‘関口靜雄’ タグのついている投稿

針金細工(o^^o) [2012年06月18日(月)]

4月7日更新の『4月1日』に登場しました針金細工を関口先生よりお借り致しましたhappy02shine


自転車
bicycle拳銃impactです。
自転車は、後ろに引いてから手を離すとカラカラと進んでいきますdashdash
かわいい・・・lovelyheart04

拳銃は輪ゴムを引っかけて、引き金を引くと…発射!!
輪ゴム弾が飛び出しますsign03

実際に見てみたい!!という方は、ぜひ歴文教授室まで~happy01sun
(6月22日までの期間限定sign04bud

4月1日の日曜日 [2012年04月07日(土)]

千鳥ヶ淵の桜見物に行った。まだ蕾で残念だったが、昭和館で「紙芝居展」をやっていて、おまけに南京玉すだれ・バナナの叩き売り・針金細工の実演まであったので、懐かしさに負けて充分愉しんでしまった。そのうえ、針金細工の唯一の継承者という86歳の細工師から「三輪車」を貰ったので嬉しくてたまらなかった。

でも、紙芝居の名作『黄金バット』は面白かった記憶はあるが齣切れの光景しか思い出せなかったし、ヒロインは澄江さんだったか確認したくなり、また貸本漫画コーナーに展示されていた『墓場鬼太郎』の第1話が知りたくなったので、古書店街を抜けて明治大学のマンガ図書館に行った。

ここは日曜日も開館していて、部外者でも300円払うと閲覧できるので時々利用している。その日は閲覧者が数人いたが、笑いを押し殺しながら、しかし全身に笑いが充満している女子高生の姿が面白く、「まんがより面白いぞ」としばらく見物してしまった。

水木しげるの『墓場鬼太郎』を読みはじめてすぐ、こどものころ夜中にトイレに行けなくなったことを思い出した。『黄金バット』は永松健夫作を読んだが、わたしの知っている『黄金バット』とは違うようだった。子どものころ見た紙芝居の『黄金バット』は鈴木一郎原作・加太こうじ脚本のものだったのかも知れない。

マンガ図書館を出て錦華公園で一服していたら、さっきの女子高校生が近づいてきて、「ひみつ道具―!」といいながらポケットからどら焼きを出して、くれた。「『よいこ』を読んでたんだな?」というと、「あったりイイ―!」と声がはずんだ。そして、ドラえもんの食べていたどら焼きはこし餡に違いないとか、CMの妻夫木は適役だとか、アラレちゃんのあられは柿の種に違いないとか、ドラゴンボールのブルマの好物は苺なんだとか、8日の花まつりはおじいちゃんと祐天寺に行くんだとか、頼みもしないのに自説を展開すると、「寒くなったから帰る。ドラえも―ん、ぽっかぽかマフラーほっしいよ―」といいながら去って行った。

今年の4月1日は、まことに面白い一日だった。8日は浅草寺に行って、電気ブランにしょう。そのころには墨堤の桜も満開だろう。
(歴文・仏教文化史担当・関口靜雄)

レディー・ガガ [2011年07月06日(水)]

レディー・ガガ(Lady Gaga)。本名ステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ。1986年3月28日、アメリカ合衆国ニューヨーク州生まれ。25歳。現在、世界中で1番アルバムが売れている歌姫だという。先般、東日本大震災の復興支援のために来日し、被災者ばかりでなく多くの日本人を励ましてくれた。社会貢献に積極的な活動家のようだ。

以上はスポーツ新聞で知ったレディー・ガガについてのごくわずかな知識だが、ついこの間までその存在さえ知らなかった。わが乗換駅の錦糸町で、このごろずいぶんと高い靴を危うく履いている娘たちが多くなったなと思っていたら、その発信地はレディー・ガガだった。彼女の若い世代にもたらす影響は少なくないのだ。

大震災の被災者たちを気の毒にも思い、何かせねばと思いながら、節電さえ満足にできず、政治家たちの悪意さえ感じる言動を批判するばかりで、つくづく自分を情けないと思う今日この頃、40年も後から生まれたレディー・ガガの「何かを口にするより、まず行動すべきだ」という発言を知って、「ガンバラネバ」と思った次第です。

無事です [2011年03月25日(金)]

被害の甚大なことは、映像などではとうてい理解しえないことだ。

被災地の人たちの苦しみと悲しみは想像に絶する。

岩手といわきの卒業生から「無事です」とメールが来た。

余震があって山手線が西日暮里に停車中のことだ。

気がついたら駅近くの正覚寺の境内にいた。

烏枢沙摩明王と准提仏母観音を祀る寺だ。

二人とも生後間もない赤子を抱えている。

無事でよかった。

(歴文・仏教文化史・関口靜雄)