中国

第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン2月編・その2~ [2021年04月07日(水)]

<上海交通大学のオンライン授業について>
今月下旬から授業が始まり、留学の後期が始まった。クラスも前期から1つ上のクラスになり、より深く掘り下げる授業になったような気がする。特に阅读と精读というリーディングの授業では、単語の意味や文法はもちろんだが、前後のつながりなどの話の内容を聞かれることが多くなった。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
授業も始まったので、午前中は公務員試験の勉強、午後は授業の予習をして、授業を受け、その後に授業の復習をする生活リズムになった。授業の予習復習と公務員試験の勉強を同時にやらなければならないので大変だが、全然違う内容の勉強なので良いリフレッシュになっている。

☆K・Y☆

第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン2月編・その1~ [2021年04月02日(金)]

<上海交通大学(DD)のオンライン授業について>
今月から新学期が始まった。前学期と選択している授業内容と大きな違いはないものの、難易度は変わってくるため油断せず気を引き締めて勉強していきたい。主な授業内容として中国の文学に関するものが多く、中国語の文法だけでなく歴史的な背景も理解しなければならないため、授業外で中国史についても理解を深めるべきだと感じた。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
今学期が終わるころにはHSK6級に合格しなければならないため、テキストを使って中国語の文法を中心に勉強している。また中検準一級にも向けて勉強を進めている。また今年から就職活動が始まるため、自己分析や資格取得の準備を始めた。

☆H・M☆

第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン1月編・その2~ [2021年03月12日(金)]

<上海交通大学のオンライン授業について>
一月は元旦は祝日のためお休みで、2.3日、土日の休みを挟んで、週明けの4日から6日までの三日間、期末考査が始まりました。この期間は授業は一切なく、1教科90分、5教科でテストのみ行われました。テストの方式は中間考査と変わりませんでしたが、期末考査ということもあり、とても緊張感がありました。期末考査が終わり、2日後くらいに全ての教科の今学期の成績がポータルサイトにアップされました。そしてこの学期が終わると同時に、少し遅めの冬休みに入りました。休みに入りしばらくすると、来学期のクラス決めに関するお知らせがきて、各自クラスを選択しました。中国の寒假と日本の大学の春休みは少し時期がずれていますが、休養をとりつつ来学期に向けて準備していきたいと思っています。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
一月に入り、すぐ期末考査があり、日本はお正月休みなので、少しバタバタとした年始となりました。長く感じた9月から半年間のオンライン留学も、終わってしまうとなんだかあっという間で、少し寂しい気持ちになりました。最初はクラスについていくのが必死で毎日毎日一生懸命でした。ですが、先生とクラスメートに恵まれて、楽しく勉強することができました。休みに入ってからは、コロナの状況もあって、ほとんど自宅で過ごしていますが、授業があった時はあまりすることのできなかったことをしてみたり、自分の趣味に時間を使っています。自分と向き合いつつ、来学期に向けてまた準備していこうと思っています。

☆T・M☆

第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン1月編・その1~ [2021年03月10日(水)]

<上海交通大学(DD)のオンライン授業について>
1月で本学期の期末試験も終了し、上海交通大学の本科生として最後の長期休暇となりました。期末試験の結果も、語学ではなくより深い学びとなる教科が多く心配していましたが、満足のいく結果を取ることができました。また1ヶ月以上もある長期休暇で今までの努力を無駄にしないよう、上海交通大学が開催する2週間の漢語橋に参加しました。短期間のプロジェクトでしたが韓国やメキシコの友達ができ、微信をしたりと交流を続けています。プロジェクトは終わってしまいますが、毎日中国語の勉強を継続していきたいと思います。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
最近は感染者数の増加により外出の機会が減り、家で過ごす時間がより増えたように感じます。東方書店(中国の輸入本を取り扱う書店)に赴き、冬休み用に買いだめた老舍精选集など、中国文学に触れるほか、中国語での経済の勉強など、常に中国語に触れられるよう心がけて生活しています。

☆K・Y☆

第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン12月編・その2~ [2021年02月17日(水)]

<上海交通大学のオンライン授業について>
今月はあと1か月で期末考査ということもあり、後半は復習の時間も多かった。クラスメートが先生に質問をしているのを聞くのも、良いリスニングの練習にもなるし、自分では気づかなかったところに気付かせてくれることもあった。年が明けたらすぐに期末考査なので気を引き締めて勉強したい。

