第6期生・ドイツ留学便り~ライプツィヒ大学 11月編~ [2019年12月30日(月)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
授業の予習復習は、教科書の巻末に載っている単語の意味を各章ごとにまとめて覚えるようにしています。授業では時間がなく、教科書のすべてを行うことができないので、問題として触れなかったものの知らない単語はたくさん出てきます。それらも含めてすべて覚えるように努力しています。ただ、日本の名刺にはない性別も含めて覚えなければならないのでとても苦労しています。自習では、なるべく英語を忘れたくないと思っているので、英語の勉強をしています。実は、普段授業で使っている辞書が独英辞書なので毎日英語に触れています。またYouTube等の動画サイトでドイツ語や英語の動画を見る際には必ず字幕をドイツ語か英語にするようにしています。そして意味が分からなかった単語をメモして、単語の正しい使い方をタンデムパートナーに尋ねたりしています。

クラスの集合写真

<寮での生活で大変なことは何ですか>
寮生活では、騒音は私にとって大きな問題です。私のいる寮では私を含めて8人しか住んでいないので、寮での決まり事は守られないことがあります。夜10時から翌朝6時までは”Quiet time”で静かにしなければならないはずなのですが。週末になると深夜の2時ごろまで大音量で音楽が流れていたり、朝5時ごろからシャワーを浴びる人がいたりします。1度グループメールでもう少しルールを守るべきだとの意見がありましたが、時間の経過とともに誰も注意する人がいなくなってしまい、元の騒音がひどい状況に戻ってしまいました。私もほとんど常にイヤホンなしでは生活できない状態です。来月以降は改善するように何か行動を起こさなければと思っています。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月は、クラス全員で先生と一緒にワイマールに行ったことです。日本にとってワイマールは憲法等で歴史に深い関わりがあることからとても楽しみにしていました。案内人の方がいらして、ドイツ語で説明してくださったのですが、すべてを理解することができず悔しい思いをしました。バウハウスでは、ドイツの様々な家具メーカーが全世界的に何故愛されるのかを感じることができました。ゲーテやシラーといった著名な作家や芸術家たちに愛された町は、歴史をとても感じることができました。クリスマスマーケットの時期と重なっていたので、町もイルミネーションで彩られていてとてもきれいでした。

ワイマールのバウハウス

ワイマールにあるAnna Amalia Bibliothek の内部の様子

ゲーテとシラーの像

ワイマールでのクリスマスマーケットの様子①

ワイマールでのクリスマスマーケットの様子②

☆Y・I☆