協定校・西江大学校留学便り~12月編~ [2015年02月10日(火)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
12月は期末テスト前ということもあり、特に復習や自習に力を入れました。
授業で扱う資料は膨大な量があるのでテストの前に急に理解し覚えるのではなく、
日々の授業で理解をきちんとし内容の整理をしておくことが大切だと改めて感じました。
また、以前から感じていることですが外国語での勉強は日本語での勉強以上に、
実際に何度も書いて口に出して覚えることが重要です。
授業の予習では、授業資料に目を通し分からない単語などがないようにします。
それでも授業中に教授が話す難しい単語の意味を理解するのに時間を要することもあります。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマスイブは冬のソナタに出てくる並木道で有名なナミ島に行きました。
ソウルから電車で1時間半程で行くことができるので気軽に行くことができました。
雪が積もり川は凍っていましたが、この日の気温は暖かくじっくり観光することができました。
夕食にはこの地方で有名なタッカルビを食べました。
クリスマスの日は、韓国が祝日ということもありどこに行っても人人人という印象でした。
この日は演劇で有名なフェファで演劇の鑑賞をしました。
夜には明洞に足を延ばしてみましたが、人が多すぎて身動きをとるのも難しいほどでした。
しかしソウルの街のクリスマスの雰囲気を味わうことができとても楽しかったです。

<今年を振り返って>
今年はまるまる留学の一年になりました。
上半期にはソウル女子大学での留学、下半期にはソガン大学での留学をすることができました。
同じ韓国、ソウルですが2つの大学の周りの環境から雰囲気、また自分を取り巻く環境も大きく異なったので、
どちらも新鮮で貴重な体験をすることができました。
2015年には留学もまとめに入り、再び日本での生活が始まります。
残りの留学生活で後悔のないように勉強、生活の面できちんと目標をたてて生活をしたいです。

N.R.