教授室の改装 ドア [2015年10月15日(木)]

2015年の夏は、小規模な教授室の改装工事がありました。

目的は教職指導室を設置することに合わせて、スペースや導線を確保して学生の利便性を向上させるためです。そのため全体的に荷物の移動や、什器の配置替え、棚の整理など、だんだんと作業が大規模になり、教授室教員職員一同、身体を大いに動かしました。

ss1 ss2

 ドアが二つありまして、右が古いドア、左が新しいドアです。

左側はもともと壁でした。

写真は整理途中で雑然としております。

学生のみなさんはどこのドアか見たことはあるでしょうか。

大きなドアで、よく出来ています。

クローズアップしてみます。

ss3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアノブ。

ss4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアの丸窓。

ss5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアの上のレール付近。

ss6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上から垂れ下がるランケーブル。

ss7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁に穴を開けた側面。

なかなかミニマムでかっこいいですね。

ミニマリズムのアートのようです。