2019年10月

初等教育学科のゼミ活動②―歌川光一先生― [2019年10月21日(月)]

 初等教育学科のゼミ紹介の第2弾になります!
 歌川光一先生ゼミには、4年生、3年生それぞれ8名が所属しています。小学校教員志望、一般職希望の学生がメインとなり、友だち・恋人関係などの児童・生徒文化、青少年の視点に立った教育問題について、その社会的、歴史的背景を中心に探究していきます。大学生の時期だからこそ思いつく、オリジナリティある「問題」の発見を重視しています!
 昨年度にゼミ一同でフリーキャスターの堀尾正明さんを女性教養講座の講師として推薦させていただき、先週10/16(水)に招聘に実現。講座を終えられた堀尾さんが、お忙しい中ゼミを訪問して下さり、コミュニケーションの極意についてわかりやすく伝授いただきました!
 授業、実習・ボランティア、採用試験対策、と忙しい日々を送るゼミ生たちですが、この勢いで、卒業研究にも前のめりで励んでくれることと思います。
 
・歌川光一専任講師の紹介はこちら
・歌川光一著『女子のたしなみと日本近代―音楽文化にみる「趣味」の受容』(勁草書房、2019年)書誌情報はこちら(外部リンク)

初等教育学科のゼミ活動①―石井正子先生 [2019年10月15日(火)]

 初等教育学科4年生も、そろそろ就職活動が一段落。卒業論文に本腰を入れています。初等教育学科のゼミを紹介していきます!
 石井正子先生ゼミは4年生、3年生それぞれ8名が所属しています。研究内容は様々ですが、例えば今年度は発達障害や難病のある子どもたち、そのきょうだい、担任教員の関わり方などをテーマに卒論を進めている学生がいます。
 研究の進め方小学校や幼稚園・保育園現場での観察記録や、アンケート、インタビューなどが主になっています。
ゼミ生の声
ゼミの全員の仲が良く、石井ゼミらしく和気藹々と、そして切磋琢磨しながら小学校教諭、幼稚園教諭、保育士になるべく勉強しています!(4年生 KT)
・石井正子教授の紹介はこちら
・石井正子著『障害のある子どものインクルージョンと保育システム』(福村出版、2013年)書誌情報はこちら(外部リンク)

夏休みの学生の活躍ー館山プログラム② [2019年10月03日(木)]

☆本年の館山プログラムの続報です☆

8月20日~22日(館山うきうきわくわく教室 開催)

朝の会

館山の子供たちを迎えていよいよスタートです。3日間、登校するとまず朝の会から始まります。自己紹介を兼ねてゲームをしました。

うきうき教室

異年齢で、好きな授業を選んで学びます。今年は、体育、音楽、図工でした。体育ではスポーツ大会を、音楽では音探し、図工ではフォトフレームを作りました。

わくわく教室

学年ごとの授業もあります。国語では、昔話をアレンジした劇づくり、理科はナゾのキュウリ液を使った石鹸づくり、特別活動では推理ゲーム、社会科では館山市すごろく。みんなで協力してミッションに立ち向かいます。

帰りの会

下校前は、帰りの会をします。参加者を5つの色のグループに分けて、ゲームをしました。3日間の総合点で、表彰式もしました。

8月23日

前夜のうちに片付け作業が終え、帰京する最終日になりました。短時間ですが、近くの沖ノ島へ遠足に行きました。台風が近づいており、海は荒れていましたが、自然の力強さを感じてきました。

また来年も子どもたちと学べることが楽しみです!