和女子大学 専任講師)
申し込み:こちらのURLから ※参加無料
ご予約は、日文オリジナルHPの公開講座ページからも可能です。
定員:なし
※リアル会場には定員あり。先着順とし、定員に達した場合はオンラインをご案内します。

これから当日まで、イベントの詳細やインタビューを少しずつ掲載していく予定です。
Instagramも定期的に更新していきますので、
この機会に是非フォローをお願いします 😉  (☞@swu_nichibun_official)

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

保護者懇談会が開催されました [2021年06月29日(火)]

<日文便り>

6月19日(土)に保護者懇談会が開催されました。
保護者懇談会は二部構成で行われ、
二部では今年の3月に卒業をした卒業生2名を呼び、
自身の学生生活や就活の体験談などを話してもらいました。
  

最後に保護者懇談会に協力をしてくれた卒業生より、
在学生向けにメッセージをもらいましたので、ご紹介します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私はIT企業に就職し、現在SEを目指してプログラミング言語の研修を受けています。
先日、保護者懇談会にて就活体験談をお伝えいたしました。
個別質問では予想より多くの保護者の方々とお話しすることができ、
私にとっても充実した時間となりましたこと、お礼申し上げます。
懇談会では主に、企業選びの軸と、
就活が本格的に始まる前に家族間で話し合っておくとよいこと、
この2つの事柄についてお話いたしました。
これから就活に向き合っていく学生さん、そしてそのご家族の方々の参考となれば幸いです。
コロナ渦で就活のあり方もだいぶ変化し、不安なことも多いと思いますが、
皆様によいご縁がありますようお祈りしています。
(2020年卒 A.O.)

保護者の方のアンケートを拝見して、沢山嬉しい言葉を頂き、
自身の就活の間違いや失敗も今となっては良かったなと
自分自身を肯定することができました。
私にとっても大変ありがたい機会で心から感謝しております。
また、このような立場に立たせて頂いたからこそ、
親御さんの心配する気持ちが大変よく分かりました。
就活は、1人で立ち向かっていかなければならず孤独だと感じますが、
陰で支え心から応援してくれる人はきっと傍にいます。
日文の先生、キャリア支援センターの方々もその中の1人です。
辛い時、悩みを抱えている時は遠慮せず周りに相談してください。
後輩の皆さんが、納得のいく進路を見つけられることを祈っています。
(2020年卒 N.Y.)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

4月に入社したばかりで、大変なことも多いと思いますが、
元気な姿を見ることができて嬉しかったです。
また遊びに来てくださいね!

(UR)

7/17(土) 公開シンポジウム 「今なぜ「あしたのジョー」か」 [2021年06月17日(木)]

<日文便り>

7月17日(土)に昭和女子大学近代文化研究所主催の公開シンポジウムが開催されます。
こちらのシンポジウムには、
日本語日本文学科の専任講師の山田夏樹先生と非常勤講師のトミヤマユキコ先生が登壇します。

このシンポジウムでは、
戦後の高度経済成長に重なる時代に社会の気分と共振し、
読者に共鳴を与え続けた「あしたのジョー」の魅力を、
「あしたのジョー」以後に生まれた世代をパネリストに招き、三つの軸から探っていきます。

以下、概要です。
——————————————————————————————–
近代文化研究所 公開シンポジウム

題目:「今なぜ「あしたのジョー」か」
日時:7月17日(土) 13:30~16:00
場所:昭和女子大学コスモスホール
Zoomウェビナー同時配信
参加料:無料

プログラム(一部抜粋)
報告1
「ジョーに刻まれた時代、ジョーを刻んだ時代」
喜夛孝臣(練馬区立美術館学芸員)

報告2
「他者化するジョー―『あしたのジョー』における語り・視点・食」
山田夏樹(昭和女子大学日本語日本文学科専任講師)

報告3
「ちばてつやの『現在地』を探る」
トミヤマユキコ(東北芸術工科大学専任講師・昭和女子大学非常勤講師)

問い合わせ窓口
部署名:昭和女子大学近代文化研究所
メール:kinbun@swu.ac.jp
FAX:03-3411-4520
HP:https://content.swu.ac.jp/kinbunken-blog/
——————————————————————————————–
 
近代文化研究所 公開シンポジウム

参加を希望される方は、
以下のURLもしくはポスターに掲載されているQRコードよりお申し込みください。
https://forms.gle/ggFQ2tm9fg5QhrXx6

どなたでも参加できるシンポジウムとなっておりますので、
ご興味のある方は奮ってご参加ください。
皆様のご参加、お待ちしております。

日本語日本文学科

自己紹介 [2021年06月15日(火)]

<日文便り>

みなさんこんにちは。
6月より日文に来ました、助手のmです。
オンライン授業が続き、学生の皆さんにはまだお会いできておらず残念ですが、
キャンパスでご挨拶できる日を楽しみにしています。

早速ですが、今回は簡単に自己紹介も兼ねて趣味の話をしたいと思います。
私は旅行や散歩が好きで、コロナが流行する前はよく海外旅行に行っていました。
まだまだウイルスが流行していて、出かけることもできないので、
最近は気分転換や運動不足解消も兼ねてよく散歩をしています。

