第6期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 2月編・その2~

<楽しかった授業は何ですか>
4級の授業になり始めて韓国語を使ったPPTやレポートの作成、発表をしました。最初は自分でできるのか不安でいっぱいでしたが、いざ始めてみると語学堂の先生もわかりやすく説明してくださり、段取りを踏みながら準備をしていったので発表までスムーズに進めることができました。最終的にパートーナーとなった中国人の友達とは一緒に発表ができませんでしたが、それまでの準備でたくさん韓国語を使用して進めていったので普段の授業よりも韓国語を使って話せる機会になり楽しかったです。5級になるとこのような授業ももっと増えていくと思うので、その際も一生懸命取り組んで自分の韓国語のレベルを高める糧にしていきたいと思います。

<寮での週末はどのように過ごしていますか>
週末は基本的に寮を出て友達と会います。先週、高校の時に知り合った韓国人と友達と会って話をしました。初めて会った時は自分もカタコトでしか話をできず、相手が話している内容も何気なくでしか理解ができなかった状態でしたが、今回久々に会って沈黙なく話をすることができ楽しかったです。出会ってから5年経ち、今ではお互いの国の文化についての話や自分の価値観、恋愛の話まで話を分かち合える程度になりました。最初の頃と比べたら上達したと友達も言ってくれたので自信がつきました。帰るまで残り6カ月しかありませんが、今まで以上に現地の方と触れ合える機会を増やして会話力を上げていきたいと思います。

高校時代に知り合った韓国人の友人
高校時代に知り合った韓国人の友人

 

<旧正月はどのように過ごしましたか。>
旧正月は一時帰国許可期間だったので、日本に帰って休暇を過ごしました。久々に日本に帰ることで気分転換にもなりとても良かったです。家族で出かけたり、友達と会ったりしてたくさん話をしました。韓国で家族と離れて住み始めてから、家族と生活していたことの気楽さや自分がどれだけ両親に頼って生きてきたかを改めてありがたく思える機会ともなりました。また、自分が残された留学生活をどう過ごすべきかを考えさせられるきっかけともなり、向上心が芽生えました。その時に会った友達も3月から留学をするということで、不安もあったみたいですがお互いを励ましこれからの自分たちの留学生活を肯定的に考えることができました。

日本に一時帰国しました
日本に一時帰国しました

☆T・M☆