未分類

後期特殊研究講座が開催されました [2019年11月15日(金)]

 

歴文1年Mです。116日(水)に開催された後期特殊研究講座についてご紹介します。

今回は東京藝術大学大学院教授の荒井経先生にお越し頂き、「日本の絵画を知る・守る・伝える」というテーマでご講演頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

最初は文化財の調査・研究の意味や意義について菱田春草作品の色材調査や宇都宮市二荒山神社の火焔太鼓の復元を例にお話下さいました。

文化財の修復や保護、保管といった実用的な理由も勿論大切ですが、それもまた文化財の個性の一部なのだと気付かされました。また調査・研究の結果からその文化財や作成された時代、作者に対する解釈や理解を深めることができるということを知り、科学的な調査にもとても興味がわきました。

その後は、松戸神社神楽殿の保存と修復や福島県飯舘村山津見神社のオオカミ天井絵の復元、琉球王の肖像画 御後絵の復元など、様々な事例と共に「守る・伝える」という点に重点を置きご講演下さったのですが、お話をきき、自分の中の文化財とは何かという考えを改める必要があると思いました。

今までは、世界遺産や国宝、重要文化財などある意味広く価値を認められているものこそが重要度、優先度が高いと無意識的に考えてしまっていました。しかしそうではなく、その文化財がどれだけ地域や人から必要とされ、本来の意図を引き継いでいるかが重要なのだと学ぶことができました。

文化財そのものが持つ価値だけでなく、その文化財が必要とされている環境や文化財に対する理解を深めることも、文化財を守ることであり、伝えていくことなのだと理解することができました。

今回の講演を通して、文化財に対する考えや向き合い方を考え直していきたいと思いました。何より歴史文化学科にいながら遠い存在に感じていた文化財を近しく感じることができました。

荒井経先生、お忙しい中ご講演いただきありがとうございました。

 

歴文生協力によるTUJアート学​科制作の看板完成・掲示:秋桜祭② [2019年11月09日(土)]

田中(文化財保存学担当)です。

今年の秋桜祭のテーマは『結(ゆい)』です。本年9月に西キャンパスにテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)が移転したことを契機に、昭和女子大学(SWU)とTUJの間の交流・連携も進んでいます。

歴史文化学科は、TUJアート学科と、今年5月にスタートしたMuseum visit projectをはじめ様々な形で学生・教員間の交流・連携を行っています。

秋桜祭に先立ち、TUJアート学科の渡部先生からお話を頂き、秋桜祭でアート学科の写真クラスが展示する看板制作のための写真撮影に、歴史文化学科の学生が協力させて頂くことになりました。具体的には、写真クラスの学生による顔写真の撮影に、歴史文化学科の学生有志20名程が参加しました。

写真クラスでは、アメリカ人作家Jason Salavon氏の作品「100 Special Moments (Little Leaguer) 2004」のオマージュとして、「100 Special Identities 2019」というプロジェクトを立ち上げ、看板を制作することにしたそうです。撮影されたTUJとSWUの学生の顔写真はコンピューター上でミックス・コラージュされ、1つの作品となりました!完成した作品は、看板として、現在西門に掲示されています↓。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真クラスでは、目に焦点をわせることで、Salavon氏が目的とした「広域(broader)」だけでなく「固有性(Identity)」についても表現することを目的とした、とのことです。
TUJとSWUの学生の顔写真を重ね合わせたら、綺麗な女性像になったというのはとても面白いですし、写真というメディアを通した新しい形でのコラボレーションという意味でも素敵だと思います。

秋桜祭にお越しの際は、是非「西門」に掲示されている実物をご覧頂きたいと思います!なお、秋桜祭期間中「8号館5階5S33教室」でTUJアート学科写真クラスが看板制作の解説展示と記念撮影フォトブースを設置していますので、そちらもお立ち寄りください!


