江戸東京たてもの園ツアー [2013年03月17日(日)]

日本近現代史ゼミを志望している2年生のプレゼミ懇親会企画として、江戸東京たてもの園ツアーをおこないました。三寒四温の字句通りの天候が続く最近ですが、ツアー開催日はぽかぽかとうららかな天候に恵まれました。気持ちよさそうな写真でしょ?↓↓↓

最初に集合写真をパチリ。2年生を中心とする企画だったのですが、3年ゼミ生も就職活動で忙しい合間に多数参加してくれまして、総勢25名のツアーとなりました。

この集合写真の雑然っぷりが多士済々の松田ゼミを表している気がします笑 ボランティアガイドさんが2名ついてくださいまして、2グループに分かれて園内を回りました。

財閥三井の三井八郎右衞門邸。決して大きな建物ではないのですが(充分大きいですが、三井家としては、という意味です)、建物の至るところに、品の良い仕掛けがあり、ガイドさんに丁寧に解説していただきながら、回ります。

一見普通の天井。しかし手間をかけた格天井(ごうてんじょう)のつくりになっています。

根岸にある情緒溢れる居酒屋「鍵屋」さんの初代建築。のれんをくぐります。↓↓↓

本当は「男の居酒屋」であるのですが、学生のみなさんもカウンターに座ります。建物だけなので、もちろんお酒はないのですが、充分気分を味わっているようです。細かいところまでリアルに移築・再現されていて、見どころたくさんです。

鍵屋さんの並びに建てられているのが「千と千尋の神隠し」で湯屋を描くときに、参考にされた銭湯の1つといわれている子宝湯↓↓↓

約2時間ガイドしていただいたのち、残り時間は三々五々自由に園内を回り、楽しく学んだ1日でした。二二六事件で高橋是清が殺害された高橋邸も移築されていますよ。

竹馬にも乗りました。抜群の安定感!

以上、松田忍がお伝えいたしました。4月からバシバシ鍛えていきますので、しっかり頑張って下さいね!