未分類

文化史学会第37回大会のご案内 [2020年12月11日(金)]

12月19日(土)に文化史学会第37回大会が開催されます。

〈日  時〉 令和2年12月19日(土) 15:00~16:30

〈実施形態〉 Zoomウェビナーを使用したオンライン開催

〈参  加  費〉 無 料

 

参加を希望される方は、12月17日(木)までに以下のフォームからお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScpkzumVqgeRzG57iFwbCZ5HlLe7_USn-4N4WFjkYAkCnyriQ/viewform?usp=sf_link
お問い合わせ先:rekibun*swu.ac.jp (*は@に変えてください)

「原典講読」で羊皮紙実習をおこないました [2020年12月10日(木)]

西洋史の山本です。受験生の皆さん、こんにちは。

私が担当している「原典講読」という授業では、「羊皮紙工房(八木健治氏)」のご協力のもと、ヨーロッパ文明の根本的な要素である筆記用具に関する実習的授業をおこなっています。

この度、コロナ禍により延期となっていた今年度の授業をおこなうことができました。万全な感染対策のためにお知恵を賜り、ご配慮いただきました八木先生には厚く御礼を申し上げます。

中世の現物史料に触れる

授業ではまず八木先生よる羊皮紙に関するレクチャーがあり、その後、各学生は、自分に割り当てられオリジナルの史料を観察しました(八木先生には、事前にお伝えした学生の興味関心に沿った史料をご用意いただきました)。

貴重なオリジナル資料を間近で見る

その後、学生には羊皮紙の製作工程の一部を体験してもらいました。密を避けるためには、通常とは異なりつつも、その醍醐味が味わえる内容をご用意いただきました。

中世のインクを調合する

そして羽ペンを用いて、実際に羊皮紙に文字を書いてもらいました。インクも中世の流儀に従って学生自身に調合してもらい、当時の筆記文化を体感してもらいました。

羽ペンによる筆写の体験

講義と実習指導を通じて、八木先生は中近世の筆生(書記)がどのような環境で文字を記し、本を製作していたのかを強調されておられました。文章を容易に著し、広く発表したり、保存したりすることが容易な一方で、それらが瞬く間に消費されてしまう現代とは異なる文化生成のあり様を学生たちは体感できたと思います。羊皮紙工房の八木健治先生には改めまして御礼を申し上げます。

講師の八木先生を囲んで

昭和女子大学の歴史文化学科では、「手で考え、足で見る」という方針のもと、この原典講読の他にも魅力的な授業が多数おこなわれております。日本や世界の歴史文化を、広くそして深く学びたいと考えている受験生の方は、ぜひ検討してみてください(詳しく、昭和女子大学の受験生向けのページをご覧ください)。

昭和女子大学受験情報サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「原典講読」での実習型の授業例 [2020年12月01日(火)]

西洋史の山本です。受験生の皆さん、こんにちは。

目下の「コロナ禍」により大学生の活動が大幅に制限されており、ほとんどの授業がオンラインという学生もいるそうですね。しかし、「手で考え、足で見る」とモットーとする昭和女子大学の歴史文化学科では、感染症対策には十分配慮した上で、実習的な学びの機会が引き続き提供されています。

ここでは私が担当している「原典講読」という授業の実施例を紹介しましょう(この授業の位置付けについては、過去の記事をご参照ください)。

10月は「印刷博物館」(東京都文京区)を見学しました。折りしも同博物館はリニューアルしたばかりで、見やすいレイアウトで展示される貴重な資料を見たり、付属施設の「印刷の家」で活版印刷の体験学習をおこないました。

「印刷の家」での実習風景

こちらも人数制限や手洗い、マスク等の感染症予防の準備をして臨みましたが、印刷博物館では鑑賞や体験の機会を保ちつつ徹底的な対策が採られており、学生たちは安心して学ぶことができました。印刷博物館の皆さんには、心より御礼を申し上げます。

「活字」を拾い「組版」をおこないます

なお、今回、ご説明いただいたのは、リニューアルにともない新たに設置された専任のガイドスタッフの方でした。とても素晴しいプレゼンテーションで聞き惚れておりましたが、後で聞くとなんと昭和女子大学のOGであるとか。本学出身の人材の豊かさを感じました。

