第2期生・ベトナム留学便り ~ ベトナム国家大学ハノイ校 2月編~ [2019年04月27日(土)]

<一番楽しい授業は何ですか>
午前中の授業は、話す・聞くのコミュニケーションが中心の授業と、読み・書きの文法が中心の授業に分かれている。コミュニケーション中心の授業の方が、話が通じたときの喜びがあったり、新しく覚えた単語を活用できたりするので楽しいと思う。また、他国の留学生の話を聞いたりするのも面白い。9人で授業を受けているので、授業では何度も先生に当てられる。そのため、どの授業も発音や文法ミスは必ず直してもらえる。今期は、教科書が新しくなったため、知らない単語が多く今まで以上に予習が必要になった。

今期から使う教科書

クラスの様子

<週末はどのように過ごしていますか>
週末は基本、部屋の掃除や、一週間分の食べ物をまとめて買いに行ったりしている。また、日越交流会があれば参加したり、友達に誘われた時には遊びに外に出たりもする。最初の頃は積極的に外に出て活動しなくてはいけないと思い色々な所に行っていたが、最近は部屋でゆっくり過ごすことが多い。予定がなくても、土日を無駄にしないように生活リズムには気を付けたい。

週末にベトナム人とインド人の友人と

ベトナム人の友人と、バッチャン村で陶芸を体験

ベトナム人の友人

<テト(旧正月)はどのように過ごしましたか>
テトは、日本に一時帰国したため日本で普段通り過ごした。やはり日本の生活は何でもあり、便利だと感じた。テト休暇中はベトナム語に一切触れず、遊びに行ったり、やりたいことだけをした。その結果、テト休暇後ベトナムに戻り、街中で話し掛けられた時や、普段通り購買で注文をしようとした際に、ベトナム語がすぐに思い浮かばず、口から出てこなかった。勉強しないと一瞬で忘れてしまうと改めて感じた。残りの三ヶ月間は授業にしっかり出席し、集中して取り組みたい。

☆S・O☆