第10期生・中国留学便り ~上海交通大学12月編・その2~ [2020年01月30日(木)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
作文の授業は、毎授業ごとにプリントが渡されるので、予習・復習、自習はそのプリントを使ってしています。プリントの中には、先生が用意してくださったHSK5級または6級の問題もあるので、とてもためになります。現代中国語の授業は、授業中にケータイを使って問題を解くことで、先生が一緒に復習をしてくれます。また、事前に教科書を読んで、読めない単語、知らない単語を調べておくことで、授業についていくことができます。他の授業は、とくに問題プリントがあるわけではないので、配布された資料を見て予習・復習をしています。中国民俗の授業は、祝日や食べ物についての授業なので、わからなかった部分を日本のサイトで調べると、日本と比較することができ、とても良いです。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマスは、ちょうど水曜日で全休だったので、友達とコストコにクリスマスパーティーの買い出しに行きました。中国のコストコに行くのは二回目でしたが、日本のニュースで報道されているほど混んでいるわけでもなく、スムーズに買い物ができました。そのあと寮に帰り、みんなでクリスマスパーティーをしました。日本では自宅で集まってクリスマスパーティーをするということはなかなかできないので、寮にみんなで住んでいる今だからこそできることだと思いました。今住んでいる寮にはテレビがあるので、パソコンとテレビをつなぎ、英語音声の中国語字幕でホームアローンを見ました。また、コストコはアメリカのお店なので、すべてのサイズが大きくて、六人でも食べきるのが大変でした。

上海のコストコ

マフィンやティラミスなど、日本と同じものも売っている

<今年を振り返って>
今年は去年以上に時が過ぎるのがはやく、あっという間に一年が終わってしまいました。それに、中国は旧正月の文化なので年末に期末テストがあるので、今も年末感があまりありません。特に、夏休みが終わり、上海に帰ってきてからの四か月間はあっという間でした。交流会に行ったり、中間テストがあったり、韓国から友達が来たり、いろいろなことがあり、とても忙しく充実した日々を過ごすことができました。また、今年ついに交流会で中国人の友達をつくることができ、彼女がいろいろなところに誘ってくれるので、自分の知らないところや、ずっと行きたかったところに行くことができました。春節の期間中に、彼女が日本に来るかもしれないので、その時はいろいろなところに連れて行ってあげたいと思います。

韓国から友達が来た際に行った上海ディズニーランド

中国人の友達が連れていってくれたTiffany&Co.の展示会

☆H.I☆