<昭和ボストンのオンライン授業について>
今月は、月の初めに残りのプレゼンテーションをして、それが終わったら1回だけ授業をして今期の授業は全て終了した。他の人のプレゼンに対して質問もしなければならないので、リスニング力も試された。どの人も素晴らしいプレゼンだった。来季も頑張りたい。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
今月は、年が明けたらすぐに期末考査があるので、復習に時間を割いた。普段は予習に結構時間を取られてしまう日も多かったので、忘れているところも少しあったが、考査に向けてより一層頑張って勉強していきたい。英語ではTOEICのテストもあった。中国語の勉強に時間を取られすぎてあまり勉強できていなかったが、今までで一番良い点数だったのでひとまず安心した。来年は英語にも力を入れていきたい。

☆K・Y☆

第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン12月編・その1~ [2021年02月12日(金)]

<上海交通大学(DD)のオンライン授業について>
今月は期末テスト期間であると同時に、全ての授業が終了しました。複数受けた授業の中でも、私が特に印象深かったのは写作课(ライティングの授業)です。毎回課される課題の量は比較的多かったことに加え、予習復習も欠かせない授業だったため、負担も決して少なくはありませんでした。しかし、その分自分の明らかな作文能力の向上を感じました。期末テスト後にはわざわざ先生が「今学期のあなたの進歩は非常に大きい。思考能力も言語能力も非常に良くなった。」と連絡をくださいました。また、さらに印象的だったのは、クラス全体としての進歩がとても大きいことです。新型コロナウィルスで、オンライン授業になったものの、写作课にかかわらず、クラスメイトの進歩はとても明らかで、毎回それを感じる度に、自分ももっと頑張らなくては、といい影響を受けていました。それは私だけではなく、ほとんどのクラスメイトが互いにいい影響を受けたのではないかと私は思います。来学期は、上海交通大学授業が受けられるのもいよいよ最後ですが、悔いのないように時間を過ごしたいと思います。

<昭和ボストンのオンライン授業について>
今月で、初めて受けたボストンの授業が終了しました。新型コロナウィルスによる授業のオンライン化により、本来カリキュラム的に受けられなかったはずのボストンの授業が受けれるようになりました。上海交通大学で留学中は英語の授業を継続的に受けていたので、今回それがなくなったことによる英語力の低下を心配していました。しかし、ボストンの授業を受けられることになり、本当に良かったです。アメリカ人の先生が教えてくださった便利な日常会話・スラングから、プレゼンテーション・スピーチの際に使えるテクニック、そしてアカデミックな内容まで、短期間で非常に多くのことを学ぶことができました。毎回の授業で、先生が沢山準備をしてくださっているおかげで、とても有意義な時間を過ごすことができました。来学期も受けられる機会があればぜひまた受けたいです。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
9月からインターンシップを数ヶ月していましたが、今月が最後でした。学業と両立させるため、週に2回とシフトの数はそこまで多くなかったと思いますが、とても有意義な時間を過ごすことができました。12月である最後の月は、普段の業務に加え、何か残したいという思いと、感謝を伝えるために何か役に立ちたい、という考えから、自分の得意とする映像制作を生かし、会社のランディングページの動画を制作させていただきました。喜んでいただけたので、役に立てたようでとてもうれしかったです。インターンに期末と、12月は少し忙しかったですが、とても充実した1ヶ月だった思います。

☆M・M☆

第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン11月編・その2~ [2021年01月20日(水)]

<上海交通大学のオンライン授業について>
最近はクラスメートの方達と会話することが楽しみになってきました。また、チャットを始めたり、中国語で電話をしたりすることが増え、中国語に対して自信がつくだけでなく、前向きに楽しく取り組めています。ですが、まだ自分の勉強方法が見つかっていないため、苦手な部分をどう克服するかしっかり考えていきたいと思います。

<昭和ボストンのオンライン授業について>
ボストンの授業はあと少しで終わりになりますが、残りも楽しく参加できそうです。ほぼグループワークのため、友達と話したり、分からないところを聞けたりするので、とてもやりやすいです。また、プレゼンテーションの機会が多いため、自分の意見を英語で伝えるということになれてきました。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
朝起きて、授業の予習をしています。最近は予習に対する時間が早く終わるようになったので、朝から授業までの間を有効に使えたらと思っています。例えば、朝起きてリスニングの練習をしたりなど、少しずつ勉強の習慣づけをつけていきたいと思います。