 

11月は本学の付属図書館が所蔵する貴重書(中世写本等の精巧な複製品)を使った実習をおこないました。使用したのは、「リンディスファーン福音書」(BL, Cotton, MS Nero D. IV)、「ケルズの書」(Dublin, Trinity College, MS 58)、「ヴェリスラフ聖書」(Czech, NL, MS XXIII, C. 124) などの豪華写本と、グーテンベルクの「四十二行聖書」(Berlin, Staatsbibliothek preußischer Kulturbesitz) の複製品――といっても自動車が買えるくらいの値段がします!――です。

「ケルズの書」の複製品

この授業ではまず、私による各資料の説明を聞いてもらい、そしてこれらの資料の形状や内部の表現を観察してもらいます。その上で、日本語やラテン語(ウルガータ)の既存の聖書を参考にしながら、それぞれの資料の該当箇所を探してもらうというワークをおこないました。

聖書の該当箇所を探すワーク

学生たちはラテン語はまったく習っておりませんし、そもそもアルファベットの形状(「インシュラー体」など)も我々が使っているものとは大きく異なるため大変かなと思いましたが、さすが歴文の学生は勘とチームワークがよく、すべての資料で正解に辿りつくことができました。

聖書の一般的な参照方法は使えません

なお、この「原典講読」では実習型ではないオンライン授業もおこなっておりますが、通常の授業をそのままやるのではなく、オンラインならではの工夫を凝らしています。今期はヴィクトリア朝のロンドンに関する洋書を読んでいますが、ただ英語を訳すだけではなく、オンライン情報を駆使して本書のなかで論じられている場所の現在と過去の姿を突き合わせながら読み進めてます。

今期の講読テキスト

今月(12月)には事前予約制で来場型オープンキャンパスが実施される予定です(歴史文化学科は12月12日です)。昭和女子大学の「歴文」に興味がある受験生の方は、ぜひお越しいただければと思います。

 

オンラインでも「手で考え、足で見る」? [2020年05月23日(土)]

西洋史の山本です。こんにちは。

ホームページでご存知の方も多いと思いますが、昭和女子大学では緊急事態宣言が発せられる前に、オンラインによる授業が開始されております。歴文でも先生方が智慧を絞り、学生の学びを止めないための努力を払っておられます。

ただし、問題となるのは歴文の特色である実践的な授業です。歴史文化の「実物」に触れ、そこから様々なことを学んでいく授業は、現在の状況ではどのようにおこなえばいいのでしょうか。ここでは私が担当しております「原典講読」という授業から、オンラインによる「手で考え、足で見る」の実践例を紹介したいと思います。

ZOOMでの授業風景

このブログでも何度か取り上げていますが、「原典講読」は3年次以降に西洋史の専攻を希望する学生を対象とした、いわばプレゼミ的な授業です。授業の名称からは、ひたすら史料や研究書を輪読している印象を受けるかもしれませんが、実際は幅広く、史料をめぐるコンテクストからICT技術の活用まで様々な活動をおこなっています。実践的な授業にも力を入れており、羊皮紙工房さんのご協力による羊皮紙の作成や、印刷博物館等の博物館・美術館の見学案やワークショップなどもおこなっています。

具体的には、以下のリンクをご参照ください。

「原典講読」で羊皮紙実習を行いました。(2019年05月17日)

「原点講読」で印刷博物館実習を行いました(2019年7月21日)

今期も、もちろんそれらの企画を実施する予定でしたが、新型コロナウイルス問題で、難しい現状です。それでも西洋史を深く学びたい学生たちに「原典」を直に感じ取って欲しいため、次のような授業をおこないました。

まず、YouTubeでも公開されているBBCの動画「中世写本の神秘の中へ」Inside the Mystery of Medieval Manuscriptを視聴します。これはクリストファー・デ・ハメルという作家を特集した動画です。彼は少年の頃より中世写本に魅せられ、ケンブリッジ大学コルピュス・クリスティ・カレッジの「パーカー図書館」の司書を長らく務めていた人物です。

