‘木下亮’ タグのついている投稿

「奇蹟の芸術都市バルセロナ展」 [2019年04月27日(土)]

最後は展覧会のご案内です。

3年間かけて準備してきました「奇蹟の芸術都市バルセロナ展」が、410日に長崎県美術館で開催されました。19世紀半ばからスペイン内戦までの約80年間のバルセロナの芸術を紹介する展覧会で、ガウディ、ピカソ、ミロ、ダリの作品をはじめ、絵画、彫刻、ポスター、建築、家具、工芸、宝飾までさまざまのジャンルの作品が展示されています。

クリックすると拡大します

(長崎県美術館HP http://www.nagasaki-museum.jp/exhibition/archives/1306

展覧会図録は、390頁余りある大部のものができあがりました。バルセロナ新市街の街区をデザインしたオシャレな表紙です。

この展覧会は、長崎の後、姫路、札幌、静岡と巡回し、来年2月に東京ステーションギャラリーで開催予定です。機会がありましたら、ぜひご覧ください。

ヨーロッパ歴史演習 [2019年04月27日(土)]

今年の217日から31日まで、ヨーロッパ歴史演習で26名の学生の皆さんと一緒に、スペインとイタリアに行ってきました。その集合写真をいくつかご紹介します。

最初の6日間はアルカラ・デ・エナーレスの大学寮に滞在し、授業を受けるほかに、マドリードやトレドに出かけ、歴史的建造物や史跡、さらに美術館などを見学しました。

それからバルセロナに移動し、ガウディのサグラダ・ファミリア聖堂やカタルーニャ美術館のロマネスク壁画などを見ました。

 

その後、ローマに移動し、コロッセウムやパンテオンのほか、今回はフォロ・ロマーノにも入場しました。ローマの2日目は、ヴァティカン宮殿とサン・ピエトロ大聖堂を訪れました。

 

今回は初めてフィレンツェまで足を延ばし、ウフィツィ美術館を訪れ、最終日はミケランジェロの「ダヴィデ像」を見て締めくくりました。

大きなトラブルもなく、体調を崩す人も出ず、全員元気で帰国しました。

Sanchart活動報告書が完成しました [2019年04月27日(土)]

西洋美術史を担当しています木下亮です。久々に学科ブログに投稿しました。

このたび2018年度のSanchart の活動報告書を出しましたのでご紹介します。Sanchart(サンチャート)とは、昭和女子大学と世田谷美術館と三軒茶屋をアートでつなぐプロジェクト活動です。

クリックすると拡大します

この活動報告書は、2018年度にSanchart に参加した18名の活動を歴文の3年生3名が中心となってまとめたもので、表紙のデザイン、テキストの執筆、ページのレイアウト、編集と校正を、学生だけでおこないました。

クリックすると拡大します

報告書の後半には、2012年度から2017年度まで過去6年間分の記録も載せています。

 
クリックすると拡大します

懐かしいと思われた卒業生の方には報告書をお分けしますので学科までご連絡ください。

クリックすると拡大します

また興味のある方は、オープンキャンパスの歴史文化学科ブースで、お手に取ってご覧ください。

オープンキャンパス情報*part3* [2018年06月29日(金)]

*7月のオープンキャンパス*

オープンキャンパスでは、歴史文化学科の先生や学生がみなさんの質問にこたえてくれます。
分からないことや知りたいことをどんどん聞いてみてください!

クローバー デコメ絵文字日時:平成30年 7月22日(日) 10:00~15:00クローバー デコメ絵文字

はにわ の画像はにわ の画像はにわ の画像

 

歴史文化学科相談ブース
牧野元紀先生(東洋史)
【場所】8号館1階 学科ブース

 

学科説明(11:15~11:30)
大谷津早苗先生(日本芸能史)
【場所】7号館2階 2L03教室

 

体験授業(11:30~12:15)
松田忍先生(日本近現代史)
【場所】7号館2階 2L03教室
【タイトル】「史料解読~歴史学の基礎作業~
〔授業内容〕
今春、歴史文化学科OGの実家から発見された犬養毅の手紙。
いつ、どこで、いかなる目的で書かれた手紙なのか。
手紙に残された痕跡を丁寧に追いながら、一緒に史料の謎を解こう。
歴史学はアクティブな学問なんですよ!

