大寒から立春へ [2019年01月21日(月)]

1月20日に「大寒」を迎えました。

一年間を24の季節に分けた「二十四節気」の中で、最後の節気となるのが大寒です。

毎年この時期の夕暮れ時は、「ようやく日が長くなって来たなぁ。」と感じます。

 

寮室南側の紅梅が咲き始めました!

ぷっくりと色づいた蕾が 春の訪れを待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一年の始まりと終わりに、山の神、学父の碑を参拝しました。

今年も1年、東明学林を訪れる皆様が安全に過ごせますように、

そして新年度から始まる学寮研修が、皆様にとって実りある時間となりますよう、お祈りいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕暮れの風景です。

今だけ味わえる、沈む太陽と富士山と夕焼けのグラデーション。

寒さは厳しくなる一方、段々と日が長くなり空の色もうつり変わります。

次の節気となる「立春」は 2月4日です。 暖かい春を楽しみに待ちます。