TAG

関口靜雄

  • 2016年12月16日

ショウタ4才がんばります

懸命に背伸びをしながらドア越しに外を見ている男の子が、時折、「ショウタ4才がんばります」と独り言をいう。(おお、ショウタ君、4才か。なんだかわかんないけど、がんばれ)と私は心の中で応援した。また、また、また言った。「ショウタ4才がんばります」今度は力 […]

  • 2016年6月24日

歴文卒業生 石原奈央子さんがリオ五輪 クレー射撃日本代表に選ばれました

歴文第2期生の石原奈央子さんがリオ五輪クレー射撃女子日本代表に選ばれました。 まことに慶賀に堪えません。 石原さんは栃木県鹿沼市にある古峯神社で神職として働きながらの快挙でした。 心からの祝福を捧げます。 古峯神社は石原さんのご実家で、卒業論文も「古 […]

  • 2015年7月3日

元三大師と月子姫

四天王寺にお詣りしたという友人が角大師のおふだをくれた。 その折、話が弾んで、もう50年も前に天台座主の元三慈恵大師良源が比叡山麓に住む母の乳を求めて徃返したという道を歩いたことがあるのを思い出した。もちろん谷崎潤一郎の『乳野物語』の影響を受けてした […]

  • 2015年1月9日

新年になっても

年越しそばをすすっていたら、  そのうち そのうち  べんかいしながら  日がくれる という相田みつをの詩を思い出した。 この詩は、足利の鑁阿寺(ばんなじ)にお参りした時、昼飯に寄った蕎麦屋の壁に貼ってあった色紙で知ったのだった。同道してくれた若い友 […]

  • 2014年6月26日

☆頭痛山平癒寺☆

 京都見物に行った学生が三十三間堂で頭痛のお守りを買って来てくれた。三十三間堂は天台宗妙法院の境外仏堂で蓮華王院本堂というのが正式名称だ。中央に本尊の湛慶作千手観音坐像を祀り、左右の内陣には1000体の千手観音が安置されている。この地は後白河法皇が離 […]

  • 2014年1月10日

轍を踏むことなかれ

新しい年のはじめにあたって、「今年こそは」と何ごとか胸に抱かれたことと思います。 夢や希望や野心は、生きている人間の、とくに若者の特権です。その実現に向かって工夫や努力をする。そこに進歩があります。目標を明確にし、計画を具体的に立てる。あとは一心不乱 […]

  • 2013年10月18日

【授業紹介】文献取扱技能基礎

今日は文献取扱技能基礎(関口靜雄先生)の授業にお邪魔して、「古文書の裏打ち」実習の風景を撮影してきました。裏打ちとは虫に食われたり、汚れたりして傷んだ紙の裏に、別の紙を貼って補強する技術のことですよ。関口先生によりますと、裏打ちにもいくつかのやり方が […]

  • 2013年7月1日

浅草橋

 お笑いコンビのさまぁ~ずが浅草橋を探訪する番組を見た。浅草橋から蔵前・浅草に抜ける表通りを歩き、路地に入ってはユニークな小店を紹介していた。須賀神社の境内でダンスに励む少女たちの活躍をズームアップしていたが、この神社が疫災除けの守護に団子をふるまう […]

  • 2012年12月4日

会津研修学寮 ―出会い―

4年生と会津研修学寮に行きました。原発の風評被害にいまだ苦しむ会津ですが、雪の磐梯山とみごとな波紋を広げる猪苗代湖は素晴らしく、会津学寮に来るたびに、歴史文化学科は会津に移転すればいいのになぁ、と呟いてしまいます。 初日の16日に湖畔の関脇に、「オン […]

  • 2012年7月11日

安宅丸(あたけまる)

教育実習校へ御挨拶のために千葉県稲毛まで行った帰り、総武線車中で御婦人の一団が、「今日は御座船に乗るのだ。天気もいいし、隅田川からでも東京湾からでもスカイツリーがよく見えるに相違ない。料理も豪華だ」などと賑やかに語らっていた。 御座船といえば、日本游 […]