TAG

山本暉久

  • 2017年6月9日

春の特別展「発掘で何がわかる?」開催中

現在、光葉博物館にて春の特別展「発掘で何がわかる?-昭和女子大学生の発掘調査・活動から-」が開催されています 中屋敷遺跡(神奈川県)や諏訪原遺跡(山梨県)での発掘調査を通して、発掘の基礎知識や発掘で得られる成果について学べます。 展示は、中屋敷遺跡で […]

  • 2015年11月19日

平成27年度山本暉久先生ゼミ旅行in北陸!

山本暉久ゼミ3年です!月日はだいぶ過ぎましたが、9月1~4日に山本暉久先生、井口助手、OGの先輩3名、大学院生3名、4年生1名、3年生6名で北陸地方にゼミ旅行に行ってきました!旅行の様子と印象的だった場所についてご紹介します(#^^#) 【1日目 9 […]

  • 2015年8月20日

諏訪原遺跡調査参加記(7)先生からのご講評

こんにちは、松田忍です。 今年の諏訪原遺跡発掘調査に対する感想を、1~2年生、3~4年生、大学院生の順番にアップしてきましたが、最後に小泉玲子先生(古墳時代の考古学がご専門)、山本暉久先生(縄文時代の考古学がご専門)のご講評をアップいたします。歴文に […]

  • 2015年8月17日

諏訪原遺跡調査参加記(6)現場を張る大学院生たち

こんにちは、松田忍です。 昭和女子大学の歴文で学び、発掘の実習をふくめて所定の単位を修得すると「2級考古調査士」の資格を取得できます。そして、さらに大学院に進学し所定の単位を取得すると「1級考古調査士」に認定されます。 考古調査士資格認定機構のHPを […]

  • 2015年8月17日

諏訪原遺跡調査参加記(4)発掘ファッション名鑑

こんにちは、松田です。参加記の続きです。 発掘は炎天下の作業となるので、全員、強い紫外線を防ぐことを第一に考えた服装をします。 これは「日光は美容の大敵!」みたいな生温い話ではなく、自分の命を守るための装備であります。今回も、万全の注意をしていてもな […]

  • 2015年8月17日

諏訪原遺跡調査参加記(3)歴文3・4年生の感想

こんにちは。松田です。 では「参加記(1)」に続き、打ち上げでの3年生、4年生の感想を紹介します。 ・ 光波の事前勉強をしたことが役にたった/後輩たちに機器の使い方を伝えていきたい/4年間継続して参加していろいろな仕事を任せられるようになり、今まで続 […]

  • 2015年8月16日

諏訪原遺跡調査参加記(2)現場で活躍する道具たち

こんにちは、松田です。小学校高学年のときに、京都市がやっていた「小学生発掘体験」企画に一度参加したことがあります。その時は、どんどん陶磁器がでてくるのが面白くて、最初の区画を越えて周囲まで掘り広げていた記憶があります。今回諏訪原遺跡の調査に参加して確 […]

  • 2015年8月16日

諏訪原遺跡調査参加記(1)歴文1・2年生の感想

こんにちは、松田です。 私は日本近現代史の担当教員ですが、無理を言って、考古学分野が企画している諏訪原遺跡発掘調査隊にスポット参戦してきました! 諏訪原遺跡は八ヶ岳山麓にある山梨県北杜市に存在する縄文遺跡であります。縄文土器がもっとも華やかな発達を遂 […]

  • 2015年1月31日

遺跡を視る

歴史文化学科の山本暉久です。私は毎年夏の山梨での発掘を終えたあと、ゼミ生たちを連れて、ゼミ旅行に出かけています。昨年夏のゼミ旅行は、すでに院生の石下さんがこのプログで報告していますので、くわしいことはそれにゆずりますが、北海道東部を3泊4日で駆け回り […]