平成30年度 卒業年次学寮 [2018年11月24日(土)]

11月13日(火)~15日(木)に東明学林に行ってきました。

行きに立ち寄った八景島シーパラダイスでは、アシカやイルカなどの動物たちが音楽に合わせて芸をして、観客を魅了させていました。

1年生で履修した心理学概論の授業で、「水族館の動物たちは、エサがほしいからショーをする。まさにオペラント条件付けである。」と古川先生にご講義いただいたのを思い出し、懐かしい気持ちになりました。

開寮式では学寮長の古川先生から、「研修に全力を注ぎ、集中して取り組んでください」とお話がありました。

2日目は、箱根関所・資料館、寄木細工作り体験、芦ノ湖遊覧船、箱根彫刻の森美術館に行きました。快晴だったので、どこへ行っても富士山がきれいに見えました。大自然に囲まれながら、友人たちと過ごしたり話をしたりして、リフレッシュができました。

夜はみんなでパソコンを開き、卒論作成に取り組みました。これは、4年生ならではの光景ではないかと思いました。

最終日はトリックアート美術館に寄り、認知心理学で学んだことを実際に体験することができました。撮影スポットばかりで、友人たちと錯覚を使った写真撮影をし、たくさんの記念写真を残すことができました。

4年生になると、1人ひとりが各自の仕事を理解し、主体的に動くことができたので、スムーズな学寮運営ができました。

今後、社会に出てからも集団生活の場があると思うので、時間を守ること・周りに気を配ること・自分のことだけを優先しないことなどを身につけたことを忘れずに、行動したいと思います。

学寮で友人と同じ時間を過ごせたことはとても楽しく、一生の思い出になりました。

(4年次学寮参加者一同)