ちなみに、左がコンピューター上でSWUの学生達の写真をミックス・コラージュしたもの、右がTUJの学生達の写真をミックス・コラージュしたものだそうです。

そして、SWUとTUJの学生全員の写真をミックス・コラージュしたものが上述の看板になります。

 

 

記念撮影フォトブースでは、いろいろなグッズと共に楽しく写真撮影することが出来ます。TUJアート学科の写真クラスの学生さん達が、風船を飛ばしたりして盛り上げながら、渡した携帯から写真を撮ってくれます。

歴文の教員も学生と一緒にブースにお伺いし、つい楽しんでしまいましたが(笑)、明日も開催していますので、是非皆さん足をお運びください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第27回秋桜祭が始まりました!① [2019年11月09日(土)]

おはようございます。田中(文化財保存学担当)です。

先ほど秋桜祭(学園祭)が開幕しました!今年も歴史文化学科に関連してさまざまな展示が行われています。開幕直前の状況と共に、内容をご紹介したいと思います。

・歴文有志による「REKIBUN- 歴文-」(私が顧問を務めています)を3号館4階4S03で開催中です。歴史文化学科ならではのクイズや和綴じのワークショップを行っています。更に今年は、安蔵先生にご指導いただきながら、新選組の衣装5着とハイカラさんの衣装8着の制作に取り組みました。自分たちで染め、そして手縫いで制作し、これまで代々使用してきた2着とあわせて衣装が15着になりました。今年は、希望者される方にはこれらの衣装を着て頂けます。皆様のお越しをお待ちしています!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

・お隣の3号館4階4S02Bは、「歴文サロン」で、鶴岡研究室が中心となって、歴史文化学科の活動を展示などで紹介しています。歴文OGの方や、歴史文化学科に興味をお持ちの方は是非お立ち寄り寄りのうえ、懐かしい仲間との再会や、在学生との交流をお楽しみください。


 

 

 

 

 

 

 

3号館2階2S04Sanchartでは、「三軒茶屋をアートでつなぐ」をコンセプトに、本学と三軒茶屋、世田谷美術館を結ぶ活動の紹介やワークショップを行っています。三軒茶屋のお店とコラボした今年のクッキーはどのような形でしょうか?お楽しみになさってください♪


 

 

 

 

 

 

 

1号館3階3S03では「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト~被団協関連文書~」の展示・発表を行っています。「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」から被爆者に関する史料をお借りし、研究調査を行うと共に、後世に何を伝えるべきなのか考え続けています。是非お越しのうえ、じっくりと展示をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

8号館1階学生ホールAでは、神奈川県小田原市にある曽我の里を応援するための「曽我の里プロジェクト」を実施しています。みかんや梅など、体と自然に優しい名産品を販売中です。今年のお勧めは「おひるねみかんゼリー」とのことですので、是非皆様お立ち寄りのうえチェックしてみてください!

 

秋桜祭は、今日明日(2019年11月9日、10日)、10:00~16:00まで開催しています。この他にも様々な楽しい催しが行われていますので、皆様のお越しをお待ちしております!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椎葉巡見3日目 [2019年08月27日(火)]

こんにちは、歴文2年の関です!
巡見3日目の今日は椎葉村にお別れを告げ、諸塚村に移動しました。
もろっこはうすにて、店長の黒木雄介さんから、諸塚村の物産の構成についてお話を聞きました。条件と生活文化、食文化、歴史、風土が大きく関わりあっていることを学びました。
また椎茸のもどし汁と味付けしない椎茸の煮物を頂きました!椎茸のもどし汁は苦味の後に椎茸の香りが強く感じられ不思
議な味わいでした!高血圧に効くそうなので、高血圧の方にはオススメです!
  
次にしいたけの館21にて、諸塚村観光協会事務局長田邉薫さんから諸塚村の森林文化についてお話を伺いました。
東京出身の田邉さんが、諸塚村観光協会事務局長になるまでのお話を聞き、東京都出身の田邉さんから見る諸塚村の魅力について、また魅力を発信するための手法についてのお話を伺いました。エコツアーを開催するうえで、作り込み過ぎずに、地域にあったものを生かす事を大事にしている、ということに感動しました!
 
お昼はどんこ亭で、地域で採れた食べ物を活かしたバイキングを頂きました!みんな各々好きなものをお皿に乗せて楽しんで食べていました!特に卵焼きが美味しかったです!
 
昼食を食べたあとは、紙漉き作りとめんぱ作りに分かれ、それぞれ経験を楽しみました!
私は紙漉きに挑戦しました。
紙漉きでは、コウゾと呼ばれる植物から和紙が作られ、その和紙でハガキを作りました!
水に溶かされている、和紙の原液で紙を漉き、乾かして完成です!
紙をまんべんなく漉くことが難しかったですが、楽しかったです!
 
