第1期生・国民大学校留学便り~3月編~

<大学の新学期にのぞむ決意>
今学期は国際学部日本語専攻の授業を3科目履修しています。
一つは英語で日本の社会について学ぶ授業です。
他の日本語専攻の科目は韓国語で受講しています。
とても難しい授業ですが良い経験になると思うので頑張りたいと思います!
また、今学期は国際学部日本語学科の方々が交換留学生を様々な会に誘ってくださり、
サークル活動も盛んなので韓国人と会う機会が増え充実しています。
残りの生活一日一日を無駄にせず頑張りたいと思います!

<寮での生活で大変なことはありますか>
この春から国民大学に一緒に留学した国際学科の学生と
昭和女子の他学部の後輩と同室で暮らしています。
部屋では電話をしない、掃除は週ごとに交代でする!など
さまざまなルールをつくっているため特に問題はありません。
去年東海大学のお姉さん方と暮らした上で学んだ反省点をいかしています。
一時期部屋の雨漏りがひどく大変でしたが、2回修理に来てもらいなおりました!
<留学をして半年が経ちましたが、
留学前と比べ自分自身が成長していると感じることはありますか

まだあまり実感はありませんが、積極的になったと思います。
留学来た頃はただ生活するだけでも大変でしたが、
今は余裕ができ毎日楽しめていると思います。
誘われるのを待つばかりではなく自分から誘うことが増えました。
また、誘われたらよほどのことがないかぎり参加することにしているせいか知り合いも増え、
国民大学に居場所ができたきがします。
今のところ一番変わったのは周りの人の大切さを
日本にいた時よりも感じられるようになったことです。
いつも多くの人に助けられているのを実感しています。
一緒にいった交換留学生ももちろん、日本語学科のみなさんに特に良くしてもらっているので、
残りの交換留学中は恩返しできたらいいです。

☆T.N.☆