【刊行】女性文化研究叢書第12集『女性リーダー育成への挑戦』 [2021年02月24日(水)]

2月15日に研究成果をまとめた書籍を御茶の水書房より刊行しました。

全国書店にて販売しています(定価3800円+税)。

 

昭和女子大学女性文化研究叢書第12集
女性リーダー育成への挑戦
―昭和女子大学創立100周年記念出版―

【目次】
総 論 リーダーシップと女性―いかに女性リーダーを育成するか―
……坂東眞理子
第1章 21世紀の女性の高等教育と女性リーダーシップの醸成
……志摩園子・掛川典子・島﨑里子・粕谷美砂子
第2章 女性活躍推進企業にみる女性リーダーの育成とリーダー像
……瀬戸山聡子・西本万映子・森ます美
第3章 女性リーダーを育成するキャリア研修とワークライフバランス施策
……清水直美・大橋重子
第4章 役員を目指す女性の育成に必要な経験・意識・環境とは―「女性エグゼクティブ育成研修」参加者に対するインタビューの調査から―
……伊藤純・青木美保・今井章子・武川恵子
第5章 役員・管理職を目指す女性育成の課題
……髙木俊雄・小森亜紀子
第6章 女性リーダーのキャリア形成から見たセルフ・リーダーシップの研究―新たな教育プログラムへの示唆―
……北本佳子・今井章子
第7章 日中韓プログラムにおけるグルーバル・リーダーシップ育成のあり方
……川畑由美・マイリーサ
第8章 東アジアの大学で女性リーダーは育つか―日中韓プログラム
(
Asian Women’s Leadership Program)を手がかりにして―
……シム チュン・キャット

※第2章・第3章執筆のために実施したインタビュー調査の結果をまとめ別途公開しています。

【公開】13企業『インタビュー・レポート』 [2021年02月01日(月)]

女性文化研究所の企業の女性リーダー研究会が行った「女性管理職・女性リーダー育成への取り組みとめざすリーダー像」に関するインタビュー調査報告書を公開します。
ご活用いただけましたら幸いです。

掲載の13社は2013年~2016年に掛けて女性文化研究所で作成された「優良企業ランキング」の上記企業から選ばれています。

 

『「優良企業」13社の女性管理職・リーダーの育成とリーダーシップスタイル』

◆はじめに
◆イオン株式会社
◆株式会社クレディセゾン
◆株式会社リクルートホールディングス
◆株式会社ローソン
◆キリンホールディングス株式会社
◆クオール株式会社
◆サッポロホールディングス株式会社
◆サントリーホールディングス株式会社
◆太陽生命保険株式会社
◆大同生命保険株式会社
◆T&Dファイナンシャル生命保険株式会社
◆東京海上ホールディングス株式会社
◆明治安田生命保険相互会社
◆研究会メンバー一覧

全文PDF

冊子印刷用本文PDF ☜面付け印刷をすると冊子の形にできます

<この件に関する問い合わせ先>
昭和女子大学女性文化研究所
電話:03-3411-5096
Mail:iwc-admi@swu.ac.jp

『女性文化研究所紀要』第47号をオンライン公開しました [2020年06月25日(木)]

『女性文化研究所紀要』第47号(2020.3)を昭和女子大学機関リポジトリで公開しました。

過去の内容も含めてご覧いただけます。

昭和女子大学機関リポジトリへは昭和女子大学図書館ホームページの画面上部にある「資料・情報検索」からからアクセスできます。

第12回昭和女子大学女性文化研究賞・同奨励賞贈呈 [2020年06月02日(火)]

2020年5月26日 昭和女子大学の理事長室において「第12回昭和女子大学女性文化研究賞・昭和女子大学女性文化研究奨励賞」の贈呈式を行いました。

ちょうどこの日に東京都の緊急事態宣言が解除となりましたが、コロナ禍の中、まだまだ油断を許さない状況であることから、今回は受賞者と選考委員だけでの開催となりました。