☆M・M☆

第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン11月編・その1~ [2021年01月15日(金)]

<上海交通大学(DD)のオンライン授業について>
11月は頭は中間テストのシーズンであったため、テストの準備やいつもより多い課題に取り組むこととなった。課題は変わらず決して少ない量ではないが、それでも日々自身の成長を感じることも多い。例えば、今学期の最初の方には先生の出す問題を予想するのが難しく、授業の準備及び授業中の積極的参加が難しい、と感じていた。しかし、3ヶ月経った現在、自身の語学力アップも向上し、先生の傾向も掴んできたため、予習と授業参加での、効率及び収穫に変化を感じている。また、10月に参加した『全日本中国語スピーチコンテスト東京大会』での優勝も、勉強する上で大変大きなモチベーションとなっている。

<昭和ボストンのオンライン授業について>
11月になり、大きなトピックが「表現」へと変わった。12月に控えるファイナルプレゼンテーションを準備する過程で、先生がプレゼンテーションに関する様々な知識を授業する。例えば、ボディーラングエッジについて。専門的に具体的な効果と、その理由等を英語で説明してくれた。それはこの授業だけでなく、他の授業でも、日常でも実際に活用することができている。宿題の量は少なくはないが、どれも本当に役に立つので宿題をすることが現在苦にはなっていない。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
今学期が始まり3ヶ月が経ち、前学期よりも難しく最初は慣れなかった授業にも今ではだんだん慣れてきた。そこで、時間の調節もできるようになり、余裕も出てきたため、授業の効率はもちろん、他のことにおいてもいい影響が出ている。例えば、週に2度行っているインターンシップでは、以前よりも作業をスムーズに行うことができており、またタスクのクオリティも向上している。空いた時間には、趣味の写真や映像を撮ったりと、リフレッシュもできている。授業に慣れてきて、リズムを掴めたことが私生活にもいい影響が出ているのが感じられる。

☆M・M☆

第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン10月編・その2~ [2020年12月11日(金)]

<上海交通大学のオンライン授業について>
10月に入ってからは、授業中に発言する機会も増え、この問題についてどう思うか、など問われることが多くなった。グループで話し合いをする機会も多く、クラスメートと討論をして発表することも多くなった。課題も9月よりも出されるようになった。

<昭和ボストンのオンライン授業について>
ボストンのオンライン授業は、授業で発言する機会も多くなり、プレゼンテーションもやった。オンラインでのプレゼンは初めてで、いろいろなことが学べたので、とても貴重な体験になった。10月最終週にはリスニングテストをやって、自分の今の実力を知ることができた。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
9月は毎日毎日大変で、外にも全然出ることが出来なかったが、10月に入ると少しずつ授業に慣れてきて、朝昼に少しの時間、外出できるようにまでなった。あまり時間がないため、未だ平日友人に会うことが出来ないが、それでも少しの時間の散歩や買い物に行って息抜きをしながら授業に取り組んでいる。

☆T・M☆

 

第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン10月編・その1~ [2020年12月09日(水)]

<上海交通大学のオンライン授業(DD)について>
グループワークの授業が増え、自分の意見を言う機会が増えてきました。今までは誰かが聞いてくれるのを待つことがありましたが、最近は自分からスタートさせたり、自然に意見が言えるようになりました。しかし準備せず思いついたことを言葉にしようとすると詰まってしまうことが多く、不安な点が大きかったですが、グループによっては私の言いたい単語を先回りして教えて来れたり、質問しながら意見を引き出してくれたりとメンバーに助けられています。

<昭和ボストンのオンライン授業について>
ボストンの授業は毎回グループワークがあり、課題を行います。私が3年ということもあり、ほかの2年生の人が遠慮をしている感じがありましたが、よく一緒のグループになる子とは何度も顔を合わせるうちに仲良くなることができ、グループワークがスムーズに行くようになりました。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
規則的な生活を心がけ、週2回のジムとダンススクールを入れ、オンラインだからと言って家にこもり切ることのないように心がけています。iPadなどを駆使して、前学期思うように行かなかったところもスマートに予習ができたり、準備ができています。

☆K・Y☆