秋桜祭参加記・追加 [2018年11月22日(木)]

こんにちは、松田です。

先日秋桜祭の紹介記事を書きましたが、一枚画像をつけ忘れてました(スマホで写真を撮ると、ついつい死蔵されがちですね)。

キャンパス内を歩いている時、たまたますれ違ったゼミ生の写真です。全然知らなかったのですが、着付けサークルの部長をやっているとのこと。学科とは違う学生たちの顔を見られるのも学園祭のいいところですね。

昭和女子大学は自立し、社会で活躍する女性を育てるべく、さまざまな取り組みをしております。でもそれはガツガツとガサツに生きることとは違うと思うんですよね。

人としての気品とか所作とか教養とかに関わるような和風のサークルもたくさんあります。

着付けもそうですし、茶道、煎茶、華道、書道、箏曲などなど。

特に私が毎年秋桜祭で楽しみにしているのが箏曲(お琴)です。その調べの美しさには本当に聞き惚れます。女子大に勤務しなかったら、お琴の楽しみを知ることもなかったんだろうなあと思ったり。

ということで秋桜祭参加記追加でした。