2017年10月

畑の野菜たち・自然とのたたかい [2017年10月30日(月)]

 

朝晩と日が短くなり、気が付けば寒い寒いと、長袖シャツや上掛けを着込む時期になりました。
合わせて、多いな台風が二つも通り過ぎ、地域によっては、大きな被害をもたらせました。

東明学林の畑でも、自然とのたたかいと向き合っています。

台風21号の過ぎた翌日、畑の様子を確認に向かう途中、散歩道の真ん中を何かが掘った跡を発見しました。胸騒ぎがして、畑に向かったところ、生育中のジャガイモの苗が何者かに掘り返されていました。

 

 

最近、みかん園内がイノシシに荒らされると云う出来事があり、注意をしていたのですが、ほぼ、全滅に近い状態でジャガイモが掘り返されていました。

場所によっては、足跡をのこし、小さな芽を踏みつけた後もありました。

冬が近づくにつれ、山の動物たちも冬支度でエサを求めて畑の野菜や、みかん園の土壌にいる昆虫類などを探しているようです。

掘り返されたジャガイモの苗や、踏みつけられた野菜の芽は、可能な限り、今一度植え直し、根付くかは、経過を観察したいと思います。

 

 

同じく台風21号の過ぎた後の畑の様子は、風雨の強さを物語っていました。

ダイコン、ニンジン等、生育中の苗は風でなぎ倒され、雨に叩かれ、瀕死の状態でした。一苗ごと手当を施しましたが、3~4割は犠牲となってしまいました。

野菜を自然の中で、自然に近い状態で生育させることは、自然とのたたかいの中で、どのように工夫して、被害を最小限にするか、日々学ばせてもらいながら、天候や山の動物たちと人間との攻防が続きます。

東明学林 畑担当  川口 昌一

 

 

みかんの秋施肥 [2017年10月23日(月)]

今回行った秋の施肥は、特に裏年樹の翌年の萌芽を良くさせるために施用を実施しました。

東明学林では、昨年から敷地内の至る所に猪が出没し、土を掘り起こし荒らされたことから、町役場に相談し猪捕獲用のかごを設置、一匹を捕獲しましたが、最近再出没し特にみかん園の被害が広く足場の悪い状態の中、研修学寮中の現代教養学科の労作で施肥作業を行ってくれました。学生の皆さんご苦労様でした。

今年のみかんの収穫率は昨年より低い状況ですが、学園内多くの人に届けられますよう収穫に努めていきたいと思っています。           ≪みかん園便り≫

【猪の被害状況】                        【猪の捕獲】

 

 

 

 

 

 

 

 

【施肥作業】

声をそろえて [2017年10月16日(月)]

きら

企画から5年、皆様のお力添えを頂きまして、ようやくひとつめの新しい道などの看板を設置することができました、感無量です。なぜこの場所からかというと、まれにグラウンドに向かうふるさとの道と間違えて、富士見坂を下ってしまう方がいるからです(正門へ向かっちゃいます)。これで下る方を見かけて猛ダッシュ!説明後に皆さんと一緒に坂を上ることも減るでしょう。

 

 

 

 

 

 

負けず

今年もどんぐりがとれなくて、地球のことも工作のことも心配になっていますが、どこかで誰かが見ていてくれたようで、代わりにクリがたくさん採れています。そのためか、金次郎さんがイガまで背負わされていました。とんでもないものを背負わされても勤勉な姿勢は、見習うべき姿だと思います。

 

 

 

 

 

 

おおきく

植樹をしてもらったクヌギ苗の様子を見に行くと、元気に育っていました。その上の方で何かの気配を感じて、そっと見てみると、ひそやかにオオカマキリさんが、おまじないをしてくれていました。おおきく!おおきく!おおきくなあれ!これならきっとクヌギはおおきくなるでしょう、僕もクヌギに負けないくらいおおきくなります!

 

 

 

 

 

 

 

東明学林のキャラクターをこさえました。東明学林の4文字をひとつずつもらった名前がついています、これからも東明学林と共に4キャラクターをどうぞよろしくお願い致します。

 

 

明るく 楽しく 元気よく  佐藤直樹

秋晴れの東明 [2017年10月11日(水)]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は栗がたくさん実りました!

この足柄にも秋の訪れを感じます。

東京では、一昨日、昨日と2日続けて、10時間以上晴天が続いたのは3か月ぶりだとか。。。

久しぶりの暑さに身体もびっくりするやら、喜んでいるやら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みかんも今年はウラ年で昨年よりも採れませんが、色づきはじめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カマズミも朱色に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ススキの景色は、秋の物寂しいイメージを感じます。

 

 

後期がスタートいたします。 [2017年10月02日(月)]

皆様、ご無沙汰しております。

10月に入り、後期のブログがスタートいたします。

 

日中はまだ暑い日が続きますが、朝夕はずいぶん涼しく、過ごしやすい季節となりました。

 

9月24日(日曜日) 素晴らしい秋晴れの空の下、

初等部の皆様による稲刈りが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

5月に田植えを実施した時のことが、まるで昨日のことのように思い出されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

立派な黄金色の稲穂となりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

「花と緑の会」の皆様によるご指導のもと、

あっ!という間に稲穂は刈り取られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

春の田植え、秋の稲刈りともに、天候に恵まれ、素晴らしい体験となりました。

自然に感謝し、美味しいお米が皆様のお口に届く日が、待ち遠しいですね。

初等部の皆様、お疲れさまでした。

 

実りの秋、収穫の秋がやって来ました。

明日から、いよいよ中高部3年生をお迎えし、後期の学寮研修がスタートいたします。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

後期もぜひ、東明学林ブログをご覧ください。

よろしくお願い致します。

 

大高