BBC「中世写本の神秘の中へ」

その上で、動画内で紹介されていた「聖アウグスティヌスの福音書」(CCCC, ms. 286)という史料に注目します。これは6世紀末にイングランドへのキリスト教の布教をおこなったカンタベリーのアウグスティヌスに由来するとされる、非常に貴重な写本です。実はこの写本はデジタル化がなされており、スタンフォード図書館が提供するパーカー図書館のデジタル・コレクションから、高画質の画像を閲覧することが可能です。

Stanford Libraries – Parker Library On the Web

このデジタル・リソースを使って、学生たちにいくつかの課題を出しました。まずは上記の動画内でも紹介されていた、聖書の場面を描いた全面の挿絵が、写本のどの場所にあるか探すというものです。これはいささか簡単なものですが、学生自身でデジタルDBを操作し、写本はページではなく「葉」(folio) で数え、「表」(recto)と「裏」(verso)があることを知るためにおこないます。

この絵の「場所」を探せ!

次に、DB上に記されている「写本概要」の英文を各自で訳してもらいました。分量としてさほど多くはありませんが、専門的な言い回しがあり、なかなか難しいテクストです。しかし、さすが昭和女子大学歴史文化学科の学生たちです。全員が訳文を完成させてくれました。とはいえやはり間違いがいくつか含まれておりますので、私が解説しながら添削し、中世写本のもつ複雑な性格を確認しました。その後、写本に記されているテクストの検討に移ります――。

長くなりましたのでこの辺にしておきますが、近年目覚しく増加したオンラインにおける歴史史料のリソースと、向学心に満ちた歴文学生のおかげで、なんとか「手で考え、足で見る」を実践できたかなと自負しております。なお、昭和女子大学では6月より、オンラインによるオープンキャンパスが実施される予定です。受験生の皆さんは、コロナに負けずに進路に向けて頑張っていただきたいと思います。

歴文教員おすすめの一冊 [2020年02月19日(水)]

春からご入学の皆様へ

新年度に向けてのこの春におすすめの一冊を歴文の先生方からセレクト頂きました。

一足早く大学生気分で興味のおもむくままに読んでみましょう!

 

・高埜利彦編『近世史講義』(ちくま新書)
・松沢裕作『生きづらい明治社会―不安と競争の時代』(岩波ジュニア新書)
・岡本隆司『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』(東洋経済新報社)
・池上俊一『森と山と川でたどるドイツ史』(岩波ジュニア新書)
・榊原悟『日本絵画のあそび』(岩波新書)
・小松和彦『妖怪文化入門』(角川ソフィア文庫)
・毛利和雄『高松塚古墳は守れるか―保存科学の挑戦』(NHKブックス)

 

歴史文化学科教員一同、皆さんにお目にかかる日を心待ちにしています。

牧野元紀

 

合格おめでとうございます [2020年02月07日(金)]

合格おめでとうございます。歴史文化学科長の大谷津早苗です。
歴史文化学科では「手で考え、足で見る」をモットーに、歴史(日本史、東洋史、西洋史、地理)と文化(美術、民俗、考古、文化財)の2つの分野について、総合的かつ多角的に学びます。そのため、少人数制のゼミに力を入れ、実習系の授業を多く開講し、かつ海外研修も用意しています。また、学科の学びを実践するプロジェクト活動や、テンプル大学ジャパンキャンパスとのアートを通じての交流活動も盛んですし、テンプル大学アート学科と協働する授業科目も新設しました。

ぜひ、入学して歴史文化学科でさまざまな学びを実践してみませんか。教員一同、みなさんの入学を楽しみにしています。

歴史文化学科長 大谷津早苗

授業紹介:文化財保存学基礎 Part3 [2020年01月26日(日)]

こんにちは、歴文1年のAとIです。今回は、昨年10月17日に文化財保存学の授業の中で行われた上田ターニャさんの講演について紹介します!

