第7期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア・オンライン3月編~ [2021年04月16日(金)]

<アルカラ大学アルカリングアののオンライン授業について>
 昭和生だけでの授業が実際に終わり、3月下旬からは他国の生徒と同じ授業が始まるので緊張していますが、この半年間の私自身、また仲間たちの語学向上へ向けた沢山の努力を見てきたので、その結果も共に、自信に繋がっていると思います。スペイン語を始めた当初、またオンライン留学が始まった当初と比べて、リスニング力がかなり上がっていると自覚しています。教授や学生の話すスペイン語が頭で瞬時に理解出来るようになっています。また、私がいるクラスでは仲間全員の意識がとても高く、成績が上がってもなお、まだ努力が足りないと感じる場面が多々あり、彼女たちからとても良い刺激を貰っています。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
 試験前は授業後から夜中まで復習の時間に当てていました。家にいる時間が長いため、ストレッチをしたり、散歩に出かけたり、運動したりと気分転換をするように意識して生活しています。 教授からお褒めの言葉をいただいた事は、試験前に沢山質問をメールでさせていただいた事です。少しでも疑問をなくし理解に徹するため、些細な疑問も全て質問するようにしています。授業の合間は家族と話したり、コミュニケーションを取ることを大事にしています。

☆O・Y☆