第15回昭和女子大学女性文化研究賞候補作公募中(2023年1月31日まで)

第15回昭和女子大学女性文化研究奨励賞:候補作公募のお知らせ

昭和女子大学の関係者であれば年齢、性別、研究歴等にかかわらず
どなたでも応募できるようになりました!

第15回女性文化研究奨励賞(坂東眞理子基金)の候補作を下記の要領で公募いたします。

【募集対象】
①男女共同参画社会形成の推進に寄与する研究
②女性文化研究の発展に寄与する研究
上記のいずれかに該当する単行本・論文(博士論文・査読付学会誌掲載論文)で2022年1月1日~12月31日の1年間に刊行し、日本語で書かれたもの(翻訳は不可)。
【応募資格】
性別、国籍不問。但し、昭和女子大学の関係者(卒業生を含む)に限ります。
【公募期間】
2022年12月1日~2023年1月31日
【副賞】
1件につき10万円

詳しくは応募要項をご覧ください。

実施要項(奨励賞)2022
奨励賞 応募用紙(自薦用)
奨励賞 応募用紙(他薦用)

一般向けの昭和女子大学女性文化研究賞公募はこちら

【これまでの受賞作】

受賞作  受賞者  出版社
第1回 男女共同参画時代の女性農業者と家族 粕谷美砂子 ドメス出版
第2回 CSRとヒューマン・ライツ:ジェンダー,ワーク・ライフ・バランス,障害者雇用の企業文化的考察 斎藤悦子 白桃書房
第3回 高等教育における聴覚障害者の自立支援:ユニバーサル・インクルーシブデザインの可能性 吉田仁美 ミネルヴァ書房
第4回 該当なし
第5回 近代日本の民間の調理教育とジェンダー 今井美樹 ドメス出版
長期勤続女性の活用に関する心理学的研究:女性のリーダーシップ、マネジメント・スキルからのアプローチ 渡邉祐子 いなほ書房
第6回 アメリカの第二波フェミニズム:一九六〇年代から現在まで 吉原令子 ドメス出版
第7回 時間貧困からの脱却にむけたタイムユースリテラシー教育 中山節子 大空社
第8回 該当なし
第9回 現代日本女性の中年期危機についての研究:危機に対するソーシャル・サポートと容姿を向上する努力の成果 瀬戸山聡子 風間書房
第10回 該当なし
第11回 該当なし
第12回 女子のたしなみと日本近代:音楽文化にみる「趣味」の受容 歌川光一 勁草書房
第13回 該当なし
第14回 該当なし

 

 

 

 

ご応募をお待ちしております。
卒業生の出版情報などをご存知の方は推薦にご協力をお願いいたします。

【応募・問い合わせ先】
昭和女子大学女性文化研究所 「女性文化研究賞」選考委員会
東京都世田谷区太子堂1-7-57