2018年11月

深秋の富士山と東明の紅葉 [2018年11月27日(火)]

 

 

 

 

 

 

 

 

先週は初等部児童3・6年の田園学寮でした。

立冬が過ぎ、朝と日中の寒暖の差もますます大きくなり、先週は朝8℃の日もありましたが、

児童たちは奉仕活動で元気いっぱいみかんを収穫して、味も楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は全国的に猛暑だったので紅葉はピーク前に枯れ始める、という話も聞きましたが、

この数日で学林内の紅葉も例年のとおり、一層鮮やかになりました。

朝の陽ざしに赤、黄、緑、茶が綺麗に照らされ、この時期ならではの彩です。

この紅葉シーズンを過ぎると、世田谷キャンパスに送るみかんの収穫を急ぎつつ、

本年度最後の学寮が滞りなく行われるよう、準備を進めます。

 

Step! [2018年11月19日(月)]

11月10日(土)・11月11日(日)の2日間、昭和祭・秋桜祭に出店いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の秋桜祭のテーマは、「step」です。

新たな出会いや挑戦へ、一歩前に踏み出そう!「前進」という意味が込められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節外れの暖かさの中、キャンパス内には皆様の笑顔があふれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も”東明学林クイズ”、”ペン立てづくり体験”など、東明学林ならではのイベントが大人気で

自分で手作りしたオリジナルの作品をお持ち帰りいただけるので、お子様から大人の方まで楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東明学林のブースでは、干しシイタケ、花の苗(サクラソウ・ローズマリー)を販売いたしました。

今年も、1年前にお求めいただいたサクラソウが美しく花を咲かせたお写真を見せて頂いたり、

皆様が 花の苗たちの”その後”を教えて下さり、とても感激しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大好評の干しシイタケです。

仕上げの乾燥をさせ、袋詰めをしている様子です。重さも数も均等に詰めて並べます。

今年は70袋販売いたしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは 竹ポットと竹の一輪挿しの制作風景です。

一つ一つ、長さも太さも異なる竹で、丹精込めて手作りしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東明学林の散策マップやバルコニーから見える山と海の写真、

クイズのヒントとなる情報を盛り込んだ写真パネルを作成しました。

労作風景や収穫したお野菜などもご案内しながら、多くのお客様にご覧いただきました。

1年後の昭和祭・秋桜祭も楽しみです!

 

ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

収穫の秋、たわわに実ったみかん [2018年11月13日(火)]

穏やかな天候に恵まれ、色好きも良く黄金色に輝くたくさんのみかんが生りました。

東明学林には100本ほどのみかんの木がありますが、大きな実が生る木、甘い実が生る木、早く実が色づく木など、それぞれ特徴があります。

「たわわに実ったみかん」

 

美味しいみかんを作るためにはいろいろな手入れが必要です。

10月は国際学科の皆さんに草取り、11月は日本語日本文学科の皆さんに肥料を入れていただき、たくさんのみかんが収穫できそうです。

11月下旬の田園学寮、12月初旬の管理栄養学科の学寮研修で皆さんに収穫を楽しみながら美味しいみかんを食べていただけると思います。

 

「黄金色に輝くみかん」

 

収穫したみかんは、日頃お世話になっていいます方々、附属校、ソフィアなどにお送りしたいと準備しています。

様々な学科労作、初等部の奉仕活動で丹精していただいたみかんを関係する方々にお届けし味わっていただく、そのお手伝いができることに私たち職員も喜びを感じています。

 

みかん園の清掃及び秋の施肥 [2018年11月06日(火)]

毎年この時期になると、色付き始めるみかんの樹に秋の施肥を行います。

台風や老木のため弱くなり倒木した木もあり、全体的に収穫が望める樹は少なくなりました。

また、猪による掘り起こしで足元の悪い状況でしたが、国際1・3年生の園の清掃、日文2年生の秋の施肥を2週にわたり、両学科の学生達の誠意のある奉仕で無事労作を実施することができました。学生の皆さん大変ご苦労様でした。

今年のみかんは、夏の気温が高く、晴天が続いたことから完熟度(色付き)が早く、例年より早めの収穫が望めそうです。また、収穫量も昨年の約1.4倍の収穫が望め学園に多く届けることができそうです。〘労作便り〙

【労作係打合せ、全般説明】

 

 

 

 

 

 

【みかん園の清掃】

 

 

 

 

 

 

【みかん園の施肥】