2017年2月

2017年2月27日の理事長ブログ [2017年02月26日(日)]

この1週間は春一番に続いて、春2番、春3番が吹き荒れそのあと寒気が流れ込み冬に戻りまた南風が暖気を運んでくる繰り返しだった。黒い冬のコートがふさわしくない季節が近づいている。大学は授業が終了し、学内にいる教員も少ないため会議や打ち合わせが少なく時間に余裕がある。

 2月20日(月)日経新聞の原稿が掲載され外部の方からは共感したとのメールも来るが大学の人はノーコメント。10時からオーストラリアのクイーンズランド大学とテレビ会議。坂東真理子基金から若手研究者を招聘する案について大変喜んでくださっているのでこちらもうれしい。11時30分からラジオ日本で番組収録。10年ぶり。いったん大学に帰って打ち合わせなどをしてから三井住友海上へ。そのあと少し早めに首相官邸に行き日本ベンチャー大賞の授賞式。女性部門の山口さんは立派な和服。ニューオータニで懇親会だが19時30分過ぎに失礼して広尾でGSWのコアメンバー会議。大企業から1000万、500万円と寄付を集めているのに感心。
 21日(火)は10時40分からミーティング。13時30分アドミション部長の説明。定員を超過しないために厳しい綱渡り。今年定員増をしていない大学は新学科、学部も作らず、改編もしないつもりなのだろうか。14時30分富山県朝日町の町長さん。若くて張り切っておられる。
DSC00237
15時産経新聞、18時過ぎに大学を出て駒場東大内のレストランへ。平尾さん、小島さんなどの送別会。終了後太子堂へ行き少し手伝い。
 22日(水)11時、鈴木雄二さん、ヨーロッパから朝帰国したそうだがとてもお元気。少しずつ理解していただければよい。13時写真撮影。14時古田土さんと段谷さん。15時30分から同友会の人材育成委員会。そのあと西麻布で江口さんや毎日出版の方と会食。
 23日(木)、大学へ行ってから日本工業倶楽部で「歴史文化から見た日本の家族」と題して講演。尾崎さんや島田さんなどそうそうたる方が聞いていらっしゃるが専門外のテーマで楽しく話す。父系主義の中国、韓国と異なり双系主義の日本は財産を娘に社会的地位は息子に伝えたことなど継体天皇から江戸の商人まで礼をあげる。お昼は和食堂で本田さん、増岡さん。そのあと岡崎奨学財団、一度大学にもどり18時から東麻布で会食。
 24日(金)朝、白河さん。お昼から渋谷でジャパンライフシステムズの谷口さん。お年を召しても発想が新鮮で刺激的。15時30分カタリストの塚原さん。早めに公文から太子堂へ。
 25日(土)朝8時過ぎに家を出て大阪へ。タクシーで会場の大阪ガスのハグミュージアム。
13時30分から講演。食育について。雑誌のインタビュアーは「手間暇かけて本物の味を」という主義。ハレの食、ケの食とメリハリを利かせなければならないという私の説と少し違う様子。18時30分に東京駅。そのあと野坂さんと夕食。おしゃべりをたくさん。大学時代に戻ったよう。
 26日(日)1日家にいて原稿を書き、ジムでヨガをし、布団を干し、洗濯をし、買い物をして、料理を作る。夕食にわかな一家。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
2017/3/1
坂東 眞理子 理事長・総長 「楽しいわが家」3月号 全国信用金庫協会 p9-10(2頁)
====
連載「ホーム・ジャーナル」に「高齢者は七十五歳以上」と題して記事が掲載されました。
=============================================
2017/3/1
坂東 眞理子 理事長・総長 「VERNALISTA」3-4号 株式会社ヴァ―ナル p24-25(2頁)
====
「女性らしい知性を磨きましょう」と題して記事が掲載されました。
=============================================

2017年2月20日の理事長ブログ [2017年02月19日(日)]

