未分類

【授業紹介】伝統芸能実習が行われました!(3日目) [2019年08月16日(金)]

8月1日から3日にかけて行われた、夏季集中講義「伝統芸能実習」の最終日の様子です。

伝統芸能実習の最終日となる3日目は、2回程度リハーサルを行い、動き等の最終確認を行いました。リハーサル後はいよいよ本番です!本年度は「大江戸百合物語」という演目が行われました。

午前中に本番を行い、下中座の方より講評をいただきました。午後には自分たちの本番の映像を鑑賞しまとめをしました。

 

ここで、実習を終えた学生の感想を紹介します!

発表を終えて、自分たちが三人遣いで遣った人形が意外と‘生きていて’驚いたし、嬉しかった。
その瞬間、自分たちの手で遣っているけれど、自分体の手を離れたような気さえした。(Fさん)

この実習を通して、伝統は演者だけでなく、職人さんなど周りの人々の協力の必要性や、後世へ伝えるための努力の重要性を知ることができた。(Oさん)

 

 

この3日間でこんなに出来るとは思っていませんでした。まず物語を作る段階で、みんな発言してどんどん進められた。進みがおそいと思った人がほとんどだと思いますが、3日で完成までさせるのは、本当にすごいと思いました。みんながんばった!(Kさん)

3日間の中で1番上手く習ったことを出しきれた。本番では、人形をもう少し高く上げたかった…。悔しい。足遣いはちゃんと歩いているように見えたと思う。仁左衛門はイレギュラーが多かったけど、良い役ができてよかった!(Sさん)

 

 

映像で自分たちのつくった劇を見ると、つたない部分も多かったけれど、どの人形も学んだことを生かして動けていたと思う。一つの話として成立していたのを見て、達成感があった。
十五人全員が活躍する劇にできたのが、何によりも良かったと思う。(Yさん)

自分たちのつくった芝居をこんなに真剣に指導して下さるとは思っていなかったので嬉しかったし、物語を作る姿勢についてたくさん教えて頂き、勉強になった。(Sさん)

 

 

楽しかったです。腕も疲れたし全然うまく動かせなかったが、手や視線をつけるだけで人形の表情がわかって私も作品をつくれているという感じがした。
台本をつくるということに、やる前は不安を感じていたが、自分達で台本をつくることで、実際に台本をつくる人が、どういうところにこだわって台本をつくっているかが少しわかって、自分たちも真剣にやらなければならないと思えた。
3人遣いは思っていたよりも大変で、呼吸をそろえて1つの動きができた時の喜びはひとしおだった。伝統文化を継承するということは、細かい技術を正確に伝えるだけでなく、意味やこだわり、精神まで一緒に伝えていくことなのかなと感じた。
たった3日間だったが、充実した3日間だった。是非文楽を鑑賞しに行き、下中座の活動も見てみたいと思った。(Nさん)

 

下中座の皆さん、暑い中ご指導ありがとうございました。
また、参加された学生の皆さんもお疲れさまでした!!

【授業紹介】伝統芸能実習が行われました!(2日目) [2019年08月16日(金)]

8月1日から3日にかけて行われた、夏季集中講義「伝統芸能実習」2日目の様子をお伝えします。

1日目の午後に考えたシナリオをもとに、下中座の方々に振りをつけていただき、練習に励みます。人形の動きだけでなく、シナリオの内容についてもご指導をいただきました。

 

 

2日目を終えて、学生のコメントを紹介します!

