第5期生・中国留学便り ~上海交通大学 6月編・その1~ [2016年08月19日(金)]

<テスト対策は何をしていますか>
テスト対策はただひたすら覚えるのみです。理解をしていたら時間が足りないので私はひたすら覚えます。当代文学に関しては映画を見て先生にもらった資料を参考にプリントを完成させていったので、テスト勉強の時間がすごくかかりました。古代中国語と古代文学の作品を勉強する時はまず作品の日本語の訳をネットで探して理解を深めます。日本語で内容を知ることによって中国語現代語訳の覚えも早くなります。何よりも自分に合った勉強方法を探すことが一番です。

<寮での楽しみは何ですか>
寮での楽しみは友達と遊ぶことと、テレビです。私はテレビが好きで、時間さえあればテレビを見ます。ドラマは台湾、韓国のものをよく見て、アメリカのシットコムも見ます。もちろん全て字幕なしで見るので遊んでいるわけではなく、テレビを見ながら勉強もしています。中国はドラマもバラエティも面白いものが全然ないのが残念です。ドラマは台湾のもの、バラエティーは韓国バラエティーの中国版が比較的面白いですが、中国語がある程度わからないと本当につまらないです。

<1年間もしくは2年間の留学を振り返って>
留学を通して語学以外の面で得たものが本当に多かったと思います。日本にいたらなかなか知り合えないような人とも出会い、人として不足している部分を知るきっかけとなりました。最初はケンカ腰のご飯屋さんのおばちゃんが怖かったのですが、今では言い合いも出来るようになりました。ただ中国に2年もいたので変な癖がついていないかとても心配です。語学面では思ったほどの水準に達さず残念ですが、よく考えてみると自分の理想が高かっただけで、逆に帰国後の努力の方が大事だと最近感じています。

お世話になったご飯屋さん

お世話になったご飯屋さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山の出会いに恵まれました

沢山の出会いに恵まれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆O・M☆