2020年4月

2020年4月27日理事長ブログ [2020年04月27日(月)]

「この2週間が山場」という言葉を何度聞いたろうか。3月2日から学校は休校したが、そろそろ、どのような状況になったらどのように規制を緩和するのだという出口の道筋が見えないのは、戦略としてもまずいのではないか。
昭和女子大学のオンライン授業は4月24日から始まったが、中高部・初等部もオンラインの学習指導に乗り出す。それにしても休校中こそ読書すべきなのに図書館が閉館していてよいのか、就職支援はオンラインだけでよいのか、次々と5,6,7月の予定がキャンセルされる中で疑問と悩みは尽きない。

4月20日(月)は雨だが、個室にこもっているから良いだろうと歩いて出勤。ぽつぽつと打ち合わせや相談。夜、Zoomでゴードン夫妻とおしゃべり。
4月21日(火)大学ミーティングは中止。通勤の途中緑道で上杉さんご夫婦に会ってびっくり。職場は出勤者が減っている。在宅勤務と自宅待機の境界はどこか。十分に準備が整っていない中で始めたので課題は多い。
4月22日(水)13時アドミッション部長。もう来年度の募集を考えなければならないが、大学入学共通テスト実施など入試改革に加え、このコロナがどの程度影響を与えるか不透明。14時ボストン維持費について、15時30分Zoomで教育会議。自分が話しているときはみんなの顔を見る余裕がないが、ほかの方が話しているときには、いろんな人の表情が見える。
4月23日(木)9時大学部局長会。社会的距離を取るため大会議室で。研究室からZoomというのは何か不思議。在宅なら公共交通機関を利用しないというメリットがあるがキャンパスにいるのに出席しないのは変な感じ。続いて大学ミーティング。説明者の中には自宅からZoomという人もいるがスウェットスタイルはくだけすぎなど、新しいマナーが必要。13時阿部さん。14時雑誌取材もZoomで。
4月24日(金)10時から松陰神社の斎藤宮司を迎えてヒマラヤ杉伐採にあたっての神事。たくさんの方の思い出の残る木を切るのは忍びないが、安全重視。

10時45分三菱総合研究所取締役会の事前説明がオンラインで。13時過ぎボストンについて打ち合わせ。アメリカがどうなるか、状況は厳しい。
14時東邦大学医療センター 大橋病院。予約してあるのに1時間待たせてレントゲン写真を見て「順調ですね」というだけ。オンライン診療になれば良いと思う。16時歯医者。帰途、緑道で黒崎さんに会う。
4月25日(土)は素晴らしい天気。緑道で河上さん親子に出会いびっくり。元気そう。ベルギーは感染者が減り始めたので5月半ばから小中学校などが一部再開するそうだ。ベルギーではレストランや理容室・美容室は休業のまま。日本と優先順位が違うようだ。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(大学ウェブサイト「ニュース」掲載情報より)
=============================================
2020年4月22日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
「財界」春季特大号
p70-73(4頁)
創立100周年のあゆみと、今後の展望についてインタビューが掲載されました。

2020年4月15日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
朝日新聞 夕刊 社会面
さまざまな大学の学長や大学関係者らによる「学生へ いま伝えたいこと」として昭和女子大学の坂東眞理子 理事長・総長のコメントが紹介されました。
=============================================

2020年4月14日理事長ブログ [2020年04月14日(火)]