 

光葉博物館見学(12:15~12:45)
【場所】7号館1階 光葉博物館
光葉博物館学芸員による施設案内

 

AO入試受験相談
【場所】8号館1階 学科ブース
木下亮先生(西洋美術史)
野口朋隆先生(日本近世史)
鶴岡明美先生(日本美術史)
山本成生先生(西洋史)

 

花 デコメ絵文字6月のオープンキャンパスの様子家電だよ。カメラ の画像花 デコメ絵文字

 

 

ぜひ、歴史文化学科の雰囲気を感じにいらしてくださいはにわ の画像はにわ の画像はにわ の画像クローバー デコメ絵文字

 

 

オープンキャンパス情報*part2* [2018年06月08日(金)]

*6月のオープンキャンパス*

オープンキャンパスでは、歴史文化学科の先生や学生がみなさんの質問にこたえてくれます。
わからないことや知りたいことをどんどん聞いてみてください!

日時:平成30年 6月17日(日) 10:00~15:00

 

☆あじさい☆ デコメ絵文字はにわ の画像☆あじさい☆ デコメ絵文字

 

 

歴史文化学科相談ブース
松田忍先生(日本近現代史)
【場所】8号館1階 学科ブース

 

学科説明(11:15~11:30)
野口朋隆先生(日本近世史)
【場所】7号館2階 2L03教室

 

体験授業(11:30~12:15)
田中眞奈子先生(文化財科学)
【場所】7号館2階 2L03教室
【タイトル】「文化財保存学:未来へ繋ぐ文化財
〔授業内容〕
文化財保存学は、文化財を後世に継承するための文理融合の学際的な研究分野です。
文化財を調べたり、修復したり、置かれる環境を整えたりすることで、
その保存に寄与することを目的としています。
本授業では、映画の保存などの最新のトピックを交え、文化財保存学について概説します。

 

光葉博物館見学(12:15~12:45)
【場所】7号館1階 光葉博物館
光葉博物館学芸員による施設案内

 

AO入試受験相談
【場所】8号館1階 学科ブース
安蔵裕子先生(服飾史)
木下亮先生(西洋美術史)
大谷津早苗先生(日本芸能史)
牧野元紀先生(東洋史)

 

パステル星 デコメ絵文字昨年6月のオープンキャンパスの様子家電だよ。カメラ の画像パステル星 デコメ絵文字

 

ぜひ、歴史文化学科の雰囲気を感じにいらしてくださいはにわ の画像シンプル の画像

 

 

2018年度夕食会が開催されました! [2018年04月10日(火)]

こんにちは、松田忍です。

4月5日には新入生を招いての夕食会が開かれました。

会の冒頭には金子学長、増澤副学長、シュワルツ昭和ボストン学長、木下学部長からの激励メッセージがありました。いまこそ歴史が大事であること、今は英語が嫌いであっても在学中に海外に飛び立ってほしいこと、ボストンがそのファーストステップとして最適であることなど、各先生から熱く語りかけるおことばをいただきました。

金子学長からの日光東照宮の猿のお話しは心に沁みました。「みざるきかざるいわざる」は日本人の出しゃばらない特性を表しているように受けとめられがちだけれども、あれは子猿に悪いことを見させたり聴かせたりしないという意味もある。実は、日光東照宮にいる青年の猿の像はみんな空を見上げている。みなさんも空を見上げる青年になって下さいとの内容でした。

夕食会は立食パーティ形式。

各テーブルでは新入生たちが積極的に新しい人と話をしていました。みなさん、前向きで今年の新入生も期待出来ますね!

夕食会後半はクイズ大会です。「7号館は昔何と呼ばれていたでしょう?」とか「坂東理事長の出身県は?」などの難問(?)も登場しましたが複数チームが見事全問正解!上位グループには豪華景品(?)がプレゼントされました。

この夕食会、司会進行、開会閉会の挨拶、三軒茶屋紹介やクイズ大会の進行などは全て上級生が企画して下さいました。ありがとうございます!

最後は大谷津新学科長の挨拶で締め!

いよいよ11日からは授業スタートです。スタートダッシュを焦りすぎず、じっくりと勉強していきましょう!

平成30年度 大学院入学式! [2018年04月04日(水)]

4月2日(月)に、

cherryblossomcherryblossom昭和女子大学大学院の入学式cherryblossomcherryblossomが行われました!

入学生のみな様おめでとうございます!

 

 

今年は2名の新入生が、
歴史文化学科の大学院にあたる、生活文化研究専攻に入学いたしました!

