「夢中になって遊ぶ」を体験する [2017年06月22日(木)]

IMG_1208

幼稚園教育要領と保育所保育指針を読み解くことを中心に、

理論を学ぶだけでなく、体験する事も大事にしています。

 

春季休業中に、「保育室」をイメージした幼児教育演習室を整えました。

 

幼児教育指導室は絵本紙芝居などの保育実習教材を増やし、実習資料を集めて活用できるようにしました。

 

早速授業で演習室へ行って来ました。

学生は、「ここに入るのは初めて~」と言いつつ、すぐに今話題の積み木やカラフルなブロックに目を引かれたり、昔やったことがあるとコマやけん玉などを手にしたりして、「自ら環境に関わって」遊びだしました。

 

初めは、それぞれが、それぞれの遊具で、遊び方で楽しんでいましたが、

最終的には、大量の、細かな形で小さなブロックを媒介にして、男の子・女の子・花・車を友達と協力し合い、時間いっぱいまで、夢中になって作り上げました。

 

IMG_1210

 

「これって、友達と目的に向かって協力して遊ぶことを楽しむ姿だよね!」

「時間のたつのも忘れて、本当に楽しかった」

「子供がまだ続けたい、もっとやりたいという気持ちがわかった」と、満足感いっぱいの表情が印象に残りました。