第6期生・ドイツ留学便り~ライプツィヒ大学 12月編~ [2020年02月28日(金)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
今回、クラスが上がり難易度も上がったことで家で勉強する時間を増やしたり、友達や先輩の例を参考にして、壁に単語リストを貼ったりして常に勉強できるようにしていました。そして、口頭試験に備えて今タンデムを組んでいるドイツの方ともよく会うようにして、日常でもドイツ語を使う機会を増やしました。基本はノートを見返したり、教科書の重要表現を自分で新たに書き直してみたりしました。また、日本にいた時に単語テストで使っていたリストも通学時に見返して、口頭試験に備えていました。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
ドイツではクリスマスマーケットが有名なので、ライプツィヒはもちろん電車で約1時間半のデッサウやマイセンにも行ってきました。クリスマスマーケットではグリューワインという温かいワインが有名ですが、飲酒は禁止のため、子供でも飲める温かいブドウジュースやココアを飲み、クリスマスマーケットとその地域限定のカップを沢山集めてきました。また、チューターさんと一緒にドレスデンのクリスマスマーケットにも行ってきました。日帰りのため、行くことの出来る都市は限られてしまいましたがとても楽しめました。

ライプツィヒのクリスマスマーケット

クリスマスマーケットでの集合写真

クリスマスマーケットで集めたカップ

<今年を振り返って>
最初の1、2ヶ月はドイツでの生活と語学学校に慣れるまで毎日が慌ただしく、心と身体に余裕が持てない時が続きました。しかし同時に新しい出会いや発見もすることもでき、とても充実した生活や経験が送れたと思います。また、今まで実家暮らしだったため何事も1人でしなくてはならない経験や、同時期に来た先輩のように先にボストンでの留学経験がない中での他人との生活で、自分自身を見つめ直したり自立することが出来たように思えます。この経験が将来自分のために無駄にならないように、最後の2ヶ月も気を引き締めていきたいです。

仲良くなった中国人の友達が中華料理を振る舞ってくれました

☆N・A☆