たしかに、人形の動きや首のかしげ方一つで人間よりも人間らしいというのに納得した。また、人間には出せない美しさや色気を出せるのではないかと思った。(Fさん)

中でも印象に残ったのは「芝居でどう自分が演じるかスタンスを確立するように」といった、普段から芝居ならではの表現を模索している立場ならではの意見であった。(Kさん)

 

 

今回の授業では、持続して姿勢を正すことや動作をするときの息を合わせる行為の難しさを昨日よりも実感しました。そして、人形が主役だということを意識して私たちが引き立てないといけないんだとよりはっきり理解しました。(Dさん)

自分たちの伝えたい本質をどう訴えるか、その表現の難しさを身に染みて感じた。(Sさん)

 

 

台本づくりや、演技の一つ一つに下中座の方々がどれだけ考えて時間をかけてきたかが感じられた。文化を継承していくことの素晴らしさと大変さが少しわかった気がした。(Nさん)

今日は絡みをメインに人形を動かしたので、相手側とタイミングを合わせるのがむずかしかったです。実習の終わりに先生方が人形を実際に動かしてくれたのですが、動きが自然で、人形が本当に生きているようでした。(Aさん)

 

 

西洋史ゼミで「選書ツアー」をおこないました。 [2019年08月15日(木)]

西洋史の山本です。こんにちは。

私が担当している西洋史ゼミには、ヨーロッパ・アメリカ史で卒業論文を書く学生が20名程度、所属しています。日頃の授業では日本語や英語の論文を読んだり、各自が専攻したいテーマの報告などをおこなっています。

今回は付属図書館の企画による「選書ツアー」で、三省堂書店の神田神保町本店を訪れました。「選書ツアー」は大手書店などでよくおこなわれているもので、学生自身が店頭で、自分の学校図書館の蔵書を選定するというものです。

選書の様子

大学生の活字離れが叫ばれて久しいですが、我が歴史文化学科もご多分に漏れず、学術書はあまり読まれていないようです(あくまで私が知る範囲ですが…)。他方で、ピンポイントで指定すると、かなり難解な研究書でも読み込んでくる学生もおり、秘めたるポテンシャルは大きいと思います。

「選ぶ立場」になると愛着が湧く?

今回の選書ツアーでは、日頃はあまり足が向かない大規模な書店で、多くの書籍を実際に目にしつつ、各自の卒論に関連するものを選んでもらいました。

店頭にない本を選ぶこともできます

末尾ながら、今回お世話になり、また店内での撮影をご許可いただきました三省堂書店様には厚く御礼を申し上げます。

「原典講読」で印刷博物館実習を行いました。 [2019年07月21日(日)]

西洋史の山本です。こんにちは。

私が担当している「原典講読」という授業は、西洋史専攻を希望する歴文の2年生をおもな対象とした授業です。西洋史で卒論を書く上で必要となる、文献や史料に関する基本的な知識や技術を、楽しく学べるよう日々取り組んでおります。

その一環として、7月20日は文京区にある「印刷博物館」での実習を行いました。印刷博物館は凸版印刷株式会社が2000年に設立したもので、狭義の印刷文化のみならず、まさに古今東西の「ヴィジュアル・コミュニケーション」に触れることができる貴重な施設です。今回は昨年度に引き続き、2回目の訪問となります。

まず大学でグーテンベルクの改良・開発した活版印刷術の授業を行い、世界遺産にも登録されている「プランタン=モレトゥス印刷博物館」のビデオ(山本による字幕付き)を視聴しました。その上で、上記博物館での実習となります。今回は9名の学生(歴文以外の学科2名を含む)が参加しました。

「印刷の家」での活版印刷体験

まず博物館付属の「印刷の家」で、活版印刷の体験をします。30、40年前までは印刷産業であたり前のようにあった光景ですが、現代の大学生にとってはまったくの「異世界」。しかし、職員の方に丁寧に教えてもらい、ハンディ印刷機で印字されると小さな歓声が湧きました。

「活字」を拾い、「組版」を行います

その後、有史以来の印刷文化のダイジェストともいえる「プロローグエリア」にて、学芸員の方に講義をしていただきました。教科書に載っていた「ハンンムラビ法典」(レプリカ)を食い入るように見つめる学生や、アニメーションの元祖ともいうべき「フェナキストスコープ」を感慨深く回している人もいました。

プロローグエリアでの講義

その後、凸版印刷が2014年に作成した「百舌鳥・古市古墳群」に関すビデオを、VRシアターにて鑑賞しました。ご存知の通り本年、ユネスコの世界遺産に登録された遺跡ですが、VRによる臨場感あふれる映像が楽しめました。