 

 

 

第12回昭和女子大学女性文化研究賞

受賞者 黒岩 容子 氏

受賞作 EU性差別禁止法理の展開

 

 

 

第12回昭和女子大学女性文化研究
奨励賞

受賞者 歌川 光一 氏

受賞作 女子のたしなみと日本近代

 

 

 

出席者全員がマスク姿で顔がはっきりとわからないのがちょっぴり残念です。

出席者ご紹介の後、坂東眞理子選考委員長のあいさつに続き各賞の贈呈が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

贈呈にあたっては選考委員から各賞ごとに選考報告がありました。

第12回女性文化研究賞選考報告

第12回女性文化研究奨励賞選考報告

最後は全員で一瞬だけマスクをはずして、記念撮影。
和やかで、アットホームな式となりました。

式の終了後、会場を移して、両受賞者に受賞図書に関する短い講演をお願いし、その様子を録画させていただきました。

女性文化研究賞受賞者記念講演 黒岩容子氏

女性文化研究奨励賞受賞者記念講演 歌川光一氏

※動画の公開は終了させていただきました。閲覧をご希望方は女性文化研究所(iwc-admi@swu.ac.jp)までお問い合わせください。

第12回昭和女子大学女性文化研究賞・同研究奨励賞受賞者発表 [2020年05月01日(金)]

第12回(2019年)「女性文化研究賞・女性文化研究奨励賞」(坂東眞理子基金)は、下記の通り決定いたしました。

★女性文化研究賞(坂東眞理子基金

黒岩 容子 氏

(弁護士・早稲田大学比較法研究所招聘研究員)

 『EU性差別禁止法理の展開

 :形式的平等から実質的平等へ、

 さらに次のステージへ』

         (日本評論社)

 

★女性文化研究奨励賞(坂東眞理子基金)

歌川 光一 氏

(聖路加国際大学大学院看護学研究科准教授・昭和女子大学初等教育学科非常勤講師)

 『女子のたしなみと日本近代

 :音楽文化にみる「趣味」の受容』

         (勁草書房)

 

 

 

学内選考委員  
昭和女子大学理事長・総長 坂東 眞理子(選考委員長)
昭和女子大学学長 小原 奈津子(研究賞)
昭和女子大学女性文化研究所所長 武川 恵子 (研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所副所長 掛川 典子 (研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 森 ます美 (研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 志摩 園子 (研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 粕谷 美砂子(奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 伊藤  純 (奨励賞)
学外選考委員 
元東京大学教授 大沢 真理 (研究賞)
内閣府男女共同参画局長 池永 肇恵 (研究賞)

 

選考評・贈呈式のご案内は後日このページに追加掲載する予定です。

この件の問合せ先:
昭和女子大学女性文化研究所
TEL:03-3411-5096(土日祝を除く9時~17時)
E-mail iwc-admi@swu.ac.jp

第11回女性文化研究賞を贈呈しました [2019年06月05日(水)]

2019年5月28日に第11回昭和女子大学女性文化研究賞贈呈式を行いました。


第11回の受賞作

石井香江氏(同志社大学グローバル地域文化学部准教授)
『電話交換手はなぜ「女の仕事」になったのか:技術とジェンダーの日独比較社会史』

 

坂東眞理子選考委員長のあいさつの後、森ます美選考委員から選考報告がありました。

第11回昭和女子大学女性文化研究賞選考報告

坂東眞理子選考委員長から賞状と副賞30万円が贈られました。

受賞者の石井氏による記念講演「見えないものに迫る方法:電話交換手はなぜ『女の仕事』になったのか」も行いました。

日常に埋め込まれて目には見えないが、メンバーの行動や価値観に影響を与える「職場文化」に着目した研究で、電話交換手は女性、電話技手は男性に職務分離したことや、日本のモールス文化について紹介いただきました。