ある日、キャンパス内に鴨がいるという情報を聞いたので
昼休みに見に行くと鴨の夫婦が気持ちよさそうに泳いでいました。

あじさいも綺麗に咲いていましたよ。

皆さんはキャンパス内でおすすめのスポットはありますか?
機会があればぜひ教えてくださいね。
では、これからよろしくお願いいたします。

(助手 m)

クリエイティブ・レッスンをめぐる冒険~それは、未来へのストーリー~ [2021年06月01日(火)]

<日文便り>

「クリエイティブ・レッスンにチャレンジしたい」そう語るたび「それは無理」と言われてきた。
理由はクリアー。
クリエイティブになるための思考ツールが現状の教育システムには存在しないから。
確かに、私自身「どこにもない新しいもの」を創り出す方法を教わった経験はないし、
規則もメソッドも、ルールもない。
だからこそ、とてつもなくスリリング。「やってみなければわからない」。
「どこにもないものを創りたい」学生たちの情熱・モチベーション・創造的な野心、
それをコアにクリエイティブ・レッスンをデザイン。
つくりながら考えていけば、見えなかったものに出会い、気づくはずだ。
情況に変化が起きれば、作戦・戦略を変えればよい。
クリエイティブなもの創りの原動力は、「方法」であって、「才能」ではない。
柔軟な発想で対処できる「筋力」を磨けば、ステキなモノは必ず生まれる。
そんな思いで、はじめたクリエイティブ・レッスン、
それは「ワクワク・ドキドキ」が生まれる現場に私を誘ってくれる。
クリエイティブ・レッスン「創作A」、その一部をご紹介しよう。


世界に一つの名刺づくり


野菜になって「わたし CM」

モノつくりへの情熱を胸に、
リスキーな冒険に果敢に挑む学生たちの言葉を紹介しよう。
★「面白い」と思う気持ちが背中をグイグイと押し続けてくれます。
★どこからインスピレーションを得たか?それは、身のまわりの、ありとあらゆるものから。
★グッとくる、そう、グッとくる本物をつくるためには、
いろんなモノやコトを体験することが必要です。
★素直であること、正直であること、モノを作るとき、それが一番大事です。


ラジオパーソナリティ「マイ・ブックの時間です」 


ショート・ショートがうまれるとき!

学生たちの感覚や心のあり様、ものの感じ方考え方に、学生自身が気づき、
世界を見る新たなまなざしをゲットする、それがクリエイティブ・レッスンの目標。
変化の激しい世の中で、新しい「ワクワク」「面白さ」を創造するクリエイティブ・レッスン、
学生たちが、エネルギーを注げる「テーマ」「素材」「仕掛け」への冒険はこれからも続いていく。

(青木幸子)

受験生のみなさん [2021年05月26日(水)]

<日文便り>

「到来を報せるベル」
本校の受験を考えているみなさんは、オープンキャンパスなどで一度は三軒茶屋のキャンパスを訪れたことがあるのではないかと思いますが、今日はみなさんがたぶんまだ見たことがないのではないかと思うキャンパスの一角をご紹介します。
キャンパスの東南、昭和之泉がある一角に光葉博物館という小さな博物館があります。
  

本学所蔵の様々なコレクションなどがその時々の企画により展示されます。
最近は、「アジア・アフリカの布」(2021/04/02〜2021/04/23)、
「日本の郷土玩具」(2021/01/14〜2021/02/12)、
「徳川将軍家を訪ねて ―江戸から令和へ—」
(第Ⅰ部2020/10/03〜2020/10/24、第Ⅱ部2020/11/07〜 2020/12/05)などがありましたが、
現在は本学の創立100周年を記念して
「想い出の昭和女子大学・三軒茶屋写真展」(2021/05/14〜2021/06/20)が開かれています。

https://museum.swu.ac.jp/

今日私もこの展示を見てきました。
創立以来の様々な場面の写真や品物が当時の先生方の証言録などとともに掲示されていて興味深かったのですが、私が最も興味を惹かれたのは、第二代理事長人見楠郎氏によるベルのコレクションでした。
学園らしく授業の開始・終了を合図するスクールベルのほかに、
卓上に置く卓鈴、馬車鈴、電車やケーブルカーの発車を合図するベルまで。
      

  

日本だけでなく、アジア、アフリカ、北米、ヨーロッパなど世界各国からのベルのコレクションは、
その形も愛らしかったり、美しかったり、荘厳だったり・・・。
このコレクションは「到来を報せるベル」と名付けられ、第二代理事長の時代に女性が活躍する新しい時代の到来を告げる象徴として収集されたのではないかと考えながら、展示を楽しみました。
キャンパスにはカリヨンと呼ぶ大小21の鐘が設置されていて、現在も授業開始前にメロディーを奏でます。
風に乗って運ばれるベルの音色には、電子音にはない心地よさがあります。
次にキャンパスを訪れる際には、是非カリヨンの音色を聴いてみてください。

(YN)