それでは参加された学生の感想をご紹介します。

普段は出来ない活版印刷の体験や学芸員さんによる展示品の裏話など充実した時間を過ごすことが出来ました。また、多岐にわたるコレクションと共に人類の文字・印刷の歩んできた過程を学ぶことが可能です。予備知識が無くても十分楽しめる博物館だと思いました。(歴文2年Aさん)

今回の実習では印刷博物館を見学しました。学芸員さんのお話を聞きながら印刷の歴史について触れたり、また博物館内の展示の工夫なども話してくださいました。印刷の家では、活版印刷の体験をさせていただきました。今回は英文が印刷された栞を作りました。印刷する前にまず文字の鉛を1文字ずつ選び並べ、その後ローラーでインクをつけ一枚ずつ印刷します。授業で事前に勉強していた分映像で観ていたことを自分で体験でき、かなり時間がかかっていたのではないかと当時の感覚を感じることができました。全て手作業で行われていた一昔前の活版印刷。とても貴重な経験になりました。(歴文2年I・Aさん)

末尾ながら、昨年度に引き続きお世話になりました印刷博物館の方々、特に学芸員の中西保仁様には厚く御礼を申し上げます。

【授業紹介】古文書解読 [2019年06月21日(金)]

こんにちは!歴史文化学科2年生のSです。今回は、私が取っている古文書解読という授業を紹介したいと思います。

古文書解読は月曜日の3限目に行われており、江戸時代がご専門の野口先生が担当して下さっています。この授業は、近世(江戸時代)に書かれた古文書が読めるようになるために学習していく授業です。現在はテキストとして、江戸幕府の公的な記録である「江戸幕府日記」という古文書を読んでいますが、今後は、江戸の武家屋敷の中で女性達がいた「奥」に関する史料も読んでいくそうです。

古文書は主にくずし字で書かれており、一見すると読むことが非常に難しそうに見えますが、繰り返し読み進めることで文字の特徴などが分かってきて少しずつ解読出来るようになっていきます。

 

 

授業では一文字ずつ丁寧に読み進めていきます。わからない文字は先生が優しく教えてくださり、くずし字を解読する時のポイントも解説してくださいます。古文書を解読する時は、漢字の部首などから判断する方法や、前後の文脈から文字を判断していくなど、様々な方法を使って解読していきます。また、普通に書くと全く違う字もくずし字になると似た字になるということがあります。例えば「右」、「左」、「太」の三文字はくずし字になると形が似ていて混乱することが多々あります。似ている文字は止めや払い、右上がりか右下がりかなどちょっとした文字の変化で判断したりします。

 

 

私は第一回目の授業で資料が配られた時はわからない字が多く、これが読めるようになるのかな…と不安でした。しかし、授業をかさねるごとにくずし字に慣れていき、少しずつですが古文書が読めるようになってきました。難しい字が読めるようになった時はとても嬉しく、古文書を読むことが段々楽しくなっていきます。

 

古文書を読めるようになる事で、歴史の知識を深めることができ、4年生の時に執筆する卒業論文を作成する上でも必要な能力だと思います。また、博物館に展示してある古文書を直接、読めるようになりたいとも考えています。この古文書解読の授業は古文書を読むための力をつけていくことができるとともに、江戸時代の人の考えや行動を知ることのできる授業だと思います。

 

【授業紹介】有職故実 [2019年06月10日(月)]

こんにちは!歴文3年の淵です(^^)

今回は久保貴子先生による授業「有職故実」についてご紹介いたします。

そもそも有職故実とは、古来の先例に基づいた朝廷や公家、武家の行事や法令・制度・風俗・習慣・官職・儀式・装束などのことを指し、転じてそれらを研究することを指します。

この有職故実が学問として成立するのは江戸時代と言って差し支えないようですが、その起源は平安時代まで遡るようです。授業では、宮中の制度・儀式・装束などの有職全般にわたる平安時代の形成過程を学ぶとともに、それ以降の廃絶、中絶、復活や再興など歴史的変遷にも着目しています。

