2017年8月

畑の野菜たち・秋への準備 [2017年08月02日(水)]

先月、前期学寮が終了し、季節は初夏から盛夏へと移ってゆきます。

例年、7月の海の日を過ぎた辺りから、夏の太陽が毎日、強い日差しを照付けますが、今年、今日までは比較的、雨の日が多く、また梅雨に逆戻りしたのではと思わせる様な日々です。

東明学林の畑ですが、夏野菜も終わり、秋への準備に入ります。

 

 

農薬類を使用していない畑のため、現在は雑草との闘いです。1yousu (2)

伸びた草を刈り、耕耘機を入れ、何度も根切りと土お越しを行います。
しかし、これもお天気作業になり、雨が降れば延期となります。
太陽の照付けも体にこたえますが、雨も作業の手を止める要因となり、なかかな予定どうりには進ませてもらえません。

 

 

農作物ですが、4月の労作で種蒔きを行った、いんげんの収穫期が終了し、撤収作業を行い、秋の準備に入ります。
撤収作業を行おうと、畑に入ると、最後の力を振り絞ろうと言わんばかりに、白いかわいい花を咲かせています。「まだ、とらないで!」と訴えかけているかのようです。ingen

 

 

 

 

 

 

また、時を同じくして、4月に種付けを行ったショウガは、順調に生育、現在は「葉ショウガ」として収穫は出来るのですが、後期10月の労作にて「根ショウガ」として収穫、世田谷へ出荷し、授業等に活用頂く予定です。syouga

 

 

 

 

 

 

農作物ではありませんが、畑の害虫予防として、6月の労作で種蒔きを行った「マリーゴールド」
育ち方はさまざまですが、大小さまざまな花を付けて、畑を守ってくれています。gold

 

 

 

 

害虫予防は農薬を蒔くことだけではなく、マリーゴールドの様な花を植えたりする事でもできることを、自然の中から改めて学ばせてもらいました。

次は後期、秋の畑作り、種蒔き、育成の様子、寒さに向かう野菜たちの様子をお知らせします。

東明学林 畑担当 川口昌一