 
夕食は樹の里で盆に出される料理を、諸塚村の方々と頂きました!
諸塚村の方とお話するのは少し緊張しましたが、皆さん暖かく迎えて下さり、楽しい時間を過ごすことが出来ました!
明日は最終日です。悔いの残らないよう、沢山写真を撮って楽しもうと思います\( ・ω・)/

椎葉巡見1日目 [2019年08月23日(金)]

こんにちは!4年の吉川です。

22日は羽田空港を出発し、無事お昼頃に宮崎空港へ到着しました。2.5時間ほど車に揺られてまずはじめに訪れたのは椎葉民俗芸能博物館です。

後輩たちはリアルなイノシシの展示に驚いたり、椎葉厳島神社の御朱印を頂いたりしていました。



初日のお宿は鶴富屋敷さんです。はじめての「しいばごはん」にテンションの上がる一行でした!



夜には小川直之先生の講話をお伺いしました。わたしは去年巡見でみた「松尾の大イチョウ」や椎葉の焼畑のことを思い浮かべながら聞いていました。先生は人や自然との関わり合いから文化が発生するとし、現代人が忘れつつある、対人間と同じように自然と付き合う「野生の感覚」という文化が環境を保持していたと仰っていました。

今日以降触れ合うことになるであろう椎葉の自然との向き合い方を考えさせられるお話でした。

本日は本巡見の目玉、聞書調査があります!みんな緊張している様子ですが頑張りたいです〜〜!

【授業紹介】伝統芸能実習が行われました!(3日目) [2019年08月16日(金)]

8月1日から3日にかけて行われた、夏季集中講義「伝統芸能実習」の最終日の様子です。

伝統芸能実習の最終日となる3日目は、2回程度リハーサルを行い、動き等の最終確認を行いました。リハーサル後はいよいよ本番です!本年度は「大江戸百合物語」という演目が行われました。

午前中に本番を行い、下中座の方より講評をいただきました。午後には自分たちの本番の映像を鑑賞しまとめをしました。

 

ここで、実習を終えた学生の感想を紹介します!

発表を終えて、自分たちが三人遣いで遣った人形が意外と‘生きていて’驚いたし、嬉しかった。
その瞬間、自分たちの手で遣っているけれど、自分体の手を離れたような気さえした。(Fさん)

この実習を通して、伝統は演者だけでなく、職人さんなど周りの人々の協力の必要性や、後世へ伝えるための努力の重要性を知ることができた。(Oさん)

 

 

この3日間でこんなに出来るとは思っていませんでした。まず物語を作る段階で、みんな発言してどんどん進められた。進みがおそいと思った人がほとんどだと思いますが、3日で完成までさせるのは、本当にすごいと思いました。みんながんばった!(Kさん)

3日間の中で1番上手く習ったことを出しきれた。本番では、人形をもう少し高く上げたかった…。悔しい。足遣いはちゃんと歩いているように見えたと思う。仁左衛門はイレギュラーが多かったけど、良い役ができてよかった!(Sさん)

 

 

映像で自分たちのつくった劇を見ると、つたない部分も多かったけれど、どの人形も学んだことを生かして動けていたと思う。一つの話として成立していたのを見て、達成感があった。
十五人全員が活躍する劇にできたのが、何によりも良かったと思う。(Yさん)

自分たちのつくった芝居をこんなに真剣に指導して下さるとは思っていなかったので嬉しかったし、物語を作る姿勢についてたくさん教えて頂き、勉強になった。(Sさん)

 

 

楽しかったです。腕も疲れたし全然うまく動かせなかったが、手や視線をつけるだけで人形の表情がわかって私も作品をつくれているという感じがした。
台本をつくるということに、やる前は不安を感じていたが、自分達で台本をつくることで、実際に台本をつくる人が、どういうところにこだわって台本をつくっているかが少しわかって、自分たちも真剣にやらなければならないと思えた。
3人遣いは思っていたよりも大変で、呼吸をそろえて1つの動きができた時の喜びはひとしおだった。伝統文化を継承するということは、細かい技術を正確に伝えるだけでなく、意味やこだわり、精神まで一緒に伝えていくことなのかなと感じた。
たった3日間だったが、充実した3日間だった。是非文楽を鑑賞しに行き、下中座の活動も見てみたいと思った。(Nさん)

 

下中座の皆さん、暑い中ご指導ありがとうございました。
また、参加された学生の皆さんもお疲れさまでした!!

