公立小学校一日参観実習 [2014年10月27日(月)]

10月23日に行われた公立小学校一日参観実習の様子をお知らせします。本学科2年生は、この時期、コース別に3つの小学校と5つの幼稚園に分かれ、授業の様子や園児たちの活動の様子を参観します。
今回は目黒区立中目黒小学校の見学の様子を紹介します。中目黒小学校は、今年創立113年を迎え、東京都の教育をリードしてきた研究熱心な学校です。この学校では、本学科の卒業生2名が活躍しています。

校庭にて。
公立小学校一日参観実習の始まりです。

本学科卒業生(平成19年度)、田中朋美先生
の5年生道徳の授業の様子です。

本学科卒業生(平成25年度)、永島由梨先生
の3年生国語の授業の様子です。
校長室で子どもたちと同じ給食をいただきました。
「給食おいしーい!」
Sherry先生(ALT)の英語の授業の様子です。

公立小学校1日参観実習を終えた学生たちの感想です。
「先輩の授業を見せていただき、『先生になりたい』という漠然とした夢が、現実の目標に変わりました」
「子どもたちがとても落ち着いて授業を受けていて、あんな風に子どもたちを引き付けられる授業ができるようになりたいと思いました」
「掲示物や、展示物にも子どもたちの意欲を高めるような工夫がいろいろされていて、環境づくりの大切さを実感しました」