 4月7日、政府が緊急事態宣言。その前から首都封鎖やロックダウンといった言葉が飛び交い、休校、オンラインガイダンス、オンライン授業の準備を進めていたので、新たに対応しなければならないことはないが、在宅勤務を「推奨する」でなく、7割から8割減を目指そうと目標を明確にする。それにしてもパチンコ店やゲームセンターなどの休業規制には議論があるのに、3月2日から学校があっさりと議論もなく休校になったのは、釈然としない。
NYの友人が3月12日から一歩も外に出ていないとか、オタワのマサ子さんが「高齢者専用の買い物タイム」を導入しているスーパーでの買い物をするほかは散歩だけとか、ほかの国が厳しい規制をしているのに比べれば、日本はかなり緩やか。三軒茶屋や下北沢の町は、少し減っているかわからないほどの人出。スーパーは、レジの行列の間隔は少し空いているが、ほとんど変わらぬ混み方。
 4月6日(月)郵便局に寄ってから読売新聞本社へ行き、委員会に出席。小田急線はガラガラ。天気が良いので代々木公園に途中下車して寄ったらコロナで閉園中。戸外の散歩は健康のために大事なのに、花見の宴会を禁止するためか。読売新聞社の紙面審査会は全員マスク。そのあと大学へ。花は美しく咲いているのに、学生がいなくて寂しい。花は人に見られようと咲いているわけではないが。そのあと緊急事態宣言を想定して対応を打ち合わせ。
 4月7日(火)大学部局長会も中高部の教員会議も中止。遅めに大学に行き、理事長室にこもる。13時藤島アドミッション部長が今年度の入試の総括。偏差値が上がって「お買い得」の大学ではなくなり、手強いライバルが並ぶ偏差値ゾーンに入ってきたので厳しいがここを何とか持ちこたえなければならない。19時総理の会見。
 4月8日(水)附属中学校の入学式は中止し、動画でのメッセージに切り替える。せっかく美しい天気なのに残念。時間がたっぷりあるので公共交通機関を使わないで徒歩通勤。書類整理、モノの整理をするべきだと思い、少し整理を始める。返事すべきで出していない手紙など出てきて気持ちが沈む。得意でもなく、好きでもないことをしていると益々元気がなくなる。やはり新しい本を書こう。
 4月9日(木)在学生向けの講話も中止し、後日動画での配信。常勤役員会は1週間延ばし、理事会を中止。太子堂出張所に寄ってわかなたちの一時帰国の住民登録をする。メールも減って日本全体の活動が低下している感じ。東京六大学野球連盟の顔合わせも中止。かぐみたちが夕食に来る。かぐみも今週から在宅勤務。
 4月10日(金)表参道の歯医者。公共交通機関を避け自転車で行く。風が強い。15時ごろまで大学にいて帰る。自転車屋で修理。
 4月11日(土)2週間の隔離期間を過ごしてわかなたち一家5人が下北沢にやってくる。急ににぎやかになり、食材がどんどんなくなり、時間も無くなる。
 4月12日(日)朝から食事の支度、子どもたちの相手、スーパーへの買い物などして過ごす。
 4月13日(月)朝から強い雨で寒くなる。在宅勤務というものの子供たちが騒ぎ、時間もままならないが、そのほうが集中して本を読める。食事の支度はみんなが良く食べるので張り合いがある。

2020年4月6日理事長ブログ [2020年04月06日(月)]

新型コロナウィルスの感染が日本でも次第に広まり、せっかく桜が満開若葉が輝く美しい季節なのに学園はひっそり。いったん4月からは入学式も分散縮小した形でできるかなという雰囲気だったのだが東京は特に感染者が増え、すっかり雰囲気がかわり、ロックダウンだの、首都封鎖などという言葉が飛び交い。
入学式、第1回教育会議など続々オンライン化。緊急事態宣言も秒読み。次々と会議、会合、会食がキャンセルになり、時間はたくさんあるはずなのだが、何か落ち着かず、非生産的な日が過ぎていく。
3月29日に次女の一家がベルギーから一時帰国したが、2週間の隔離でメールとスカイプでのやり取りしかできない。
 3月23日(月) 午前中は事前説明の来客2件。14時東京女子体育大学の学長はじめとした方々が東京学校支援機構の協定に。専門大学として個性的にしっかり取り組んでおられるのに感心。
 3月24日(火) デロイトトーマツの会議は電話で。メッセージはしっかり伝わるがやはり対面とは少し違う。13時から社会変革推進財団(SIIF)の理事会。主催するほうは、事務所に行かないとまずいように思っていったが効率的に運ぶ。大学に帰って事前説明を受ける。
 3月25日(水) 10時新年度職員の集いの動画収録。13時品川の日本マイクロソフトで、広い部屋で換気を良くしコロナ対策を万全に、管理職女性に講演。皆さん熱心に聞いてくださる。大学に帰ってこども園の皆さんと打ち合わせ。やっとわかなたちが一時帰国する決心をした。本人たちは不本意。
3月26日(木)10時大学の入学式挨拶の録画。例年、人見記念講堂でみんなに直接挨拶できる幸せを思う。10時40分大学ミーティング。13時30分から三菱総研の取締役会もオンライン会議。そのあと東邦大学大橋医療センターへ。顔のけがはすっかり治った。まあ全治3週間。あと肩だけ。夜の会食はキャンセル。
3月27日(金)午前9時新任者研修講義。人数を減らし、間隔を大きくとる。お昼の予定もキャンセル。16時の来客も、夜の会食もキャンセル。新しい事態に対する打ち合わせ。

