◆労作で栽培した新鮮な野菜・果樹を皆さんに◆ [2019年02月26日(火)]

新年度の学寮に向け、労作した新鮮野菜・果樹の美味しさを学生、生徒、児童の皆さんに実際に味わっていただきたい。そんな思いの具体化に向けた二ッコクトラスト様との連携と栽培への取り組みをご紹介します。

≪学寮を支えてくださるパートナー≫

ニッコクトラスト様には学寮の食事の調理はもとより、一昨年より管理栄養学科で作成されたH&Bレシピをもとに献立をご提案いただくなど食を通した学寮生活のご支援をいただいています。

ニッコクトラスト様との打ち合わせ

    収穫時期に応じた野菜の美味しさを味わえるよう「玉葱・人参・大根・さつまいも・じゃがいも・きゅうり・きゃべつ・スナップエンドウ・トマト・ミニトマト・生姜・落花生・枝豆」など、栽培する野菜の種類を増やすことにしました。

初めて栽培をする野菜もあり多少の不安もありますが、「学生・生徒・児童の皆さんが労作されたものであれば全て活用し皆さんにお届けします」

 

 

「落花生・枝豆・スナップエンドウなどは採れたてならではの美味しさ味わっていただくため、素材そのものをセルフサービスで食べられるようにしましょう」など、心強い言葉やさまざまなアドバイスをいただきました。

≪美味しい野菜・果樹栽培に向けて≫

多種類の野菜を栽培するために東明学林の畑を増やす取り組みを始めました。野菜・果樹栽培で大切なことはまず畑の土づくりです。東明学林の敷地内には良質な腐葉土となるクヌギの葉が大量に落ちています。これらの落ち葉を掻き集め、米糠と水をまぜて腐葉土をつくり畑に入れます。また、みかんの剪定で切り落とされた枝葉を集め燃やした灰も畑に戻しています。植物の成長を促す要素が豊富に含まれた灰も良い土づくりには欠かせません。

   クヌギの葉                                              剪定で切り落とされた枝葉

 

 

 

 

 

 

 

 

新年度の学寮に向け、ニッコクトラスト様のご協力をいただきながら、皆さんに東明学林の自然の恵みを楽しんでいただけるよう取り組んで参ります。