第8期生・中国留学便り ~上海交通大学 1月編・その1~

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
今年はとうとう最後の学期になってしまいました。上海での二年間は本当にあっという間で、先輩方が帰りたくなくなるという気持ちがものすごく分かりました。もう私に残された時間は4ヶ月程度なので、一つ一つの授業を大切に宿題や課題は時間に余裕をもって終わらせ、やるべきことをしっかりこなし、充実した留学生活を送りたいと思います。昨年は二年目ということもあり少したるんでしまうことも多かったので、初心忘るべからずで日々の授業に取り組んでいきます。

<寮生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
寮生活を通じて両親のありがたみ、感謝の気持ちがよりいっそう強くなりました。特に上海の寮は食事もついていないので、栄養バランスをとることが難しい環境です。また帰宅した際に自分の帰りを待っていてくれている人がいる、心配してくれる人がいることは本当に幸せなことだなって感じました。そして家事を日々やってくれているお母さんはとても偉大で、自分が近い将来そうなれるのか心配です。笑 しかし一人暮らしを経験したことで、今まで両親に依存しすぎていた分、自己管理能力がある程度は身につけることができ成長できているのではないかと感じています。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
年末から元旦はテスト勉強に追われていたものの、大学の先輩の誘いで日本のようなお正月を過ごすことができ、とても素敵な年明けになりました。そこでは鍋パーティーやおせち料理を食べたり、日本のテレビを見ながら楽しい時間を過ごすことができ、また新しく知り合いになれた人も多くとてもいい機会となりました。昨年はテスト勉強しかしていませんでしたが生活に慣れてきたこともあり余裕が生まれ、色々な人たちとの交流の機会をもたくさん作ることができています。
新年の抱負は後悔しない留学生活を送ることです。今年は今まで以上に授業数も減るので自分の時間を大いにとることができます。それも自分次第で色々なことに使えると思うので、日々の生活を大切にし、ここでしか味わえない経験や、友人の輪をより広め深めていきたいです。また色々なことに積極的にチャレンジしていけたらいいなと思っています。さらに今年の目標としては中国語だけではなく英語をも使ってほかの人たちと交流したいです。また周りの人への感謝の気持ちを忘れずに生活していきたいと思います。

元旦は先輩の家で鍋パーティー
元旦に食べた鍋とおせち料理
寮の下のカフェ~ここで友人を増やしました~
毎週2回大学のグラウンドで留学生仲間とサッカーをしています!

☆N・M☆