 

受賞者を囲んで(選考委員)


終了後は祝賀会を行い、受賞作の出版に尽力されたミネルヴァ書房の堀川様、受賞者関係者として一橋大学名誉教授の木本喜美子様、東京外国語大学の小野寺拓也様にご祝辞をいただきました。あたたかでユーモアあるおことばに場が和み、短い時間ではありましたが、楽しい時間となりました。

第11回女性文化研究賞受賞者発表・贈呈式案内 [2019年04月26日(金)]

第11回(2018年)「女性文化研究賞・女性文化研究奨励賞」(坂東眞理子基金)は、下記の通り決定いたしました。

女性文化研究賞(坂東眞理子基金

 石井 香江 氏
(同志社大学グローバル地域文化学部准教授)

 『電話交換手はなぜ「女の仕事」になったのか:技術とジェンダーの日独比較社会史』
(ミネルヴァ書房)

 

女性文化研究奨励賞(坂東眞理子基金)

該当作なし

 

学内選考委員   
昭和女子大学理事長・総長・女性文化研究所所長 坂東眞理子(選考委員長)
昭和女子大学学長 金子 朝子(研究賞)
昭和女子大学女性文化研究所副所長 掛川 典子(研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 森 ます美(研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 志摩 園子(研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 粕谷美砂子(奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 伊藤  純(奨励賞)
学外選考委員  
元東京大学教授 大沢 真理(研究賞)
内閣府男女共同参画局長 池永 肇恵(研究賞)

贈呈式を開催いたします
日時:2019年5月28日(火)17:00~18:30
会場:昭和女子大学学園本部館3階大会議室

受賞者石井香江氏による講演「見えないものに迫る方法:電話交換手はなぜ「女の仕事」になったのか」も同時開催です。

終了後、記念祝賀会も予定しています(参加費無料・学生は参加できません)。学外一般のご参加も可能です。お気軽にお申込みください(事前申込制)。

お申込み先https://forms.gle/UWJwqvM5HEmSg3PGA


←お申込みフォームへ

お申込み締め切り:5月24日

 

この件にお問合せ先:
昭和女子大学女性文化研究所 TEL
03-3411-5096(土日祝を除く9時~17時)

E-mail jobunken@swu.ac.jp

女性文化研究叢書第11集刊行のお知らせ [2019年03月14日(木)]

このたび、昭和女子大学女性文化研究所編『女性文化研究叢書第11集 ダイバーシティと女性』(御茶の水書房)を刊行いたしました。「新しいリーダーシップを創る」を副題に12名の執筆者が様々な視点から論考しています。全国の書店で販売しておりますので、ぜひとも、お手にとってご覧ください。

『女性文化研究叢書第11集 ダイバーシティと女性』
昭和女子大学女性文化研究所編
御茶の水書房(2019年3月刊行)
定価:4,000円+税

第10回(2017年)昭和女子大学女性文化研究賞贈呈式・シンポジウム開催報告 [2018年07月30日(月)]

2018年6月30日 坂東眞理子基金第10回「昭和女子大学女性文化研究賞」贈呈式及び10周年を記念したシンポジウムを開催しました。

贈呈式では坂東選考委員長の挨拶と、森ます美選考委員による選考報告の後、受賞作『働き方の男女不平等』(日本経済新聞出版社)の著者である山口一男シカゴ大学ラルフ・ルイス記念特別社会学教授へ表彰状と副賞が贈られました。

左から坂東眞理子選考委員長・森ます美選考委員・賞を贈られる山口一男氏

選考報告はこちら→女性文化研究賞選考報告

 

10周年を記念したシンポジウム「職場の男女不平等をいかに越えるか」では、山口氏の基調講演に始まり、各研究分野の第一人者である3名のシンポジストの方の講演と、パネルディスカッションを行いました。

 