【授業紹介】伝統芸能実習が行われました!(2日目) [2019年08月16日(金)]

8月1日から3日にかけて行われた、夏季集中講義「伝統芸能実習」2日目の様子をお伝えします。

1日目の午後に考えたシナリオをもとに、下中座の方々に振りをつけていただき、練習に励みます。人形の動きだけでなく、シナリオの内容についてもご指導をいただきました。

 

 

2日目を終えて、学生のコメントを紹介します!

たしかに、人形の動きや首のかしげ方一つで人間よりも人間らしいというのに納得した。また、人間には出せない美しさや色気を出せるのではないかと思った。(Fさん)

中でも印象に残ったのは「芝居でどう自分が演じるかスタンスを確立するように」といった、普段から芝居ならではの表現を模索している立場ならではの意見であった。(Kさん)

 

 

今回の授業では、持続して姿勢を正すことや動作をするときの息を合わせる行為の難しさを昨日よりも実感しました。そして、人形が主役だということを意識して私たちが引き立てないといけないんだとよりはっきり理解しました。(Dさん)

自分たちの伝えたい本質をどう訴えるか、その表現の難しさを身に染みて感じた。(Sさん)

 

 

台本づくりや、演技の一つ一つに下中座の方々がどれだけ考えて時間をかけてきたかが感じられた。文化を継承していくことの素晴らしさと大変さが少しわかった気がした。(Nさん)

今日は絡みをメインに人形を動かしたので、相手側とタイミングを合わせるのがむずかしかったです。実習の終わりに先生方が人形を実際に動かしてくれたのですが、動きが自然で、人形が本当に生きているようでした。(Aさん)

 

 

西洋史ゼミで「選書ツアー」をおこないました。 [2019年08月15日(木)]

西洋史の山本です。こんにちは。

私が担当している西洋史ゼミには、ヨーロッパ・アメリカ史で卒業論文を書く学生が20名程度、所属しています。日頃の授業では日本語や英語の論文を読んだり、各自が専攻したいテーマの報告などをおこなっています。

今回は付属図書館の企画による「選書ツアー」で、三省堂書店の神田神保町本店を訪れました。「選書ツアー」は大手書店などでよくおこなわれているもので、学生自身が店頭で、自分の学校図書館の蔵書を選定するというものです。

選書の様子

大学生の活字離れが叫ばれて久しいですが、我が歴史文化学科もご多分に漏れず、学術書はあまり読まれていないようです(あくまで私が知る範囲ですが…)。他方で、ピンポイントで指定すると、かなり難解な研究書でも読み込んでくる学生もおり、秘めたるポテンシャルは大きいと思います。

「選ぶ立場」になると愛着が湧く?

今回の選書ツアーでは、日頃はあまり足が向かない大規模な書店で、多くの書籍を実際に目にしつつ、各自の卒論に関連するものを選んでもらいました。

店頭にない本を選ぶこともできます

末尾ながら、今回お世話になり、また店内での撮影をご許可いただきました三省堂書店様には厚く御礼を申し上げます。

「原典講読」で印刷博物館実習を行いました。 [2019年07月21日(日)]

西洋史の山本です。こんにちは。

私が担当している「原典講読」という授業は、西洋史専攻を希望する歴文の2年生をおもな対象とした授業です。西洋史で卒論を書く上で必要となる、文献や史料に関する基本的な知識や技術を、楽しく学べるよう日々取り組んでおります。

その一環として、7月20日は文京区にある「印刷博物館」での実習を行いました。印刷博物館は凸版印刷株式会社が2000年に設立したもので、狭義の印刷文化のみならず、まさに古今東西の「ヴィジュアル・コミュニケーション」に触れることができる貴重な施設です。今回は昨年度に引き続き、2回目の訪問となります。

まず大学でグーテンベルクの改良・開発した活版印刷術の授業を行い、世界遺産にも登録されている「プランタン=モレトゥス印刷博物館」のビデオ(山本による字幕付き)を視聴しました。その上で、上記博物館での実習となります。今回は9名の学生(歴文以外の学科2名を含む)が参加しました。

