2018年12月

じゃがいもの収穫と玉ねぎの植付け [2018年12月17日(月)]

12月の2週目になりやっと冬らしい気温になりました。今年は11月には木枯らし1号が吹かず、例年になく暖かい冬の始まりでした。

そんな中、12月5日に管理栄養学科の学生によるじゃがいもの収穫と玉ねぎの植付けが行われました。

当日は晴天で22名の学生により土に馴染んでもらいました。

(収穫前のじゃがいもの苗の写真です)

 

じゃがいもは大きく、育っており46Kgの収穫が出来ました。

芋のサイズが大きく、一般の市場では見られない大きさのじゃがいもがゴロゴロでした。

(収穫したじゃがいもの写真です)

 

じゃがいもの収穫の後には玉ねぎの苗を畑に定植してもらいました。

みなさんで220本定植してもらいました。初夏の収穫が楽しみです。

(一番手前が定植した後の玉ねぎです)

 

当日は天候も良く、東明学林から富士山や箱根方面の山々、南には海に浮かぶ初島、大島、また、真鶴半島、伊豆半島なども良く観え、紅葉の中での学寮でした。

管理栄養学科のみなさん、お疲れ様でした。

四季の思い出 [2018年12月11日(火)]

先月、勤労感謝の日に合わせて初等部の児童から、感謝のカードを頂きました。

多くの児童が田園学寮の事前準備等に対しての感謝の気持ちや自然の中で、友達と沢山遊び、楽しかった思い出が書かれていました。初等部の皆さんカード有難うございました。

東明学林の立地環境は1年を通じて四季を感じさせると共に自然豊かなとても良い所です。また、タイミングが良ければ色んな動物に遭遇することがあります。これまでに見られた動物では「ミミズク」、「ムササビ」、「野ウサギ」、「イノシシ」、「たぬき」、「日本カモシカ」等が目撃されています。

今回はその自然豊かな思い出の一部を紹介し、多くの方々に東明学林に訪れてほしいと思います。≪四季便り≫

〘校旗の掲揚〙

 

 

 

 

 

 

 

 

〘冬景色〙

 

 

 

 

 

〘つつじ観賞会〙                             〘お茶畑〙

 

 

 

 

 

〘みかんの開花 〙                            〘燕の巣立ち〙

 

 

 

 

 

〘天然エビネ〙                             〘天然キンラン〙

 

 

 

 

 

 

〘みかんの栽培〙                            〘シイタケの栽培〙

 

 

 

 

 

 

〘紅 葉〙

 

 

 

 

 

 

〘絶景の富士山〙

 

 

 

 

理屈ではない何か [2018年12月03日(月)]

始末をつける

山の手入れをすると、丸太や枝がたくさん集まりますが、燃して始末をしています。これは二酸化炭素をだすので、環境に悪影響がありそうですが、光合成には二酸化炭素が必要ですし、もともと丸太や枝の中にある炭素の量と、外にでる炭素の量は変わらないから、悪影響はなさそうです、カーボンニュートラルという考え方です。それでも植樹をしたり、きちんと山の手入れをすることが必要なので、コツコツ面倒をみていきます。

 

 

 

 

 

 

推して知る

ヤマハッカ。最初に調べた時に、山発火という漢字をイメージしたので、不吉な山野草だと思ったのですが、正しくは山薄荷、葉が薄荷(ハッカ)、ミントに似ているから名づけられたそうです。でも残念ながら、この葉に香りはありません。茎が四角いのが特徴のひとつですが、それと葉と花でヤマハッカと推定していますが、背の高さが違うので、正確な同定ができているのか、一抹の不安がございます。

 

 

 

 

 

 

ものの見方

野山に自生するリンドウは、群生せず単独で育つ特性があるそうです。単独でひたむきに咲く花姿から「あなたの悲しみに寄り添う」という花言葉があるそうです。東明学林のリンドウも例外ではありませんが、空から見える様子を想像してみると、概ねまとまって咲いているように思えるので、なんだか感ずるところがあります。

 

 

 

 

 

 

 

東明学林には、何体かの石仏がおります。いわれはわかりませんが、何かを鎮め、僕らを見守ってくれているのだと思います。

 

 

夢想空想妄想幻想…理想を高く