基調講演 山口一男氏

日本の女性の高度専門職や管理職の割合の低さ、働き方改革へのインプリケーション、ダイバーシティ経営が女性の活躍推進に効果的であることなどを説明し、特に企業が女性は育児離職するものと決めつけて統計的差別を行うことは女性の継続就業意欲を低め、予言の自己成就となるという持論を展開されました。

 

パネリスト講演

 

 

左から大沢真理東京大学大学執行役・副学長(第6回受賞者)、浅倉むつ子早稲田大学教授(第9回受賞者)、八代尚宏本学グローバルビジネス学部長

 

パネルディスカッション

坂東所長がコーディネーターを務めたパネルディスカッションでは、最後まで白熱した議論が交わされました。国会では働き方改革論議の最中ということもあり、来場者も約100名と関心の高さがうかがわれ、内容の濃いシンポジウムとなりました。

 

当日使用資料:職場の男女不平等をいかに越えるか(山口氏)職場の男女不平等を放置するとどうなるか(大沢氏)職場の男女不平等をいかに越えるかー法律学の観点から(浅倉氏)働き方の男女不平等―理論と実証分析(八代氏)

最後に受賞者と選考委員で記念写真を撮影し、終了後祝賀会に移りました。

祝賀会では受賞作の出版社の方をはじめ、多くの方にご参加いただき、受賞者とともに楽しいひと時を過ごしました。ここに改めて贈呈式開催にあたりご協力いただきました皆様に感謝申しあげます。

次回、第11回は2018年に刊行された図書を対象とし、2018年12月1日~2019年1月31日の間で公募を受け付ける予定です。自薦・他薦ともに受け付けます。お心当たりの著書をご存じの方は推薦にご協力をお願いいたします。

第10回 昭和女子大学女性文化研究賞受賞者発表 [2018年05月01日(火)]

第10回(2017年)「昭和女子大学女性文化研究賞」(坂東眞理子基金)は下記の通り決定いたしました。なお、第10回「昭和女子大学女性文化研究奨励賞」の該当作はありません。

昭和女子大学女性文化研究賞(坂東眞理子基金)

No.10 kenkyusyo

 山口 一男 氏
(シカゴ大学 ラルフ・ルイス記念特別社会学教授)

 『働き方の男女不平等』(日本経済新聞出版社)

 

 

昭和女子大学女性文化研究奨励賞(坂東眞理子基金)

 今回の該当作なし

 

▼学内選考委員
昭和女子大学理事長・総長・女性文化研究所所長 坂東眞理子(選考委員長)
昭和女子大学学長 金子 朝子(研究賞)
昭和女子大学女性文化研究所副所長 掛川 典子(研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 森 ます美(研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 岸田 依子(研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 志摩 園子(研究賞・奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 粕谷美砂子(奨励賞)
昭和女子大学女性文化研究所運営委員 伊藤  純(奨励賞)
▼学外選考委員
東京大学大学執行役副学長 大沢 真理(研究賞)
内閣府男女共同参画局長 武川 恵子(研究賞)

今年は、10周年を記念したシンポジウムを開催します。
贈呈式・シンポジウム(受賞者による基調講演他)は2018年6月30日(土)15:00~17:30
昭和女子大学学園本部館3階大会議室にて開催いたします。開催案内→6.30シンポジウムポスター
シンポジウム終了後に祝賀会も予定しています(参加費無料・祝賀会は学生の参加不可)
事前申し込み制です。以下のフォームからお気軽にお申込みください。
なお、本学教職員および本学の学生はUP SHOWA掲示からの申込となります。

お申込み先:https://goo.gl/forms/oAxrNZLOQ3siVzVO2mousikomi

←お申込みフォームへ

お申込み締め切り:6月27日(水)17時まで
お問合せ先:昭和女子大学女性文化研究所
TEL 03-3411-5096(土日祝を除く9時~17時)
E-mail jobunken@swu.ac.jp