第6期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 7月編・その2~

<授業を受けている際、心がけていることは何ですか>
黒板に書かれたことだけではなく、聞いていて重要だと思うものをメモしているようにしています。そうすることでその時の授業でどのようなことをしていたのかを思い出すことができ、そのメモもすぐ目につくように教科書に書き込んでいるのでどこがポイントであるかを一目で見ることができるのでとても良いです。文法はノートにまとめることで後に復習をする際役に立つので授業中に説明を聞きながら自分なりにまとめるようにしています。

<寮での生活を振り返って>
1年間、親元を離れて寮で生活をしてみて自分がやっていなかったことを両親が仕事をしながら両立してやっていたのだと、自分の今までの立場を知ることができました。また、自分のことを自分でやらなければならない年齢になったのだと改めて実感することができ、これから日本でまた実家で生活をする際両親に成長した姿を見せたいなと思うようになりました。日本で1人暮らしをしたことがなかったので留学当初は自分のことで精一杯で共同生活の難しさも完全には感じていませんでした。むしろ適応してからの方が心に余裕ができた分、共同生活において相手へ気遣いをしているうちに見返りを求めてしまうことがあり葛藤したこともありました。しかし、こうして振り返ると今回の留学で始めて経験した寮生活を通して得られたものは全て自分のためになったのではないかと感じています。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月は6級での今学期を通して行われているプロジェクトの課題のため、ソウル内の公園に3つ行きました。プロジェクトでは調べた内容を雑誌にして完成させるのが目的であるため、公園に行く前の事前調査と直接その地を訪れて写真撮影やインタビューもしました。一番大変だったことはそれを文章にして読者に伝えることです。しかし、チームのみんなと1つの目的に向けて協力し意見を出し合う作業を通してより仲良くなったと感じ、韓国語的な面では何よりも長い文章に表すことのできる良い機会になったので良い経験になりました。日本での大学の授業ではなかなかできない授業の形なので楽しく進行できたように思います。

☆T・M☆

プロジェクト課題の調査で公園へ
プロジェクト課題の調査で公園へ

IMG_3072 IMG_3085