2017年12月

畑の野菜たち・新しい年に向けて [2017年12月12日(火)]

今年も後期学寮日程が終了し、東明学林は秋から初冬の色合いになってきました。

この一年、実りを与えてくれた畑も、例年になく、自然からの試練を受けた年でした。


長雨や強風、そして新たに、イノシシの侵入との戦いは、新年に向けた大きな課題となりました。

特にイノシシの侵入については、夜、畑に侵入し、作物を掘り起こし、荒らされ、ほぼ全滅になった野菜もあり、
また、畑のみならず、構内のみかん園も同様に、園内ほぼ全域を掘り起こされ、荒らされる被害を被りました。

来年の畑対策は、野菜ごとの生育手法のほか、イノシシなど、獣対策に重点を置き、今から対策案を考案中です。

年が明けると、すぐに新年度への準備が始まります。
学寮の労作準備のための、畑の土作りも2月下旬位までには終了し、3月には畑の整備を完了する計画です。

この一年、畑野菜の様々な様子をお伝えしてきました。

また来年もいろいろな角度から野菜の生育をお伝えできればと思っています。

くる年が、皆様にとって、更に良い年となりますように、また来年もよろしくお願い申し上げます。

東明学林  畑担当  川口 昌一

みかんの栽培 [2017年12月04日(月)]

今回の作業は、栽培過程で最も重要なみかんの収穫です。

栽培過程においては、園内の草刈りや施肥、消毒等多種多様な作業がありますが、収穫することも木の寿命から大変大切なことで、歴史文化学科の学生によるみかんの収穫作業を実施しました。

今年のみかんの生育状況については、以前にも紹介しましたように、昨年より実成が少なく小粒の木が多いため、多くの収穫は望めない状況です。そんな状況の中栽培に携わった学生の皆さんは、黄色く色付いた粒の良いみかんの収穫に尽力してくれた事を紹介します。

学生の皆さん大変ご苦労様でした。    ≪みかん園便り≫

【収穫作業状況】