2016年10月

大学院集中講座 [2016年10月17日(月)]

平成28年10月9日、10日の両日、

大学院生活機構研究科人間教育学専攻では、「夏季集中講義」実施されました。

先生方の熱のこもった講義と院生及び研修生の真剣な聴講の様子が印象にのこりました。


– 第1日目 –

石井正子先生 臨床心理
「コミュニティーインクルージョンをめざした保護者との信頼関係の構築」
sIMG_0197

 

横山文樹先生 幼児教育
「環境を構成する意義と意味(1)(2)」
sIMG_0200

 

駒谷真美先生 メディア教育
「稠密化・重層化・複雑化する間メディア社会」
「プロバガンダとMIL」
sIMG_0227

 

– 第2日目 –

永岡都先生 音楽教育
「音楽づくり(創造的音楽学習)の背景と実践演習―音楽の仕組みを通して―」
sIMG_0231

 

押谷由夫先生 道徳教育
『「特別の教科 道徳」を要とした道徳教育について考えてみよう(1)(2)』
sIMG_0238

 

中村徳子先生 発達心理学
「比較発達心理学―比べてわかるヒトらしさ―」
sIMG_0242

 

最後に集中講義のまとめとして、
専攻主任の石井先生から今後の論文作成に向けたお話しがありました。

sIMG_0244

9月30日初等教育学科特殊研究講座「絵本と歌で伝える命の大切さ」 [2016年10月11日(火)]

初等教育学科特殊研究講座「絵本と歌で伝える命の大切さ」が9月30日に開催されました。

講師のこんのひとみさんは、シンガーソングライター・絵本作家・ラジオパーソナリティー・エッセイストなどとして多方面で活躍中です。

TBSラジオ日曜朝8:00~「はなわ・こんのひとみ 夢をかなえよう」という番組でお笑い芸人のはなわさんと一緒にレギュラーパーソナリティーを務めておられるほか、作詞作曲の代表楽曲として「NHKみんなのうた」で太田裕美さんの歌唱でオンエアされた「パパとあなたの影ぼうし」があり、、マルコメ味噌や、紙おむつのムーニーマンのCMソングも手掛けていらっしゃいます。

そして、すばらしいのは、東日本大震災の後の被災地支援活動です。震災直後から、被災地を訪れ、歌と絵本の読み聞かせを通じて、被災地の子どもたちの心をやさしくうけとめ、励まし続けてきました。

20161005155351-0001

今回の講演では、東日本大震災の津波でお母さんを亡くした家族のために作られた絵本「かあさんのこもりうた」と、自らがんと闘いながら、子どもたちに命の大切さを伝えようとなさった実在の校長先生をモデルにした「くまのこうちょうせんせい」をとりあげ、美しい歌と朗読で私たちの心を感動でいっぱいにしてくれました。

後半で学生が書いたメッセージをとりあげ、即興で歌って下さる場面もあり、明日も続いて当たり前と思っているこの日常が、どんなに尊いものなのについて、それぞれの心に伝わった思いを共有することができました。

美しいピアノ演奏に合わせて、こんのさんの伝えてくれることばのひとつひとつが、聞く者の心の最も深いところを刺激するので、どうにもこうにも胸がいっぱいになり、涙をとめることができなくなります。

何気ない日常が明日も続くとは限らないことを忘れず、人との絆を大切にし、一日一日、一瞬一瞬を丁寧に生きていきたいと思いました。

(M.I)

IMG_0559s IMG_0527s
IMG_0534s

Be ポンキッキーズに参加しました! [2016年10月06日(木)]

 

岡田ひとみさんのねんどでミニュチュアクッキングに初等教育学科の「子ども研究会」4人のメンバーが参加しました。この様子は、10月7日(金)朝7:30〜 BSフジ「BEポッキーズ」で
放映されます。
IMG_0146s

IMG_0151s

ねんどで《美味しいもの》を作りました。

IMG_0138s

参加したメンバーです!!

IMG_0189s

もっと詳しくは学生プロジェクト活動S-LABO子ども研究会の記事を見て下さい。

https://univ.swu.ac.jp/slabo/projects/2016-kodomo