春一番が吹き荒れたかと思うとまた寒の戻り、三寒四温という通り、春と冬が行ったり来たりしながら日の光は日増しに力強くなっていく。
 13日(月)は少し寒さが緩む。10時農林中央金庫の方々、11時ボストン校のカレンとジョン。レベルの違う学生たちに教え方を変えてくれるように頼む。伸びる学生を伸ばさず、手間のかかる学生にエネルギーと時間をかけすぎるのは考え直すべき。13時30分理事長・学長講話。学生たちがたくさん出席してくれる。14時30分英語コミュニケーション学科、BLIPの今後の方向について。3学期目は海外の大学の科目履修をさせるのに賛成。15時30分清流出版、16時30分テンプル大学ストロナク学長。18時30分ごろ予定より遅く羽田からわかな達がやってくる。みんな元気で鹿児島を楽しんできたようだ。早めに帰ったのでジムのパーソナルトレーニングでフォームを直してもらう。
 14日(火)はバレンタインデー、オーストラリアのチョコレートを持っていく。10時から地域連携センターのプロジェクト型インターンシップの発表会。協力してくださった企業の方、自治体の方も見えてありがたい。いろんなところでプロジェクトが行われている。統一したほうがすっきりするかもしれないがいろいろ多様なやり方があってよいだろう。13時から文部科学省の会議。14時30分に退席して大学に帰って大学ミーティングへ。16時30分ベトナムハノイ国家大学の学長と学部長。とても国際的なバックグラウンド。17時武藤さん。ダイバーシティ推進機構について。19時30分半蔵門で外務省の方たちと会食。本当に気持ちの良い人たち。皇居の森の向こうに丸の内のビル街、そこに月が出て美しい。
 15日(水)は8時に迎車でアサヒグループホールディングスへ。指名委員会、報酬委員会。取締役会。12時過ぎに終わったのでロータリーの例会へ。その後、多田さんとお話。15時から熊平さん。今後のことをいろいろと話をする。太子堂へ。
 16日(木)9時大学部局長会。その後大学ミーティング、将来構想委員会と続く。ビジネスの定員をどうするか。13時理事会。議題は多かったが2時間で終わり、新しい理事も承認していただく。16時山田さん、保坂さんと新学科の広報についてディスカッション。公文によって太子堂。
 17日(金)10時読売新聞の稲沢さん。学生の半数以上が定年まで働くと答えるようになったそうだ。12時日比谷で野田聖子さん福田さんと会食。15時ヴァ―ナル取材。テーマが「服装について」なのであまり得意ではないため話せず。16時公明新聞。18時30分理事長室の人たちと食事。
 18日(土)朝8時前に家を出て新幹線で広島へ。1500人ほどの国際会議場のフェニックスホールが満員。熱心に聴いてくださる。帰宅は20時30分を過ぎる。広島滞在は3時間、新幹線乗車時間が8時間。帰りの大阪と京都の間で虹。飛行機よりまとまった時間が取れるので女性文化研究賞の候補作を読む。
 19日(日)10時30分光葉同窓会新支部設立総会でごあいさつ。安西さんや加藤さんも御出席。
DSC00236
13時帝国ホテルでオーストラリアのタウンズビルのスーザンといわき市の矢内さんと久しぶりに会う。昨日は二人で歌舞伎を観たそうだ。私は何十年と観ていない。ジムによって買い物、わかな一家が夕食に。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
2017/2/16
坂東 眞理子 理事長・総長 WEB 日経DUAL
====
「『脱いい子』で新リーダー像」と題して、インタビュー<前編>が掲載されました。

=============================================
2017/2/20
坂東 眞理子 理事長・総長 日本経済新聞2月20日版 朝刊 22面
====
「私大の自己改革 評価を」と題して記事が掲載されました。

=============================================

2017年2月13日の理事長ブログ [2017年02月12日(日)]

日本海側の地方に雪が降る日は快晴の東京も風が冷たい。開いた梅の花も縮んでいる。徒歩通勤には最高の季節。お雛様を飾ってもらい理事長室前の一角の踊り場が華やぐ。こども園やナーサリーの子供たちが見に来るが説明のボキャブラリーに苦労。