上田さんは、アメリカ・ボストンにあるボストン美術館(Museum of Fine Arts、略称MFA)において修復のお仕事をされています。MFAでは明治時代に岡倉天心がアジア部門の部長を務めていたため日本の美術品が多く収蔵されていて、またアメリカ最古の東洋美術修復所があります。

私たちは、この夏にボストン・サマーセッションに参加し、その際田中先生と一緒にMFAなどを見てまわり、お話を聞かせていただく機会に恵まれました。MFAでは美術品修復の様子が一般の見学者にもガラス越しに公開されています。こういった試みはまだ日本ではあまり行われておらず、とても面白い試みだと感じました。

 

 

 

 

↑夏にMFAでみた”Conservation in Action”の展示。仏像(左)と油絵(右)を公開修復していました。

 

今回の日本での上田さんの授業では、MFAのなりたち、Conservation and Collection Managementの組織について、そしてそこでどのようなお仕事をされているかなど、詳しく伺うことが出来ました!

MFAには、7つの工房があります。

1.アジア絵画、浮世絵版画

2.家具、額、楽器

3.立体修復

4.西洋絵画(油絵)

5.紙本修復、写真

6.染織品や衣装

7.分析部(年代測定など)

その他所蔵品を管理する部門や、5万点程ある版画を額に入れる職員、立体物を収納・固定する職員がいます。

その中でも私たちが特に興味を持った部門はアジア絵画です!MFAのアジア絵画の工房では、主に日本絵画や中国絵画を取り扱っています。

日本絵画の工房は、日本の工房と全く同じ作りになっており、畳敷きの部屋に低い机を使って作業しています。外国の方が日本人のように正座をして緻密な作業をしている姿がとても印象的でした!一方、中国絵画は主に立って作業を行います。大きな作品が多いため、修復にはかなりの時間を要します。あまりにも大きい作品はギャラリー内で修復することもあり、その様子を間近に見学することが出来ます!

実際に見学者の方には人気なのですが、多くの人に見られながら作業するため当初は職人さんが嫌がることが多かったそうです(笑)。MFAではこうした修復作業の展示化が早くから行われていて、修理中の作品の全体像が分かるように壁に飾ってあったり、X線写真等の中身が見えている写真を説明文と共に掲示してあったりと工夫が凝らされています。

アジア絵画の修復は他の分野に比べて認知度が低く、工房はかなり少ないそうです。上田さんのお話では、現在後継者の育成に力を入れており、インターンシップなどを通じアメリカ人学生を増やしたいとのことでした。MFAのスタッフの方々の活動はもとより、このブログを通してアジア絵画修復のことを皆さんに知って頂けたら幸いです。上田さん、ご講演頂きまして本当にありがとうございました。

【伝統文化の現場】お正月飾りを作りました [2019年12月24日(火)]

歴史文化学科開設【伝統文化の現場】の授業で、12月13日、20日と2週に渡り重田誠一先生にお越しいただき、お正月飾りを作成しました。

お正月飾りの作成は今年で6年目になるとのことです。
重田先生がお作りになった藁をお持ちいただき、神奈川県平塚市の田村地域に伝わるお正月飾りの作り方をご講義いただきました。

13日の授業では、まず初めに、お正月飾りや伝統文化の「現場」の「田村地域」についてご講義いただきました。

講義後は、お正月飾りの土台の藁の部分を作りました。

藁を本体1束とその他の3つの束にわけ、まず3つの束をそれぞれ三つ編みにしていきます。本体の束は3本に分け、そのうち2本を右に撚りながら左巻きに綯っていきます。最後に残った1本を、先に綯った2本へ左巻きに撚りこんでいきます。

この作業は3人1組で協力しておこないます。

次に、本体の束を輪の形にして、輪の下の方に三つ編みにした他の3本を入れていきます。

 

最後に余分な藁を切りそろえ、土台となる藁が完成です。

20日の授業では、前回作成した土台の藁にお飾りを付ける作業を行いました。
紅白の御幣をはじめ、海老・ダイダイ・楪・裏白・扇や福袋などの縁起の良いものを沢山付けました

 

最後に、それぞれ完成したお正月飾りを持って記念撮影を行いました。

歴史文化学科教授室の入り口にも飾っておりますので、ぜひご覧ください。

 

重田先生ありがとうございました。

みなさま良いお年をお迎えください

後期特殊研究講座が開催されました [2019年11月15日(金)]

 

歴文1年Mです。116日(水)に開催された後期特殊研究講座についてご紹介します。

今回は東京藝術大学大学院教授の荒井経先生にお越し頂き、「日本の絵画を知る・守る・伝える」というテーマでご講演頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