3月28日(土)曇り時々晴で桜は7,8分咲き。
3月29日(日)午前中は花に雪が降り、少し積もる。鎌倉に行ってわかなたちが2週間住むマンションの用意をする。飛行機は雪で遅れることもなく午後3時半に成田に着いたらしいが、検疫所で6時間ほど待たされてからレンタカーでマンションへ。
3月30日(月)MS&ADの取締役会は書面開催になったので、銀行によってから大学へ。打ち合わせ2件。13時新年度役職者への講話録画。来客はキャンセル。14時垣上業務部長、14時45分人事など打ち合わせ。16時森ます美先生。本当に長い間一緒に仕事をしていただいたことに感謝。
3月31日(火)退職退任式、規模を縮小して出席も強制しないで行うが、長い間苦楽を共にした方々の退職に感無量。森先生、山本監事がご挨拶。午後は次々と学内の打ち合わせ。
4月1日(水)8時30分辞令交付式。出席者を絞り30分以内で終える。10時30分教育会議はZoomで。13時30分理事会。理事長に選任され決意表明。理事のうちお二人はZoomで出席。社会福祉法人の辞令交付、東京学校支援機構は新型コロナウイルス感染防止を考慮してキャンセルに。
4月2日(木)入学式の予定だったが中止。11時30分衆議院議員会館へ。午後大学で過ごす。
4月3日(金)世田谷区教育委員会学務課で一時帰国のいろはと杏奈の就学手続き。その時は分散登校だという話だったが、夜になって5月連休明けまで休校と連絡がくる。
来週のアフタースクールは短縮して継続することに。しかし4日になって世田谷区の学童保育が中止になったのでアフタースクールも4月9日から当面中止にするよう変更。午後、附属の中高部・初等部の入学式挨拶の動画撮影。中高部の職員会議の動画撮影も。
4月4日(土)は素晴らしい天気でまだ桜が残っているが緑道の人出も少ない。夕食にかぐみたち。
4月5日(日)、学生たちにメッセージを出したくなり学科長に送る。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(大学ウェブサイト「ニュース」掲載情報より)
=============================================
2020年4月3日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
小原奈津子学長
番組名:「デイリーニュース」(世田谷・調布・狛江)
放送日時:4月3日(金)17:00-17:20
坂東眞理子理事長・総長、小原奈津子学長から新入生へのメッセージをオンライン配信したことが紹介されます。
番組ホームページ(外部サイト)
地域情報アプリ「ど・ろーかる」でもライブ配信!4月8日までアーカイブ視聴ができます。

2020年4月1日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
「楽しいわが家」4月号 全国信用金庫協会 p9-10(2頁)
連載「ホーム・ジャーナル」に縁結びについて寄稿しました。

2020年3月24日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
『Fresher’s Course 2021』 ダイヤモンド社
(2)Common Sense「社会人としての常識力」p26-29(4頁)
インタビューが掲載されました。
=============================================