韓国現代史:淑明女子大学のカン・ヘギョン先生ご来校

去る7月18日土曜日に韓国の淑明女子大学(ソウル)のカン・ヘギョン先生による講義が行われました。
今年4月から淑明女子大学と遠隔授業が本格的に行われましたが、カン先生は11回の遠隔授業の後に2回のオフ・ライン授業のため、来日してくださいました。

遠隔授業の様子
遠隔授業の様子

遠隔授業とは、インターネットでつながって海外の大学とリアルタイムでやりとりしながら授業を進める、まさに今のIT時代を象徴するような比較的に新しい授業形式です。今回の遠隔授業では1945年から2000年くらいまでの韓国の歴代大統領を中心に韓国現代史を見てきましたが、すべての講義は韓国語のみで行われました。

遠隔授業の様子
遠隔授業の様子

国際学科の2年生ですと、まだ留学の前で韓国語学習歴は約1年ちょっと過ぎたくらい。最初学生たちはカン先生のお話が聞き取れなくて泣き面でしたが、グループワークで翻訳するなど、必死に勉強しました。おかげで中間試験ではみんないい高得点を取ることができました。

オフライン授業では、今までの遠隔授業の内容を振り替えながら韓国現代史を勉強する意義、歴代大統領と韓国の民主化過程、ダイナミックに動く韓国社会について話してくださいました。その後はお茶会を開き、カン先生と韓国語で話したり、写真を撮ったりしながら楽しいひと時を過ごしました。

カン先生を囲んで
カン先生を囲んで