最初は文化財の調査・研究の意味や意義について菱田春草作品の色材調査や宇都宮市二荒山神社の火焔太鼓の復元を例にお話下さいました。

文化財の修復や保護、保管といった実用的な理由も勿論大切ですが、それもまた文化財の個性の一部なのだと気付かされました。また調査・研究の結果からその文化財や作成された時代、作者に対する解釈や理解を深めることができるということを知り、科学的な調査にもとても興味がわきました。

その後は、松戸神社神楽殿の保存と修復や福島県飯舘村山津見神社のオオカミ天井絵の復元、琉球王の肖像画 御後絵の復元など、様々な事例と共に「守る・伝える」という点に重点を置きご講演下さったのですが、お話をきき、自分の中の文化財とは何かという考えを改める必要があると思いました。

今までは、世界遺産や国宝、重要文化財などある意味広く価値を認められているものこそが重要度、優先度が高いと無意識的に考えてしまっていました。しかしそうではなく、その文化財がどれだけ地域や人から必要とされ、本来の意図を引き継いでいるかが重要なのだと学ぶことができました。

文化財そのものが持つ価値だけでなく、その文化財が必要とされている環境や文化財に対する理解を深めることも、文化財を守ることであり、伝えていくことなのだと理解することができました。

今回の講演を通して、文化財に対する考えや向き合い方を考え直していきたいと思いました。何より歴史文化学科にいながら遠い存在に感じていた文化財を近しく感じることができました。

荒井経先生、お忙しい中ご講演いただきありがとうございました。

 

歴文生協力によるTUJアート学​科制作の看板完成・掲示:秋桜祭② [2019年11月09日(土)]

田中(文化財保存学担当)です。

今年の秋桜祭のテーマは『結(ゆい)』です。本年9月に西キャンパスにテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)が移転したことを契機に、昭和女子大学(SWU)とTUJの間の交流・連携も進んでいます。

歴史文化学科は、TUJアート学科と、今年5月にスタートしたMuseum visit projectをはじめ様々な形で学生・教員間の交流・連携を行っています。

秋桜祭に先立ち、TUJアート学科の渡部先生からお話を頂き、秋桜祭でアート学科の写真クラスが展示する看板制作のための写真撮影に、歴史文化学科の学生が協力させて頂くことになりました。具体的には、写真クラスの学生による顔写真の撮影に、歴史文化学科の学生有志20名程が参加しました。

写真クラスでは、アメリカ人作家Jason Salavon氏の作品「100 Special Moments (Little Leaguer) 2004」のオマージュとして、「100 Special Identities 2019」というプロジェクトを立ち上げ、看板を制作することにしたそうです。撮影されたTUJとSWUの学生の顔写真はコンピューター上でミックス・コラージュされ、1つの作品となりました!完成した作品は、看板として、現在西門に掲示されています↓。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真クラスでは、目に焦点をわせることで、Salavon氏が目的とした「広域(broader)」だけでなく「固有性(Identity)」についても表現することを目的とした、とのことです。
TUJとSWUの学生の顔写真を重ね合わせたら、綺麗な女性像になったというのはとても面白いですし、写真というメディアを通した新しい形でのコラボレーションという意味でも素敵だと思います。

秋桜祭にお越しの際は、是非「西門」に掲示されている実物をご覧頂きたいと思います!なお、秋桜祭期間中「8号館5階5S33教室」でTUJアート学科写真クラスが看板制作の解説展示と記念撮影フォトブースを設置していますので、そちらもお立ち寄りください!


ちなみに、左がコンピューター上でSWUの学生達の写真をミックス・コラージュしたもの、右がTUJの学生達の写真をミックス・コラージュしたものだそうです。

そして、SWUとTUJの学生全員の写真をミックス・コラージュしたものが上述の看板になります。

 

 

記念撮影フォトブースでは、いろいろなグッズと共に楽しく写真撮影することが出来ます。TUJアート学科の写真クラスの学生さん達が、風船を飛ばしたりして盛り上げながら、渡した携帯から写真を撮ってくれます。

歴文の教員も学生と一緒にブースにお伺いし、つい楽しんでしまいましたが(笑)、明日も開催していますので、是非皆さん足をお運びください!