第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その3~ [2017年01月26日(木)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
その日の授業で学んだことを家で復習します。各ユニットで新しい会話表現や単語が毎回出てくるのですが、なかなかすぐには覚えることはできません。自分だけの単語ノートを作ってわからない単語を整理してまとめています。また、文法では点過去・線過去を学んでいる最中です。日本で勉強していた時もこの二つの過去形を覚えるのに苦労していました。授業で配られる練習プリントでは間違えることが多いのでさらに復習が必要です。予習に関しては行っていません。ただ、授業の進行は早くて新しい単元に入るとわからない表現・単語は必ず出てきます。いつも焦って電子辞書を開きますがその余裕はあまりないです。予習はできるだけやっておくべきであると感じます。

わからない単語をまとめたノート

わからない単語をまとめたノート

点過去、線過去、現在完了の演習プリント

点過去、線過去、現在完了の演習プリント

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
食生活に関していくつかあります。私のホストマザーは通常ご飯をたくさん作るのですが、私には量がとても多く感じられます。最初の頃はいつも残してばかりで、嫌いな食べ物が出てきても「嫌い」と言えず、無理して食べてしまいました。2,3か月程度経ってからは少しずつ慣れてきて、全部残さず食べるようにしてきました。けれど、ご飯の量は変わらず多かったため、ホストマザーに「たくさん食べることができない」「量を減らしてほしい」と直接言いました。ホストマザーはそれを理解してくれ「嫌いな食べ物があったら食べなくていいよ」と全く怒ることなく優しく言ってくれました。今まで言いたい事が言えなくて我慢してきたので言えてすっきりした気持ちと、もう少し早く言わなければならなかったという後悔があります。

ホストマザーのボリュームたっぷりご飯

ホストマザーのボリュームたっぷりご飯

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月の25日の金曜日にDELEの試験会場でアルカリングアが使われる予定だったため授業はありませんでした。そのかわりに文化の授業でmuseo de ceraという蝋人形館に行ってきました。

museo-de-ceraで撮ったセルバンデスの写真

museo-de-ceraで撮ったセルバンデスの写真

希望制だったのですがせっかくの機会なので参加してみることにしました。日本にあるマダムタッソーのようなところで、有名なスポーツ選手、俳優、ミュージシャン、歴史の偉人などの人形が多く置かれています。そこでは各グループ共通の課題が出され、メンバー全員で協力し合わなければいけませんでした。課題の内容は主に、配布された小さなカードにある人物の特徴が書かれていてその人物が誰であるのかを探すことです。私たちのグループは私を含む日本人2人と3人の中国人学生で、スペイン語で考え協力しながら課題をクリアしていくことが出来ました。たくさんの学生と交流を深めることができ、有意義な時間を過ごすことができて良かったと思います。

☆M・I☆