 7日(火)は9時30分、常勤役員会打ち合わせ、10時40分は大学ミーティング。議題が少ないのでいろんな話ができる。13時テンプルジャパン理事会の金子みどりさん。15時過ぎに大学を出てホテルニューオータニの北陸フォーラムに。おじさんの味方、阿川佐和子さんとの対談なので、自分で講演するのとは調子が違う。聴衆は95%近くが男性企業人。なかなかこうした方々に女性について話す機会は少ないからありがたい。懇親会ではコマツの坂根さんや北銀の高木さんなど知った方がたくさん。英毅さんが早く帰ってきているというのでお土産の「ますのすし」だけ置いて帰る。
 8日(水)は9時45分から実践倫理の最終回。45分ずつ同じ話をすることになっているのだが、違ってしまう。今日は特別補講日ということで、登校している学生が少ない。11時岡谷市の林さん。創業150年の記念講演への依頼。地方の名望家で県議、市長もされた紳士。お昼ロータリーに行く。IPS細胞の山中教授の卓話なので出席者が多い。初めてお話を聞いたが、真摯な研究者でだれでも応援したくなるのではなかろうか。31歳で留学され、PAD(Post America Depression )とか、アメリカはコネ社会とか、共感するところが多い。父上の話をされていたが偶然や運は大きな影響を持つ。大学に帰って女性文化研究所の片づけをするはずだったのだが、原稿や打ち合わせやほかの仕事を嬉々として入れて掃除は後回し。人事は難しい。夜は太子堂へ。
 9日(木)は東京も雪が時折ちらつく寒い日だが8時から帝国ホテルでMOTの会合。小林同友会代表理事のお話を聞く。なかなか刺激的で面白かった。日本的組織ではこのような個性的で目線の高い方は昇進できないように思われがちだがそうではないのだ。11時三井住友銀行、そのあとアドミッション部長、13時常勤役員会。15時30分製菓のPRメッセージの打ち合わせ。高校生向けのありがたい話。18時30分銀座のおいしい天ぷら屋で吉住さんと会食。伝統邦楽の家に生まれ育った方は生活態度に文化が浸透しておられる。
 10日(金)は9時30分から金子さん、大泉さん、會川さんと今後の中高部の在り方について話し合う。良い教育をしているのになぜそれが外部の方に理解していただけないのか、伝わらないのか問題提起。朋友班等も先輩が後輩を指導するピアラーニングの場として活用すればよいのに。11時からビジネス学科との打ち合わせ。13時女性文化研究所で女性文化賞の選考会議。該当作なしとした昨年と異なり興味深いテーマの優秀な作品が多く選ぶのに苦労しそう。私もどの本を担当しようか迷う。ビンテージ年で運不運があるのは致し方ないか。16時ラック(株)で講演。情報セキュリティの企業なので男性が圧倒的に多く、女性は大事にされてはいるがあまり鍛えられていない感じ。その後社長さんたちと夕食。創業者は強烈な個性の方だったらしい。成長分野の企業は勢いがある。そのあと資生堂へ。プロジェクトの打ち上げと感謝の集い。本当によく指導していただき、ただ感謝あるのみ。頼りなかった学生たちもしっかり成長している。改めて末川さんにはなんとお礼をしてよいかわからない。21時30分に終わった後も遅くまでおしゃべり。
集合写真2

末川様、坂東先生他
 11日(土)12日(日)は珍しく講演も会合もなく、原稿も短いのだけで寂しい。わかな達は英毅さんの学会に合わせ鹿児島へ。ジムへ行ったり、羽根木公園、東大駒場で梅の香りを堪能したり。こんな時こそと2階の部屋を片付ける。娘たちの小、中、高時代の文集、写真、ノートなどたくさん。処理しないとだめとわかってはいるのだが過ぎた日々が懐かしい。日曜日夕食にかぐみ一家。写真など持ち帰ってもらう。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================

=============================================
2017/02/02

坂東眞理子 理事長・総長 JFMラジオ「OH! HAPPY MORNING」に出演
====
坂東 眞理子 理事長・総長
JFMラジオ
番組名:「OH! HAPPY MORNING」
2017年2月1日(水)・2(木)7時30分~10時55分
出演しました。

http://park.gsj.mobi/news/show/31216
=============================================

