2018年3月

卒業パーティー [2018年03月25日(日)]

平成29年度卒業パーティーが3月19日(月)に開かれました。

パーティーは終始和やかな雰囲気で、先生や友人との写真撮影や歓談に華を咲かせました。

 

抽選会もありました。
風船の中に番号の書かれた紙が入っています。

 

記念品の贈呈。
先生方と一緒に撮影した華やかな集合写真と
学び舎の写真と昭和女子大学のマークの入った紅白ワイン。

 

最後はクラスアドバイザーから感謝の気持ちを込めて
クラス委員と卒業パーティー委員へ花束の贈呈。

卒業生の皆さん、素敵なパーティーをありがとうございました。

皆さんの未来に幸あれ!!

卒業式 [2018年03月23日(金)]

3月16日(金)平成29年度の卒業式が挙行されました。
普段は学校の様々なところに隠れている小人たちも今日はそろって門出をお祝いします。

卒業生が式に出席している間に、最後のクラスルームが行われる教室を3年生が感謝の気持ちを込めて装飾を施します。

 

ご卒業おめでとうございます。

新しい社会で元気にたおやかにご活躍することを初等教育学科一同祈っております。

そして卒業生接待係の3年生有志の皆さん、先生方ありがとうございました。

 

篆刻実習 [2018年03月14日(水)]

昨年、12月、書写を学ぶ授業で篆刻をしました。

9㎜角の小さな印材に、自分の名前の一番上の平仮名一字を刻むという実習です。できあがった篆刻印は、色紙など小さな仮名の作品や年賀状、絵手紙に使います。

ほとんどの学生は初めての実習でしたが、左手に小さな印材、右手に印刀を持ちながら、篆刻に集中。器用な学生は15分程で仕上げます。そして、それぞれの作品に初めて印泥をつけ、白い和紙に捺して仕上がりを見ます。「できあがり!」「もう一度~」「わあーすごい!」「私のよりよくできてる~」と悲喜こもごも。

 

できあがった篆刻印には、印袴と呼ばれるキャップも作りました。学生たちはやがて教育保育の現場に出て、「ものを大切にする」ことを子どもに教えますので、印面を保護する印袴作りで、その心を養います。材料は別の授業で和本を製作した時の端紙です。残りものでも、華やかな友禅紙。紅梅、白梅、桜、牡丹、菊、そして紅葉。花も恥じらう乙女にふさわしいものができました。

 

皆の篆刻印を一枚の和紙にまとめ、12月最後の授業で披露しました。(T.T)

内定者就職懇談会 [2018年03月07日(水)]

2月14日、教育職・保育職に内定している4年生を招いて、就職懇談会を開催しました。

2年生を中心に多くの学生が参加しました。

教育保育の勉強を始めて2年が経ち、
自分の卒業後の進路もそろそろ具体的に考えていかなければならない時期に、
4年生の体験談を伺うことができて、とても参考になりました。

 

先輩たちが

採用試験に向けて

どのようなスケジュールで

受験勉強と大学の授業とを
両立
させたのか、

勉強の中身や、

役に立った参考書、

自分で作ったノートなども
見せていただき、

具体的なイメージが 浮かびました。

お話を聞くことができて、

これからの2年間で
すべきことがよくわかりました。

迷うことも多く、
自信を失いかける
こともありましたが、

また、しっかり頑張って

先生や保育士を目指そう

という気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業を間近に控えてお忙しいところ、
後輩のために時間を割いていただき、ありがとうございました。