やってみなけりゃ [2018年10月29日(月)]

拝受する

今年は、嵐の被害が多く、サクラやミカンが倒れてしまいました。とてもつらいことですが、見方を変えれば、弱っていた危険物を教えてくれたと考えることもできます。竹林にあったスギもそうで、傾いていなければ立枯れに気がつけませんでしたが、すぐに対処することができました。自然に感謝しながら、その大きさを痛感しています。

 

 

 

 

 

 

先読み

春のお茶摘みの時に、摘みやすく同じような葉が出るようにするために、この時期に枝先を整える仕事をしますが、ヒューッと伸びた枝に、ミノムシがついていました。チャの枝もろとも刈られないように、避難をしてもらいましたが、後で調べてみると、地域によっては絶滅危惧種に指定されているようです、気がつけて良かったー。

 

 

 

 

 

 

徐々に

こども園の奉仕活動で草取りをしてくれた花壇に、ジニアが咲き始めました。ちいちゃな手でコツコツと取ってくれたからでしょう、きれいに咲いた気がします。ちいちゃなことでも積み上げれば、大きなことが成し遂げられるということを、思い出させてもらえたので、途方に暮れるようなことでもコツコツがんばろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

途方に暮れるくらいやることが多く広い東明学林も、コツコツ整えて、皆さんのお越しを心よりお待ちしております。是非散策に出てみて下さい。

 

 

転んだっていいじゃない