 

入学式の後には在学中の先輩とともに、ガイダンスがあります。
教務担当の野口先生による挨拶からはじまり、
西洋美術史ご担当の木下先生、日本美術史の鶴岡先生からも、
大学と大学院との違いや今後の研究への取り組み方について、熱くお話しくださいました。

 

 

優しく、情熱的に見守ってくださる先生方とともに、充実した研究ができるよう、
私たちも応援しています!

良い大学院生生活となりますように♩

 

(助手E)

【歴文生の海外体験】ヨーロッパ歴史演習Part2 [2016年10月03日(月)]

後半は、バルセロナ、ローマの様子をご紹介します♪

バルセロナでは、ガウディの設計した建築を見て歩きました。

DSC_2190

年ごとに建設が進んでいくサグラダ・ファミリア聖堂をバックに

サグラダ・ファミリア聖堂は2026年の完成を目指しているらしいです!

DSC_2231

グエル公園のマスコットと一緒に

いよいよ研修旅行のクライマックス、ローマに向かいます!

DSC_2291

コロッセウムの前で

 

DSC_2412

ボルゲーゼ美術館にて、ベルニーニ作《アポロンとダフネ》

 

DSC_2480

サン・ピエトロ大聖

 

IMG_1650

本場のパスタを完食

・約10日間、本当にありがとうございました。研修のおかげでさらにヨーロッパの美術が好きになりました!
貴重な体験がたくさんできて、楽しく充実した研修になりましたshine

・今回の旅を通して、毎年海外へ旅行に行っている大人の気持がよくわかりました。ヨーロッパ、本当に楽しいです。
在学中に学校のプランを利用してか、自力だかはわかりませんが行きます。

・初めての海外がとても幸せなものとなりました。学ぶことが多く、今後に生かしたいです。
そして、是非また行きたいですshine(個人的にバチカンにリベンジしたいです)

【歴文生の海外体験】ヨーロッパ歴史演習 Part1 [2016年09月29日(木)]

9月4日から15日の日程で、スペインとイタリアで研修をしました飛行機 デコメ絵文字
まず前半はアルカラ・デ・エナーレス、マドリード、トレドの様子を紹介します♪

日本を出発し、まず最初にアルカラ・デ・エナーレスには6日間滞在しました。

IMG_1503

ソフィア先生のヨーロッパ美術史の授業

セゴビアにある古代ローマの水道橋について授業を受けました。 

IMG_1558

5日間の授業が終わり、ソフィア先生とセシリア先生から修了書を受け取りました

次に行ったマドリードは、アルカラから電車で約40分です。

IMG_1517

プラド美術館学芸員のマティーリャさんのご厚意で、絵画修復室の見学ができました

 

IMG_1536

17世紀初めに造られたマヨール広場です

マドリードの次に訪れたトレドは、中世の面影を色濃く残す世界遺産の都市です。

IMG_1560

首座司教座聖堂をバックに

トレドでは画家エル・グレコの大作を鑑賞しました。

 

Part2では、バルセロナとローマの様子をご紹介します!

富山で出会った卒業生 [2015年06月22日(月)]

西洋美術史担当の木下亮です。
6月13日と14日、いま話題の北陸新幹線に乗って金沢と富山に行ってきました。
toyama
富山に寄ったのは、富山県立近代美術館で開催中の「金山康喜のパリ 1950年代の日本人画家たち」展を見るためです。金山は第二次世界大戦後にパリに留学して、室内の情景や静物など描き評価を得ますが、33歳で夭逝しました。金山の知的で「詩情あふれる青」は、日本の戦後の画壇に大きなインパクトをのこしました。

http://www.pref.toyama.jp/branches/3042/exhibition/exh_2015/exh_15_1.htm

この展覧会を担当した同館の学芸員は、歴史文化学科の前身である日本文化史学科を卒業した渡辺希利子さんです。
本展のために渡辺さんは、図録に研究論文を執筆し、140点余りの出品作の展示を工夫し、展覧会の広報にも気を配っていらっしゃいました。渡辺さんは、私たちの学科にとって、公立美術館の学芸員として活躍を続けていらっしゃる貴重な卒業生といえます。さらに富山県立近代美術館は、新しい敷地に新美術館が建設され、2年後に生まれ変わる計画が進んでいるとのことでした。

toyama2

「金山康喜」展は7月5日まで。富山に立ち寄ることがありましたら、ぜひ、富山県立近代美術館に遊びに行ってください。