授業の様子「国語科教育法演習」 [2015年01月30日(金)]

国語科教育法演習の授業内で、6年生を対象とした国語科の模擬授業を行いました。
教材名は、『海の命』(光村図書)。漁師の父を持つ太一という少年のお話です。
今日は、全時間9時間扱いの内の8時間目という形で模擬授業を行いました。
手前に座っている学生たちが児童役、奥に立っている学生が教師役です。
DSCN3330
DSCN3337実際に「児童はどういった発言をするのか」、「児童からどのような質問が出るのか」など、あらゆる発言と場面を想定し、教師役も児童役も一生懸命授業に取り組みます。
sDSCN3366
sDSCN3331授業を行う前に、指導案や授業で使用するワークシート、板書計画を準備したり、
DSCN3350

板書など授業内で使用する教材を準備したり、自分が小学生の頃には想像もつかない先生の
努力が見えます。
教師はこうした事前の努力も大切なのですね。
教師のたまごの皆さん、夢に向かって頑張れ!