2011年2月

平成22年度第2回FD講演会報告(1月19日実施) [2011年02月01日(火)]

FDホームページtopへ戻る
↑このページのtopへ↑

1月19日にFD講演会を実施しました。

開催日:平成23年1月19日(水)
場 所:学園本部館大会議室
テーマ:「教え方の心理学-教育技法-」
講 師:心理学科長 山崎洋史教授

内容は、以下の通りです。

* * * * * * *

≪報告書≫

講演は、教育現場の問題「2瘤駱駝の恐怖」から始まった。
小学校では30代40代の先生が少なく20代と50代が多いことから、教育上の文化的な知識や技術が抜け落ちる現象が起きている。それは、初め<困惑>だったものが、今では<恐怖>となった。経験知や経験的なスキルで日本文化に培われたものを今のうちに再構成し、確認、分析、伝達の必要性がある。

また、新教育基本法により、来年度から授業時数や教科書内容の増加などが見込まれるが、子供達に必要なことは学習する意味を認識させ、自分の夢を実現する力を意識化させることである。これを踏まえて、

1.教育に関する負荷

2.支援的コミュニケーション

3.教育技法

4.イメージ効果

5.ピグマリオン効果

などの解説があり、その具体的な指導方法と思慮深さに感銘を受けた参加者は、10分の講演延長を希望したほどであった。

記録 FD推進委員 上野和子

FDホームページtopへ戻る
↑このページのtopへ↑

・FD講演会アンケート結果