「有職故実」は上級生優先ですが、2年生から履修することができます。開設学科である歴史文化学科や日本語日本文学科の学生だけでなく他学科の学生もたくさん履修しており、文系理系問わず人気の授業です。

先生が配布してくださる資料プリントを使用する講義型の授業で、実際の宮中ではどのようなものが使用されていたか写真で見ることができます。

有職故実というと、私たちには関わりのない昔のことのように思えますが、実は現代に息づいているものも多くあるようです。そのことを意識しながら、様々な事柄の萌芽・形成・転変の過程を学び、歴史の連続性を認識していきます。

4月15日に行われた最初の授業では、有職故実の定義から説明が始まりました。有職とは、知識があることであり、故実とは古の事実、制度・儀礼上の古例習慣(先例)を指すそうです。そのため有職故実とは先例を研究して知る学問であると言えます。以上から有職故実の指す範囲は生活一般であると考えられ、非常に懐の広い学問といっても差し支えないかもしれません。

平安時代初期の有職故実という学問の萌芽は、701年に制定された大宝律令を研究することがきっかけであったようです。794年の平安京遷都以降に日本の制度が具備されて以降、文化は奈良朝の唐風から和様化の一途をたどります。その際に時の権力者であった摂関家の意向を反映した先例が時代と共に増加し、その例を踏襲する子孫による家流が誕生しました。そして各家が禁中行事を中心に様々な分野でどのような様式で事を運んでいったかを記す日記を作成していきました。つまり、有職(先例の知識のある)の家というのは多数の日記を収蔵している家なのです。

日記も様々な分野の有職があります。

院政期以降、政治や社会の変化に伴い故実が複雑化していきます。また武家の台頭から行事の改廃・中絶・再興もあり、往時の盛儀を復活するための努力が垣間見える書が大江匡房「江家次第」です。常に“以前はどうであったか”を気にかける学問であるため、「故実(先例)」を記す書の量は膨大です。

1340年に書かれた北畠親房の「職原抄」では、官職の肩書きやその起源、定員など政治的理念に関することがらが記されています。これは、武士に官位を希望された際に対応するために作られたものとされています。

そのほかにも後醍醐天皇「建武年中行事」や一条兼良「公事根源」など年中行事に関する有職書や、源雅亮「雅亮装束抄」など装束に関する有職書などがあります。

これらの書を通じて今の儀式の在り方や、今に伝わる物の起源を学ぶのが有職故実という学問である、というのが初回の授業の落としどころとなっていました。

毎回の授業の先生の熱のこもった説明は大変聴き応えがあります!興味のある方、ぜひこの授業を履修してみてください!とても楽しいですよ~!!

学寮3日目 ―企業座談会まとめ・KJ法― [2019年06月06日(木)]

こんにちは、松田忍(日本近現代史)です。

東明学林3日目の午前はメインプログラムである企業座談会が開かれました。企業の第一線で活躍するみなさまをお招きして、お話をうかがう経験は、歴文生のみなさまの貴重な学びの機会になったと思います。

3日目の午後は企業座談会の成果を踏まえて、キャリアプログラム全体で学んだことを、班ごとに意見共有し、プレゼンへと仕上げるKJ法企画がおこなわれました。

学生たちはそれぞれ10数枚の付箋に自分の意見を書き出し、キャリアプログラム、特に企業座談会における成長をお互いに確かめ合っていました。KJ法の成果は学寮最終日の明日に、各班からプレゼンされる予定となっています。2日目の企業研究報告からどれくらい研究内容が進歩したのか、今からプレゼンを聞くのが楽しみです!

それではKJ法をつかって、活発に意見を出し合う学生たちの様子をお届けします!

歴文の学寮プログラムや必修授業で、はじめてKJ法を用いたグループワークを行ったのは2015年度であったと記憶しています。それから5年が経ち、「歴文と言えばKJ法」と学生たちがいうまでに、やり方として定着してきたと思います。「KJ法を学ぶ」から「KJ法で考える」へと確実に進化していますね。

模造紙と付箋とペンをグループに渡せば、自然とみんなが意見を出しあってグループワークをスムースに進め、さらにプレゼンへと仕上げていくポジティブな流れをみると、感慨深いものを感じます。議論の進め方で戸惑うのではなく、議論の「中身」に集中できていてとても良いと思います!

