第5期生・ドイツ留学便り~ライプツィヒ大学 6月編・その1~ [2019年08月23日(金)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
今回のテストは前回のクラスと違い、リーディングとリスニングが増え難易度が上がりよりいっそう対策が必要となりました。しかし、リーディングとリスニングのテスト対策は家でできることがあまりないと思ったので、授業に行うテストと同じ形式の練習問題を集中して行うようにしました。どのような問題をいつも間違えてしまうのか、どのようなテーマの問題が苦手か、授業中に自分の苦手部分を分析するようにしていました。また、前のクラスと違い文法の範囲がとても広く復習が欠かせませんでした。文法の復習を行うことでライティングやスピーキングにも活かすことができました。留学生活最後のテストも無事合格することができてよかったです。

<寮の生活で心がけていることは何ですか>
自炊をしなければならないので節約することを毎日心がけました。ドイツのスーパーに売っている野菜やお肉などは一つ一つの量が多いので、作り置きをすることで時間とお金を節約していました。また、テスト前は特に夜まで勉強することがあったので、夜は同居人に迷惑がかからないようにキッチンやトイレに行く時は物音に気をつけました。私の住んでいる寮はライプチヒ大学に通っている大学生から私たちのような語学留学生まで様々な人が住んでいるので、寮内ですれ違う時はできるだけ挨拶するようにしていました。

<聖霊降臨祭はどのように過ごしましたか、また、あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
当日はライプツィヒにいたので、中央駅の近くを友達と歩いてみました。すると全身黒い派手な服を着ている人がたくさんいました。また、中央駅の近くは露店がたくさん開いていてとても賑わっていました。ドイツ料理のシュニッツェルやカリーブルストを売っている店がたくさんありました。私も友達と大きなソーセージを挟んだホットドックを買って近くの広場で食べました。その広場は普段は何もないのにその日は小さなアトラクションがいくつかあって小さな遊園地のようでした。

pfingstenのときの街中

期間限定でできた観覧車

クラスでいったweimar

アンナ・アマリア図書館

☆R・M☆