「印刷の家」での活版印刷体験

まず博物館付属の「印刷の家」で、活版印刷の体験をします。30、40年前までは印刷産業であたり前のようにあった光景ですが、現代の大学生にとってはまったくの「異世界」。しかし、職員の方に丁寧に教えてもらい、ハンディ印刷機で印字されると小さな歓声が湧きました。

「活字」を拾い、「組版」を行います

その後、有史以来の印刷文化のダイジェストともいえる「プロローグエリア」にて、学芸員の方に講義をしていただきました。教科書に載っていた「ハンンムラビ法典」(レプリカ)を食い入るように見つめる学生や、アニメーションの元祖ともいうべき「フェナキストスコープ」を感慨深く回している人もいました。

プロローグエリアでの講義

その後、凸版印刷が2014年に作成した「百舌鳥・古市古墳群」に関すビデオを、VRシアターにて鑑賞しました。ご存知の通り本年、ユネスコの世界遺産に登録された遺跡ですが、VRによる臨場感あふれる映像が楽しめました。

それでは参加された学生の感想をご紹介します。

普段は出来ない活版印刷の体験や学芸員さんによる展示品の裏話など充実した時間を過ごすことが出来ました。また、多岐にわたるコレクションと共に人類の文字・印刷の歩んできた過程を学ぶことが可能です。予備知識が無くても十分楽しめる博物館だと思いました。(歴文2年Aさん)

今回の実習では印刷博物館を見学しました。学芸員さんのお話を聞きながら印刷の歴史について触れたり、また博物館内の展示の工夫なども話してくださいました。印刷の家では、活版印刷の体験をさせていただきました。今回は英文が印刷された栞を作りました。印刷する前にまず文字の鉛を1文字ずつ選び並べ、その後ローラーでインクをつけ一枚ずつ印刷します。授業で事前に勉強していた分映像で観ていたことを自分で体験でき、かなり時間がかかっていたのではないかと当時の感覚を感じることができました。全て手作業で行われていた一昔前の活版印刷。とても貴重な経験になりました。(歴文2年I・Aさん)

末尾ながら、昨年度に引き続きお世話になりました印刷博物館の方々、特に学芸員の中西保仁様には厚く御礼を申し上げます。

【授業紹介】古文書解読 [2019年06月21日(金)]

こんにちは!歴史文化学科2年生のSです。今回は、私が取っている古文書解読という授業を紹介したいと思います。

古文書解読は月曜日の3限目に行われており、江戸時代がご専門の野口先生が担当して下さっています。この授業は、近世(江戸時代)に書かれた古文書が読めるようになるために学習していく授業です。現在はテキストとして、江戸幕府の公的な記録である「江戸幕府日記」という古文書を読んでいますが、今後は、江戸の武家屋敷の中で女性達がいた「奥」に関する史料も読んでいくそうです。

古文書は主にくずし字で書かれており、一見すると読むことが非常に難しそうに見えますが、繰り返し読み進めることで文字の特徴などが分かってきて少しずつ解読出来るようになっていきます。

 

 

授業では一文字ずつ丁寧に読み進めていきます。わからない文字は先生が優しく教えてくださり、くずし字を解読する時のポイントも解説してくださいます。古文書を解読する時は、漢字の部首などから判断する方法や、前後の文脈から文字を判断していくなど、様々な方法を使って解読していきます。また、普通に書くと全く違う字もくずし字になると似た字になるということがあります。例えば「右」、「左」、「太」の三文字はくずし字になると形が似ていて混乱することが多々あります。似ている文字は止めや払い、右上がりか右下がりかなどちょっとした文字の変化で判断したりします。

 

 

私は第一回目の授業で資料が配られた時はわからない字が多く、これが読めるようになるのかな…と不安でした。しかし、授業をかさねるごとにくずし字に慣れていき、少しずつですが古文書が読めるようになってきました。難しい字が読めるようになった時はとても嬉しく、古文書を読むことが段々楽しくなっていきます。

 

古文書を読めるようになる事で、歴史の知識を深めることができ、4年生の時に執筆する卒業論文を作成する上でも必要な能力だと思います。また、博物館に展示してある古文書を直接、読めるようになりたいとも考えています。この古文書解読の授業は古文書を読むための力をつけていくことができるとともに、江戸時代の人の考えや行動を知ることのできる授業だと思います。