国家資格「公認心理師」への対応について

心理職の国家資格「公認心理師」養成カリキュラムを編成

 現代社会において、人々のかかえる心の健康問題は複雑かつ多様なものとなってきています。今までのような身近な人に相談するという対処法では解決せず、トレーニングを受けた専門家による対応が求められるようになってきました。こうしたことを背景として、2017年9月に公認心理師法が施行され、心理職として初の国家資格「公認心理師」が誕生することとなりました。

 公認心理師受験資格を取得するためには、大学において必要な科目を修めて卒業し、かつ、大学院において必要な科目を修めて課程を修了することが基本となります。

 心理学科では、2018年度入学者から公認心理師資格に対応した新カリキュラムとなりました。また、心理学科の卒業生は、学内推薦入試や一般入試を経て、大学院心理学専攻に進学できます。

公認心理師試験の受験を考えている方は大学サイトをご確認ください。