学寮も後半から終盤戦へと入ってきましたが、最後まで充実した生活にしてほしいと願っています!

【曽我の里プロジェクト】説明会のお知らせ [2019年04月11日(木)]

曽我の里プロジェクトの説明会を以下の日時でおこないます。

<曽我の里プロジェクト説明会>
◆日時:4月15日(月)12:20~
◆場所:7号館5階5L02

興味のある学生はぜひ参加してみてください梅の花 デコメ絵文字

クリックすると拡大します

 

【学生記事】文書情報管理士の資格取得 [2019年04月04日(木)]

こんにちは。歴史文化学科4年のM.Sです。私はこの2月に「文書情報管理論集中講座」を受講して、文書情報管理士2級の資格を取得しました。
近年ではマイナンバー制度や個人情報保護法などにより、情報を保管する企業にも責任が求められています。情報漏洩や紛失は企業の存続を問われる重大な問題となります。そこで、書類を安全に保管するにはどうすれば良いのか、個人情報はなぜ漏れてしまうのか、というようなことを文書情報管理士の資格を通じて学び実践に活用させる、というものです。
私が文書情報管理士の資格を取ろうと思ったきっかけは2つあります。1つ目は、私は現在歴史学日本近世史ゼミに所属しています。近年、歴史学にとって大事な分野としてアーカイブズがあります。アーカイブズとは、古文書を始めとした史料からデジタルの情報まで、どのように保存、管理、収集、検索していくかを考える学問です。私はアーカイブズにも関心があり、文書情報管理士とは密接に関係しているからです。2つ目は就職した企業で役に立つと思ったからです。内容だけ見てしまうとIT企業などでしか役に立たないのでは、と思ってしまう方もいると思いますが、現代ではどのような企業でもITの部署はあり、またもしそのような部署に配属にならなかったとしても自分にはこういう知識があるんだ、という自信にも繋がると思います。

「文書情報管理論集中講座」の様子

私は集中講座を受講しましたが、今年度からは前期月曜4限に「文書情報管理論」という授業として開講されます。授業は基本的にテキスト中心で進みます。また、皆さんが最初に受験する2級は主にテキストから出題されるため授業をしっかり受講する、習ったことは復習する、という基本的なことを行えば合格できると思います。また、学芸員や司書の資格を取っている方、取ろうと思っている方にも役に立つ資格だと思います。
これから資格を取ろうかなと思っている方や何を取ろうか迷っている方、ちょっとでも興味が湧いたという方はぜひ積極的に挑戦してみてください。就活も含めてきっと今後の自分のためになると思います!

 

 

※「文書情報管理論」の授業を履修し、授業内の認定試験に合格して認定料を納めた場合、 文書情報管理士2級の資格が認定されます。

※「文書情報管理論」は歴文の専門科目で、前期のみ月曜4限に開講しています(後期は開講していません)。

2019年度 歴史文化学科教員紹介 [2019年04月01日(月)]

 


歴史・地理

野口朋隆

日本近世史

info.

blog

松田 忍

日本近現代史

info.

blog

牧野 元紀

東洋史

info.

blog

山本 成生

西洋史

info.

blog

 


美術・民族の文化

鶴岡 明美

日本美術史

info.

blog

木下 亮

西洋美術史

info.

blog

安蔵裕子

服飾文化史、服飾造形

info.

blog

大谷津早苗

日本芸能史・民俗学

info.

blog

 


考古・文化財

小泉玲子

日本考古学

info.

blog

菊池誠一

アジア考古学

info.

blog

田中眞奈子

文化財学(保存科学)

info.

blog


“info.”からは各教員の教育内容、研究歴などをご覧頂けます。 また“blog”からは各教員の執筆記事や関連記事をまとめてご覧頂けます。

(2019年4月1日現在)