=============================================
2017/02/01

坂東眞理子 理事長・総長 月刊「清流」3月号が記事を掲載
====
2017年2月1日 坂東眞理子 理事長・総長
月刊「清流」3月号
p52-53(2頁)
第15回「超高齢社会の人生設計図」に「“心の波風”を鎮める『等身大の自身』」と題して記事が掲載されました。
=============================================

=============================================
2017/02/01

坂東眞理子 理事長・総長 「楽しいわが家」2月号が記事を掲載
====
2017年2月1日 坂東眞理子 理事長・総長
「楽しいわが家」2月号 全国信用金庫協会
p9-10(2頁)
連載「ホーム・ジャーナル」に「高齢者よ働こう」と題して記事が掲載されました。
=============================================

2017年2月7日の理事長ブログ [2017年02月06日(月)]

節分、立春と季節は確実に進み、通勤の道でも梅の香りがただよう。日の出は6時40分、日没も17時を過ぎ、光は日1日と力強くなっている。

 1月30日(月)は新横浜へ。通過するだけで駅を出たのは10年以上ぶりだがすっかりビル街になっているのに驚く。大学に戻って13時国際ジェンダー学会の方たちと来年の40周年について打ち合わせ。13時30分。アサヒビール消費者ダイアログの方たち。15時15分品川女子学院のスーパーグローバルハイスクールの外部審査委員会。漆さんはインフルエンザでビデオ参加。本当に意欲的な取り組みで感心する。そのあと薬師寺まほろばの会の夕食会。思いがけず細川元総理と隣席。障壁画を書いておられるそうで政治家でいらしたころと全く別のたたずまい。「見るべきほどのことは見つ」というご心境か。
 31日(火)アサヒグループホールディングスの取締役会。株価が2年来の高値で皆さん元気。13時勉強会で企業コンプライアンスに関する数々の事例を聞く。日本企業の成長力が落ちる中で無理・ひずみが大きくなっているからなのか、大組織の一人一人が弱くなっているからか考えさせられる。エイボン女性年度大賞のレセプションを欠席して大学に戻る。いろいろ打ち合わせなど。
 2月1日(水)9時30分からアドミッション部長、A日程試験の結果について。受験者が多いと偏差値も上がりうれしい。11時東京駅に着き新幹線の「はやぶさ」に乗り1時間半で仙台へ。宮城県の男女共同参画課主催で人数は多くないが皆さん熱心に聞いてくださる。1本早い新幹線で帰京。19時を過ぎるが太子堂へ。
 2日(木)9時大学部局長会、10時40分大学ミーティング。12時に出て法テラス顧問会議。村木厚子さんも新任で。大妻女子大学の理事をされている。そのあと東京外語大経営協議会。早く終わり「岩佐又兵衛展」に行きたかったがそれには間に合わず。本屋で立ち読みしてから神楽坂で会食。とても気の利いたお店で楽しく話が弾む。
 3日(金)。TRC・アイビックスなどの方々がご挨拶。11時「日本の人事部」の取材。16時中央教育審議会の総会。文部科学省の皆さんは天下り問題でお詫び。大学へ帰って平尾、小島両教授の最終講義。最後しか聞けなかったがそのあと懇親会で乾杯。「ビールなし」なのにびっくり。
 4日(土)、午前中は日本経済新聞の原稿を書きジムのあと上野の文化会館でオペラ「カルメン」。カルメンはとても良い歌手だったがエスカミーリョはやや声量不足。大急ぎで帰ってわかなとゆかりさんの家の夕食会。フグがおいしく食べすぎる。
 5日(日)昨晩から調子が悪いが8時20分のB日程試験に。わかなも調子が悪いという。無理をして先約のあった東京立山会の新年会へ。挨拶を30分ほど。食欲ゼロ。かえってすぐ眠り、19時まで。そのあと12時ごろからまた眠る。
 6日(月)よく寝たせいか、体調は回復。わかなの家族もみんな本調子でないという。風邪か、食あたりか不明。10時リーダーズアカデミーについて。森本さんが良く指導してくださるのでありがたい。